スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【多聴用】あなたがどこにいても ~アフガン派遣兵士の妻たちは歌う~

こちらの過去記事でも取り上げたことがありますが、サウスオキシー・コミュニティ合唱団をはじめ、数々の合唱団を作り上げて来たギャレス・マーロンが昨年手がけたThe Military Wives Choir(アフガニスタン派遣兵の妻たちによる合唱団)の結成からロイヤル・アルバート・ホールでの発表までを描いています。

兵役中の夫を思い、涙する奥さんや「世界一のパパだよ」とメッセージを送った幼い子供などのお話を、この世界に本当に存在する事実として見せられるので、本当、涙して観てしまいました。日本人には馴染みのないことなので 、ピンと来ないかもしれませんが、これがフィクションではないと思うと、苦しくなりました。

今回も副音声のイギリス英語版で鑑賞しましたが、ギャレス氏の英語は、本当に聞き易いです。私個人の感想ですが、ピーター・バラカン氏と同じくらい優しく、しかも癖がないので初めての方でも大丈夫かと思います。しかし、ギャレス以外出演者、そうです、実際にイギリスで日常的に使われている英語な為、結構ハードルが高いかもですが、今回はほとんどが女性な上、若者もいなかったので、かなりマシな方だと思います。

とりあえず副音声で挑戦して、無理だと判断した場合は、主音声でお楽しみ頂けたらと思います(渡辺徹さんが解説しているはずです)。とても素晴らしいドキュメンタリーですので、言語問わず、是非。

再放送:8月12日(日) 24時 NHK 地球ドラマチック

※The Military Wives ChoirのビデオをYouTubeで見つけたので貼っておきます。

関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。