スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spotty Powder and other Splendiferous Secrets

Spotty Powder and other Splendiferous Secrets (Pocket Money Puffins)Spotty Powder and other Splendiferous Secrets (Pocket Money Puffins)
(2010/05/06)
Roald Dahl

商品詳細を見る

(YL:4.5、8,800語)

Puffinのポケットマネーシリーズ。「Charlie and the Chocolate Factory」が出来上がるまでのお話を中心に作者のダール氏にまつわるお話も含まれております。

一番注目すべき点は、本編には含まれなかったもう一人の子供とこの本のタイトルにも含まれているその子のお話「Spotty Powder」。それから私自身がchocoholicな為、イギリスで発売されているチョコレートの歴史を読んだ時が最も興奮しました。

同内容と思われる書籍「The Missing Golden Ticket and Other Splendiferous Secrets」と言うものが存在しており、英米でタイトルが異なるのかわかりませんが、同じものと判断し、SSSに登録されていた語数を参照しました。本編のチョコレート工場を読んでからでないと楽しめないかと思いますが、合わせて読まれる事をオススメしたいです。
関連記事
TAG :
Roa
RoaldDahl.YL:4

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。