スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【聴き読み】A Bear Called Paddington

A Bear Called PaddingtonA Bear Called Paddington
(2003/11/03)
Michael Bond

商品詳細を見る

(YL:5.5、23,122語)
先日、今年の抱負の進捗状況を報告した際、「くはっ、聴き読みを全然やっていないじゃないか・・・」と言うことに気づき、Audibleを利用しようかどうしようか・・・などと考えあぐねてみましたが、手元に10冊分ほどのオーディオブックがあるので、まずそれらをやってからAudibleを始めればいいじゃないかと結論を下した次第です。

そんな訳で、その第1弾に選んだのが・・・ほぉら、やっぱりコレかしらってことで、パディントンに致しました。このオーディオブックは、元々多聴の為に購入したものなので、多聴としては何度も聞いておりました。且つ、多読として2度も読了している為、相当な勢いで内容を把握してしまっていると言う(笑)。冒頭の駅のシーンなんか、台詞も言えるかもしれないくらい(笑)。

実は、過去に何度か聴き読みをしくじった経験があります。一生懸命目で追うべきか、耳で軽く聞いておくかで迷ってしまっていたのです。で、今回、気づいたのですが、何も目で追い続けていなくても良いんではないかと・・・耳で聞いてて話が入って来ていれば問題ないのではと。そうすることで、今回は非常に楽な感じで初めて読了できました。まぁ、内容が元々頭の中に入っているからかもですが、私はこの方法で進めてみようと思います。

と、パディントンのお話には全然触れていませんが、こちらを参照して頂けたらと思います(感想は、過去のものと変わりありません)。オーディブックの朗読者はStephen Fryさん。HPシリーズの朗読者として有名かもですが、私個人としてはBBCのQI(丁度1年くらい前に話題になったあの番組です・・・)の司会者と言うイメージが強いのです(YouTubeで良く見ております)。速度は比較的遅いのですが、台詞の箇所(特にコックニー←多分・汗)は、通常の会話の早さくらいなので、丁度良いのかもしれません。

A Bear Called Paddington: Complete & UnabridgedA Bear Called Paddington: Complete & Unabridged
(2003/07/07)
Michael Bond

商品詳細を見る

↑『A Bear Called Paddington』だけのオーディオブックもありますが、こちらの方がお得です(第2巻と第12巻のオーディオブック付き←第3巻~第11巻の音源は、今のところ存在せず・汗)。
関連記事
TAG :
Series.PaddingtonBear

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。