スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインレッスン始めました。

先日まで行っていた英会話教室は、現在休会中・・・近いうちの退会します。

以前は、やっぱり習うんならネィティヴよねって思っていたのですが、実際に英語を母国語として使用する人よりも公用語として使用する人と話すことの方が多いことに最近気づきました・・・って、英国で一番話すであろう人物、ホストママはドイツ人なんだけれど(気づくのが遅い)。加えて、最近はアジア系の人と話すことが多い(特にインド)。

で、オンラインレッスンなんですが、全部が全部では無いとは言え、多くがフィリピン人の講師が教えると言う。実は、以前にフィリピンの領事館に電話をしたことがあり、恐ろしく訛りが強すぎて、何度も聞き返していたら、思いっきり電話を切られて苦い経験があるので、あまり気が進まなかったのです。

しかし、お気に入りのタドキストさん始め、他の英語学習者さんもオンラインを活用されているのをブログで知り、ちょっとやってみたいと思い始めました。しか~し、うちのパソコンはオンラインには向かない亀級の遅さな為、長いこと見送っていたのですが、英検二次の撃沈ぶりから立ち直るために、ガッツリパソコンを新調・・・と言っても中身を現行モデルの低スペック版に変えただけです(コストパフォーマンスは頗る良いと言う)。組み立て名人の友達がいて良かった(笑)。
とりあえずオンラインを申し込む前に、体験レッスンがあったので受けることにしました。

まず1回目。
体験用のレッスンが用意されているので、そのテキストを使用して一番感じの良さそうな人を選んで始めました。
初めての事だったので、緊張してしまったこともあり、自分でも“あわわ”と言う状態になっている事に気づきました。あの二次のトラウマがまだ抜けていない感じ(どんだけ引っ張るねん)。そんな感じで進めたもので、講師から“Side by Side 1”を薦められる始末。
あのぉ・・・10年前にバージョンは前のですが、やったことあるんですよぉ・・・今もそのレベルってことはぁ・・・私の10年って一体と、まぁ、また撃沈した訳なのですよ、トホホ。

とにかく。グダグダ感をどうにかする為にどうしようかとも思ったのですが、迷った時は、一から始めるのが一番手っ取り早くて近道なので、それなら“Side by Side 1”からやってやろうじゃないか・・・と意気込んでみた。

そして2回目。
体験用レッスンその2みたいなものを使用。今回も感じの良さそうな人に加え、直感で“この人”と思う人にリクエスト。軽く自己紹介してみると、何だか気が合いそうな講師だと思い始めました。講師に「海外で生活してみたいと思ったことは?」と聞かれた際に「I wanted to live in other countries before though, I realised Japan is the most suitable country for me.」と何となく応えたら、講師が(カメラ越しでも分かるくらい)ビックリしながら褒めてくれはったので、英会話打ちのめされ期間が続いていた為、ちょっと嬉しくなってしまいました。その後、体験用レッスンをする必要が無いと言うことでフリートークになったので、前回“Side by Side 1”を薦められたと言ったら、驚いていたけれど多分多くの講師はアメリカ英語を基準としている為、私のようにちょっと英国よりの日本人英語が、通じにくい所があるかも知れないとのこと。ほぉ。でも文法も発音もちゃんとしているから、心配するなと。そして自分を過小評価するなとも。うむ。

とりあえず講師からは、フリートークか時事、ニュースを進められて、Side by Sideをやりたいんなら3を薦められたので、早速、アマ○ンでクーポン使って800円くらいで入手して意気込みました。

で、本日。正規会員となり、早速“Side by Side 3”を使ってレッスンを受けてみた。
前回の講師のレッスンがなかったので、またいつもの如く、良さそうな人を選んでレッスン開始。軽く自己紹介をして念願の“Side by Side 3”を使ってレッスン、とここで講師が「フリートークで良いと思う」と薦めてくださったのですが、「I would like to learn English conversation from scratch.」と主張し、頭からやることにしました。ご存知の方もいるかもですが、最初の課題は“現在進行形”。“I am→I'm”と言うような発音のレッスンもしたのですが、さすがにこれは・・・と思いきや、英国語学遊学の時にも気づいたはずの“sh(例えばshe)”が、今も上手く出来ないと言う事に改めて気づきました。もし、フリートークやってたら気づかなかったかもしれないと思うと、“Side by Side”を使うのは見直しにとても良いことかもしれないと思いました。

