スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【多聴用】(3か月トピック)聴く読むわかる!英文学の名作名場面

今回のNHK教育・3か月トピックは、かなりイイです♪
英会話と言うより読解の要素が大きいと思うのですが、英国の古典文学を読むと言う点では役に立つと思いますし、個人的にも今、構文の読解がブームなのでちょっと面白いです。あと取り上げた部分を朗読してくださる方も英国人。英国文学をイギリス英語で聴くと言う、何とも贅沢な気がしています(個人的にですけれど・笑)。

今回は、エミリー・ブロンテの『嵐が丘』。
全然お話を知らないのですが(爆)、女優の内山理名さんが舞台となったハワースを訪れた映像もあり、原作を読み進める際にもイメージし易くなるかもです。Yorkshire Dalesが映っただけでテンションが上がってしまいました(笑)。あと1回再放送がありますので、ご興味のある方は是非☆

次回は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』。このアリスのモデルが実在していたってこと、ご存知ですか? 私も最近知ったのですが、舞台のオックスフォードにはなんと物語に登場するお店も現存するようです(読み進めていないので、どんなお店か分らないのですが、多分、駄菓子屋さんみたいな感じで、現在はお土産屋さんになっているとか)。

取りあえず録画予約しました(笑)。

教育テレビ
放送:水曜日 午後11:10~11:30
再放送:土曜日 午前5:20~5:40
再放送:(翌週)水曜日 午後1:30~1:50
関連記事

コメントの投稿

Private :

こんにちは☆

そんないい番組があるとは知りませんでした。

最近英文学・古典が好きで(原作が無理そうなのはGRか日本語でも読んでます。いつか英語でも読める日を夢見ながら)ちょくちょく読んでいるので映像で見られるのは読む際に役に立ちそうですね♪

何とも言えない復讐劇『嵐が丘』のGR&原作(日本語)をこの間読んだので、再放送を見てみようかな、と思います。いいことを教えてくださり、ありがとうございます。

★あんず☆さん★

こんばんは☆

私も金曜日の夜まで知らなかったのですよ(笑)。
溜まりたまったメールの整理をしていたら、NHKから届くゴガクルのメールに新番組として紹介されていたので、翌朝の回を録画しながら見てみました。

古典を原文で読めることに、私も憧れています。でもなかなかハードルが高くて・・・GRですら四苦八苦ですし(汗)。今回のハワースは、私が毎回滞在する所からバスで1時間くらいなので、昨年訪れるはずだったのですが、時間の都合が合わず。なので今回映像で少しですが見れてすごく嬉しくなりました。

おぉ『嵐が丘』って復讐劇なのですね(汗)。今回取り上げられていた箇所が「I am Heathcliff」と言う箇所だったのですが、人物の関係図が分らず今ひとつシチュエーションを飲み込めていませんでした(汗)。今度GRで挑戦してみようかなぁ・・・。

水曜日のお昼が2回目の再放送だと思いますので、是非々々♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。