スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to Japan―A Tokyo Correspondent’s Tak

How to Japan―A Tokyo Correspondent’s TakeHow to Japan―A Tokyo Correspondent’s Take
(2009/08)
コリン ジョイス

商品詳細を見る

『「ニッポン社会」入門』の英語版。“熱くてクールな”イギリス英語でニッポン社会を再発見。~Amazonより~


邦題の“抱腹レポート”は嘘ではありません。本当に・・・電車の中で噴いてしまいました(恥)・・・可笑し過ぎる。これには記載されていなかったと思いますが(多分、3作目の『「イギリス社会」入門』だったと思います←続けて読み過ぎて混乱・爆)、中には“陽気に振舞う英国人”と言う人もいるようだけれど、私が知っている英国人って、この著者のような考え方を持つ人が多いからか、手に取るように状況が分かります。とは言え、私は日本人ですので、どちらかと言うとテーマにされる立場なんですが、何故か共感してしまう。やっぱり英国と日本は似ているのかもしれません(爆)。と言っているのは日本人だけなんですけれど(本文より)。あぁ、本当面白い。

著者はNewsweek日本版でも記事を記載しているジャーナリストな為、文面は少々硬い気もします。YLは7くらいかと。ちなみに著者のコラム&ブログがあるので、掲載しておきます。

A Stranger in England

職場でコッソリと読むのですが(見た目Newsweekだし)、何度も噴出しそうになりました。ちなみに日本語です。


「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
(2006/12)
コリン ジョイス

商品詳細を見る

日本社会について手っ取り早く学びたければ、近くのプールに行ってみることだ。規則と清潔さを愛し、我慢強く、大きな集団の悪事に寛容な国民性が理解できるはずだから。過剰なまでに礼儀正しく親切な人々、思ったより簡単で奥深い日本語、ガイドブックには載っていない名所の数々…。14年間日本に暮らす英紙記者が無類のユーモアを交えて綴る、意外な発見に満ちた日本案内。 ~Amazonより~


で、いきなり英語版はちょっとと言う方は、この日本語版・・・元々、こっちの方が先に出版されております。一応、英語→日本語版の順で読みましたが、なかなか良い感じで翻訳されていてこちらでも、もう一回噴出しました(同じところで)。


「アメリカ社会」入門―英国人ニューヨークに住む (生活人新書)「アメリカ社会」入門―英国人ニューヨークに住む (生活人新書)
(2009/06)
コリン ジョイス

商品詳細を見る

そしてこちらは、英国人著者がNYに住んでみたお話。英国人が思う米国人と言う概念が、私の中に存在するその概念ととても類似しており、感化されてか、自ら思うようになったのか、どこからどこまでがそうか分かりませんが、個人的には「そうそう」と思いながら読んでいることが多かった気がします。加えて米国について学ぶこともあったので得した気分です。

3作目の『「イギリス社会」入門』は、ネタになる事が多いので、別記事で後日また記載します。
関連記事

コメントの投稿

Private :

紹介ありがとうございます

こんばんは~。

>・・・可笑し過ぎる
う、いいですね!
『How to Japan』は以前読もうとして挫折した記憶があります。。。
YL7ですか。。。
ちょっと家の中をひっくり返してみます♪
日本のサッカーとビールを取り巻く環境が良くなった~、って
書かれていたのってこの本でしたっけ?
プールの話、うっすら面白かった気が。。。
イギリス人はみなサッカー好きっていわれるけど、
そんなことはないよ~、って言っていたのは『Being British in Japan』?

イギリス人の方の書くユーモアものって楽しいですよね♪
別記事楽しみにしています♪

★tabbyさん★

こんばんは☆

普段、児童書ばかり読んでいる為、この手の文面が少々難しく感じる&先日受験した英検の必須単語がてんこ盛りだった為、6.5~7.5かなぁって思った次第です。でも読み進めて単語を読み飛ばし始めたら、全然問題なく読み進められると思います☆

そうそう、サッカーとビール環境が改善された話、ありましたよ♪
プールの話は、一番最初に掲載されているものなんですが、当初は「?」と思ったのですが、読み進めて著者の言いたかったことが分かり、確かにそうだなぁって思った記憶があります(英国で一度プールに行きましたが、確かにシステムが違いました・・・何となく恐くて入ってませんが・汗)。

サッカー好きの方は、チータムさんの著書だった気がします・・・(うろ覚え・汗)。もしかすると『Bites of Britain, Tastes of Japan』の方だった気もしてきました(相当うろ覚え)。引っ張りだせば確認出来そうですが、はて、どこにあるのやら(爆)。

実は、tabbyさんちであの書籍を思い出させて頂き、リクエストしたにも関わらず、この本の感想を記載していなかったことに気づき慌てて記載したのです・・・絶対にまた混乱すると確信したので(すでに他の本と混同してますが・笑)。

読了された暁には、是非感想を聞かせてくださいね♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。