スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文法(中学から高1くらい)をやってみた。

中学3年間の文法を見直そうと思い、まず手にしたのがこちら。

Mr. Evineの中学英文法を修了するドリルMr. Evineの中学英文法を修了するドリル
(2007/06/02)
Evine

商品詳細を見る

30日で中学文法を修了するドリル形式なんですが、ダラダラやってしまった為、約3ヶ月も掛かってしまった・・・(汗)。この書籍は、その日に学習する内容説明が各日にちの冒頭にあり最後前日分の内容をテストにしたものと当日学習したもののテストがあります。その形式で29日間に分けて修了して行き、最後の日に総合テストがあり、得点によってランクが別れます。ちなみに76点のGrade Dだった私・・・酷い(爆)。テスト中に「アレ、アレ、アレのことやねん」とうちのオカンみたいな状態になりながら解いてしまった・・・。ちなみに制限時間60分の所、20分程度で解いてしまったので、見直してればちょっとはましだったかも(Grade Cくらいには・笑)。
30日で解くべきものを30日で解いていれば、使用期間中に3周くらいできたはずだと思うと反省せざる得ない(沈)。

では、何故にそんなに時間が掛かったかと言うと、途中で違うものに手を出したからであります(汗)。

Mr.Evineの英文法ブリッジコース[中学修了→高校基礎]Mr.Evineの英文法ブリッジコース[中学修了→高校基礎]
(2009/04/24)
Evine

商品詳細を見る

上記ドリルをやっていて、中学文法だけだと少々物足りなさを感じてしまい(最初の方は易しいですから・・・)、同作者のこちらを入手して、目から鱗が落ちまくってしまったのです。過去に色んな所で賞賛されている文法書を手にしたり、本屋でちら見して来ましたが、こちらが今の私に一番ピッタリでした。求めていたのは、中学~高校1年生の範囲のものだったので。こちらも上記のドリルと同じ形式で、各々の冒頭に中学版と高校版の説明があり後半にテスト(チェック)があります。中学版の所では分っていても高校版の所でチンプンカンプンと言う事態が起こり、自分の弱点が明らかになったのですが落ち込むと言うより、非常に儲けた気分になりました(案外分っているようで分っていない所、逆に苦手だったことが分っていたりと明確に)。この手の文法書は、センター試験や受験に特化したものが多いかと思いますが、この作者の書籍、両方ともそれほど焦点を受験英語に合わせている気がしなかったと思います。「テストに出るからここポイント」と言うより純粋に文法を解説していたような気がします。こちらも1周しかしていないのですが、2周3周とやって行こうと思います(電車勉に丁度良かったので)。

上記が終わったので、とりあえず先日入手したEssential Grammar in Useをちょろちょろっと始めてみようかと思います。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。