スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Flood


デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]デイ・アフター 首都水没 完全版 [DVD]
(2008/10/24)
ロバート・カーライル、ジェサリン・ギルシグ 他

商品詳細を見る

地上波・字幕なし

晴れ渡った秋の日、ロンドンの街並みはいつもと同じように美しく平穏だった。しかしその頃スコットランド地方はハリケーン並みの暴風雨に襲われていた。エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検のため、別れた妻のサム(ジェサリン・ギルシグ)に呼び出される。同じ頃、ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘したが取り合ってもらえなかった。ロブは父とのわだかまりを持ちながらもスコットランドの惨状を知り、警告が現実になることをする。 そしてロブ、サム、レナードは副首相(デビッド・スーシェ)や緊急対策 委員会“コブラ”のメンバーと共にロンドンを襲う危機に立ち向かう! ~Amazonより~


昨夜放送されていた邦題『デイ・アフター 首都水没』、タイトルからして「どぉせ、アメリカン・パニック映画に違いない」と決めつけ見ないでおこうと思っていたものの、いざ放送が始まるとなんとほぼイギリス英語で舞台はロンドンではないか~いって事で急遽試聴(『行列~』からチャンネルを替えて良かったよw)。

さて物語は、このDVDジャケットを見て頂くと分る通りの展開で、想像通りにお話が進みます。しかも少々作りが雑・・・時々イギリス映画であるんですよね「あれれ」な作品が、特にパニック系(ホラー含む)やアクションもの。但し、英語は比較的聞き易いです、Robert Carlyle以外は。以前のことを思うとかなり聞き易くなったと思いますが、やっぱり難易度高めです(Glasgow出身だから仕方がないのかのぉ)。楽しみにしていた訳ではない為(爆)、俳優陣にも思い入れがある訳ではないので、適当に見れて案外楽しめたのかも・・・但し、息苦しい場面が多い為、やたらと力が入って疲れました。あ、ちなみに俳優陣に関して、ドラマ『ポアロ警部』でポアロを演じていたおっちゃんと“元サッカー選手”的な役柄でちょくちょく見かけるおっちゃんが出ていました(本当、必要のない情報ですがw)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。