と、言う感じでなかなか順調。いやぁ、本当はTOEICの勉強しないといけないんですけれど(笑)。
面白いことや楽しいことを優先してしまうのでいけませんね。明日は茅ヶ崎もあると言うのに、予習が半分しかできていないと言う・・・。
ぼちぼち向上できるように努力いたします。
関連記事

コメントの投稿

Private :

No title

こんばんは!
英会話もどんどん進化してますね~(^。^)なんか、どんどんどんどん上達しそうな夏!って感じで。

りとるさんってそんなに緊張しいだっけ?(^^;)ってちょっと思う今日このごろ。。。もっと自信もって大丈夫だと思うのですが。。。

とにかく、有意義な夏になりそうですね!楽しんでくださいね~♪

★ペンちゃん★

こんばんは☆

『この夏が勝負』と言う訳ではありませんが、英検から解放されたので、普通以上に何でも楽しく感じているのが事実なのですよ(茅ヶ崎は、大変なんですが・汗)。

実は、こう見えて案外肝っ玉が小さいと言う・・・そして案外打たれ弱い。英語力(会話)に一番自信を持っていたのは、なんと8年前・・・今考えると恐ろしい(笑)。そして自信が持てない最大の理由は、自分が理想とするものとのギャップが大きいと言う事。決して高い理想ではないのですが、現実を知ると、トホホとなる訳なのです。

とは言え、だからと言ってものすごく努力としないので、どやねんって感じなんですが、ぼちぼちその理想に近づけるようにいたします☆

No title

始まったのですね、オンライン英会話!

先生を驚かせてしまったりとるさん、流石です!
そんなりとるさんが、side by side3と知って
“やばい!”と思ってしまいました。
1からにするべきだったと><

これからも報告を楽しみにしていますね♪

★nappuさん★

こんばんは☆

ついに加入して、今週分を消化すべく、数時間前に今日もやってしまいました(笑)。
本日は、フリートークでアジア圏での英語に対応するスキルの需要やいかに自分の物欲を抑制するのか、あと自分の部屋がいかに汚いのかと言う話で、爆笑してみたり・・・本当、可笑しかったです(笑)。

Side by Side 3、ざっと見た感じですが、英会話の基礎を抑えているので、良書かと思います。逆に1だとちょっと温い感じがしました(書店で確認済み)。講師が薦めたと言うことは、nappuさんがこなせるレベルだと言う事だと思うので、問題ないと思いますよ♪ 
個人的にもこのレベルを制覇すれば、かなり流暢になること間違いなしかと思っています。久しくテキストとかやってなかったので、新鮮でちょっと楽しかったりします(リピートしたりすることとか)。

お互いに楽しく続けましょうね☆

No title

こんばんは!

オンラインレッスン始められたんですね。
私も興味はあるのですが、なかなか勇気が出ません。
自分から発信するのが本当に苦手なんです。

私もりとるさんみたいに英語を「使う」ようにならないとっ!
なんて思いつつ、やっぱりオンラインレッスンは勇気でないので、とりあえずSide by Sideを立ち読みしてみようと思います。

★Riekoさん★

こんばんは☆

そうなんですよ、英検で撃沈した上、先月頭くらいからほぼ週1回くらいのペースでインドやらシンガポールから電話が職場に掛かってくるようになったこともあり、もう背に腹は変えられぬと言うこともあり、始めてみました。
私が利用しているサイトでは、フィリピンの方が講師をされているのですが、独特な訛りがあまり感じられず、寧ろ米国英語を意識して使っている方が多いようなので、非常に聞き易いと思います。

自分から発信するのって結構、勇気がいりますよね。特に英会話スクールなんかでは、難しいですよね。その点、オンラインならワン・ツー・ワンな為、遠慮せずに発することが出来るかもしれませんよ。オンラインレッスンのサイトでは、必ずと言って良いほど、無料体験レッスンが受けられるので、ちょっと勇気があるぞって時に一度挑戦してみるのも良いかもですよ。

Side by Sideは英会話を習うには、良いテキストかと思います(ちなみに米語です)。大き目の書店に行くと必ずおいてあるかと思いますので、サクっと黙読とかしてみると良いかもです(椅子の置いてある書店とか・・・大阪の場合は、ジュンク堂です)。と、薦めておきながら、ちゃんと活用できていない私・・・よし、次のレッスンで使ってみよう(どうしてもフリートークになってしまう為)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。