スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えいごのつぼ (まなびのつぼ)

えいごのつぼ (まなびのつぼ)えいごのつぼ (まなびのつぼ)
(2011/02/24)
関谷 英里子

商品詳細を見る


この4月からラジオ講座を2本始めております。そのうち1本が、この著者である関谷英里子さんの講座なのですが、この方の肩書によく用いられる“カリスマ”と言うものにちょっと偏見があります。なんでもかんでも“カリスマ”と言えば良いと言う風潮に。そんな訳で彼女の書籍や講座を少々敬遠していた節もあるのですが、1月放送の「実践!英語でしゃべらナイト」に出演された際に、彼女の英語がイギリス英語だと言うことに気づいて以来、ちょっと気になり始めて講座を聞いてみたり書籍を図書館で読むようになりました。

そんな訳で、その第1弾としてこちらを読了してみましたが、私が個人的に日頃実践してみたり、考えてみたりすることと同じような事が多々書かれていたのでビックリでした。例えば、私の場合、いつも適当に単語は“良い意味”か“悪い意味”かくらいしか覚えていないことが多いのですが、それでも大丈夫っぽいのです(いや、それが正しいとは書いてませんので、そんなニュアンスでOK的なくらいです)。あと「あ、またお会いしましたね」と言う感じで、単語と親しむ(親しむとは書いてません)。他には、発音よりアクセント(ストレス)重視で発音をするとか、恥をかいた方が良いとか・・・私のゆるゆる学習法と同じような事がかなりの割合で記載さいれていたので、この学習法で良いんだと、ちょっと自信を持ったりしました。

しかし、結果として彼女の場合、世界の一流講演家の同時通訳をするレベルに対して、私の場合、毎日十数件のメールのやり取りに対して、頭をひねり倒している始末・・・やっぱり努力が必要なんだと言うことは、痛感(爆)。とは言え、英語に対する心構えは、ストレスなく出来てるっぽいので、合格と致します。
関連記事

コメントの投稿

Private :

こんにちは★

私も、この方のラジオ講座を去年聴いていました。
ビジネスで簡単に使えそうな表現が、
彼女自身の経験から沢山あり私はとても楽しんで聞いていました。

彼女はイギリス英語だったんですね!

私もこの本読んでみようと思います♪
素敵な本のご紹介、ありがとうございました^^

★おしずさん★

こんばんは☆

おぉ、昨年も講座があったのですね♪
ラジオ講座ってなかなか続かない為、今まで敬遠していたのですが、iPodを買って以来、ラジオが聞きやすくなった&1週間遅れでストリーミング放送があると言うことで、今年から初めてみました。

そうなんですよ、イギリス人によるイギリス英語と言う訳ではなく、日本人のイギリス英語、しかも彼女の場合は、とても聞きやすい発音な為、かなり矯正(努力)されたのではないかと思っております(ちなみに小学生の頃、イギリスにいたそうなので、帰国子女だそうですが)。

この本の良い所は、文字数が少ないにも関わらず、的を得たことが記載されている為、うんうんと頷いているうちに、サクっと読めてしまうと言うことです。図書館にあるかもですの、一度探されるのも良いかもです。私は、今週別の書籍を借りてきましたが、使える英文が多々掲載されていたので、フレーズブック(市販のノート・笑)に抜粋してメモしてみました。引き続き、他のも読んでみようと思います☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。