スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり公用語なんですよ、その2。

シリーズ化するつもりは、ないのですが、またそう思ったので記録しておきます。

さて今回は、道に迷っているアジア人旅行者一行。
地下鉄御堂筋線なんば駅の改札を出た辺りで右往左往してはりました。地元の方なら分ると思いますが、ものすごく通行者の多い場所なんですが、誰も助けてあげないと言う状態で、一度通り過ぎたけれども戻って声を掛けてみました・・・ものすごく日本語で「どこに行きたいんですか?」って(笑)。
「あ゛?」
案の定、返って来た反応です(爆)。しかし、背に腹は代えられぬと言う状態だったのか、辿々しいながらも日本語で「ここ、こうやさん、なんかい」と、言いながら乗り換え案内(日本語版)を指しつつ説明してくれました。『なるほど南海電車で高野山へ行きたいのね』と合点し、説明しようかと思ったのですが、親しくしている長崎のオッチャンが大阪に来る度に南海電車と近鉄電車だったり、南海電車でも路線を間違えたりすることを思い出したので、途中まででも連れて行った方が無難と思い「わかりました、一緒に行きましょう」と言いました。

案内して貰えると分ったようで「Thank you!」と言われました。
アレ?
その発音がとてもキレイだったので、試しに英語で「どこから来ました?」と聞くと「韓国からです」と英語で返って来ました。かなり流暢。なので、調子に乗って「韓国に行った事はないけれど、韓国料理は好きよ」と伝えると「ビピンパとかキムチとか?」と聞き返されて「イエース、イエース(←ものすごく日本人っぽい反応・笑)、でも一番好きなのは、チャンジャなのよ」と答えると、そのオジさんの頭の上に“?”が出ているのが分った・・・。
『たはぁ、通じていないわよ、チャンジャって韓国にはないのかしら?』と思いつつ、「It's a kind of キムチ, made from cod's intestines(←今思えばちょっとコワイぞ、この表現w)」なぁんて言ってみたけれど、オジさんの“?”は消えず「チャプチェ?」と考え倦ねて答えてくれました(申し訳ない・汗)。

そうこうしているうちに、後は、まっすぐ階段を上るだけの場所に到達したので・・・
「Anyway,...(←本当、イイ単語よね、こう言う時に・笑)」
と、南海電車の路線説明(左側・高野線と右側・本線の違いくらいですけど・笑)をして、お別れをすることに。一行の皆さんに「Thank you」、「Thank you」と感謝されてしまったので、一言気の効いたことを言おうと咄嗟に出たのが・・・
「Have a nice trip!」
マニュアルっぽいけれど、我ながらよく出たと思います(笑)。

“鱈の腸”発言を除くと、上出来だと思うんですけど・・・いやいや、そう言うことでは無くって、韓国の方々、日本より英語教育に力を入れているだけあってか、かなり流暢だと思いました。そしてここでもやっぱり英語は万国共通の公用語なんですよね。もし韓国語で知っている単語を並べろと言われても“カムサハムニダ”と“マシソヨ”くらいしか思いつかないですもの、道案内なんて無理々々。

私も海外で助けられた事が多々ありますので、この有り難みはすごく分ります。これから夏休みで、観光に訪れる海外の方々も増えるかと思いますので、もし道に迷ってそうな方を見かけたら、是非、お手伝いして頂ければと思います。

※調べた所、チャンジャは、鱈の腸ではなく胃から出来ているそうな・・・。そしてこのチャンジャと言う名称、実は和製韓国語だと言う事が発覚!ちなみに韓国語では、「チャラン」や「チャンランジャ」と言い(韓国語では「창자」と書くそうです)、“魚の内臓の塩漬け”を総称しているようです(プサンやチェジュ南部の方には「チャンジャ」で通じる場合があるようです)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

観光客多くなりましたね

地元なので(笑)どの辺りを歩いたか、とっても良くわかります。高野山にも行くんですね。
勤務先が某テーマパークに近いので、アジア系の観光客はほんとに良く見かけます。行き先に迷ってる感じの時(ここの電車乗り換えは大阪人でも難しいと思います)に、思いきり日本語で「どこに行きますか?」はやったことがありますが、今度は勇気を出して英語で声をかけてみます。


★いちごパンダさん★

おはようございます☆

そうです、あの辺りです(笑)。あんだけ人通りが多いのに、誰も声を掛けないと言う・・・と言う私も通り過ぎ掛けたのですが(汗)。そうなんですよ、高野山まで足を延ばすとはちょっと私も驚きました。
実は、私も某外資系テーマパークへ行く観光客と毎朝遭遇します。本当、アジア系が多いですよね。特に、中国人観光客の入国が緩和された事もあり、中国語らしき言葉(台湾語とかなのかも知れません・汗)をよく耳にします。なので最近、本当、中国語の重要性を考えてみたりしています。
日本語がダメなら英語で、そしていちごパンダさんの場合、中国語と言う術も持ってはるので、きっと多くの方に感謝されること間違いなしかと思いますので、機会があれば是非々々♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。