スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Howl's Moving Castle


Howl's Moving CastleHowl's Moving Castle
(2009/03/05)
Diana Wynne Jones

商品詳細を見る

(YL:8、74,585語)

邦題『魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉』:魔法が本当に存在する国、インガリーに生まれたソフィーは、魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆の姿になってしまう。うぬぼれ屋で移り気な若い魔法使いハウルの城に移り住んだソフィーは、ハウルに魔力を提供している火の悪魔と取引をする。やがてソフィーとハウルが力をあわせ魔女と戦う時が…?~Amazonより~


少々、単語に玉砕しながらも何とか力技で読了・・・そんな感じです。
但し、けーっして、面白くない訳ではありません、寧ろ面白い。笑わせてもくれます。お話は、ファンタジーで魔法使いが出て来るから、魔法でドンパチ(古い表現だわw)な感じがしますがそうでもなくて、上手く摘み取れていない部分が多々有りますが、とても素敵で且つ、美しいお話なのかもしれません。いやぁ、完全に単語にやられた&想像力が乏しいことで、大いに楽しめなかったのが非常に残念。もうちょっとレベルが上がったら、再読します。

実は、このお話。少々思い入れがあったことに、昨年気付きました。
私が英語を学び始めた、今から丁度9年前、難波の旭屋にある洋書コーナーで『この表紙素敵・・・いつか読める日がくるのかしら』と思って手にしていた本こそ、この『Howl's Moving Castle』だったのです・・・って、ことを昨年、図書館でこの旧版の表紙を見て思い出しました。表紙のデザインが変わるもんだから、全然気付きませんでしたよ(タイトルでなく、表紙で覚えていたもので)。

ちなみに旧版は・・・

Howl's Moving CastleHowl's Moving Castle
(2005/09/05)
Diana Wynne Jones

商品詳細を見る

ん・・・今見るとあんまり・・・あれっ(爆)。

お気に入り度:★★★★☆

ハウルの動く城 [DVD]ハウルの動く城 [DVD]
(2005/11/16)
不明

商品詳細を見る

そうして、残り数ページと言う所で、宮崎版『ハウルの動く城』を見ました。『もののけ姫』以降、ジブリ作品を見ていなかったので、少々新鮮でした(ちなみに一番好きなのは『魔女の宅急便』)。

で、始まって数分で気付いたのですが、原作とちと違います。原作の巻末に、このアニメ化についてダイアナさんが語っているのを読んで、なるほどと思ったのですが、大筋は外していませんが、別のお話とも言えるかと思います。ただ、原作で要所々々で出て来る台詞や表現は、忠実に再現されていました。あとあの扉(ドアノブ)の謎もDVDを見て、なるほどそう言うことか、と納得もしました。出演者の関係が少々異なったりしているので、このジブリ版が好きな場合、原書だとちょっと残念かもしれませんね(私は驚きましたが)。

ハウルの声を木村さんがやっている訳なのですが、これはピッタリだと思いました。ちなみに英語版は、クリスチャン・ベール、バットマンな訳ですよ、噂通り、渋いんですよ(笑)。あとやっぱり美輪さん、素敵。モロの時より合っていると思います(個人的には『幻魔大戦』が一番なんですが←知らない人が多いと思いますが・汗)。
関連記事
TAG :
DianaWynneJones.Howl'sMovingCastle

コメントの投稿

Private :

読了おめでとうございまーす

こんばんは。
実は私もずいぶん前に手をつけたんですが・・・難しくって2章くらいで放棄(汗

そうそう、ジブリ版とちと違いますよね。と最初しか読んでないのでそうたいしたことはわかってないんですが。
キムタクの声は、私はいまいちだなーと思ってたんですが、それは単に私があまり好きではないから、かもしれません(笑)

私ももう少しレベルがあがったら(いつのことやら~)読みたいと思います。

★しろぱんさん★

こんばんは☆

この本、確実に第1章が難関だと思うんですよ。ある程度進めたら流れに乗れるので、ちょっと進むのですが、また壁にぶち当たって、その後流れに・・・を繰り返す感じかと(汗)。

私の場合、原書→ジブリだったもので、ジブリの展開に「あれれれれ・・・」とちょっと躊躇ったくらいです(汗)。木村さんの声は、ハウルに合っていると言うよりもなんかこう、ハウルの仕草をより“ドキッ”とさせる感じがピッタリだったような気がしました。私もあまり木村さんのことを良く知らないのですが、若い頃から変わらぬ容姿と地位が、ホント奇跡的な人よねって、いつも感心しているくらいです(なんじゃそら)。

YL8と言うのが頷ける感じでしたね。続きはちょっと無理です(汗)。ちなみにハリー君2巻よりは読みやすいと思います(笑)。

読了おめでとうございます♪

こんにちは~♪
私も持っているのに読めない1冊。(笑)
ぺらっとめくって、「うん。近い将来に♪」と、かつてのハリポタのように本棚に鎮座しています。^^;
読了されたなんてさすが~。
以前、他のタドキストさんのレビューでアニメとはだいぶ違うと書かれていたのを見てはいたのですが、やっぱり結構違っているのですねー。

私も最初にキムタクが吹き替えと聞いたときは「えー?」と思っていたのですけど、見てみたら案外しっくりしてて、りとるさんの「ハウルの仕草をより“ドキッ”とさせる感じ」というのが分かる気がします。^m^
そうそう、三輪さんの声は人間味溢れるキャラクターに仕上がっていてすごくいいですよね!
あぁ、書いていたらもう一回見たくなってきました。
英語吹き替えの渋いハウルでまた見ちゃおうかな。(笑)(←DVD持ってるんです。あはは)

★なぎさん★

こんばんは☆

これ、本当、第1章で玉砕してしまう仕様になっており、第2章くらいまで進めると、何故か慣れてしまいます(単語を飛ばし読む事に・爆)。私の場合、第3巻を表紙買いしたことが始まりで、実はこの第1巻が一番最後に買ったんですよね・・・表紙買いしてなかったら、辿りついていなかったかもしれないと言う(笑)。

個人的な感想として・・・私は、原書の方が好きですね。アニメ版でもそうでしたが、笑わせてくれるは、もちろんの事、全体のお話としては、素敵なファンタジー・・・と言う仕上がりになっているかもしれません。それにハウルももっと人間っぽくて、ちょっとダメな子な感じ・・・おっと、あまり語らない様にします(汗)。

そうなんですよ、最初に登場した所のあのシーンだとあんまりだったんですが、所々にその“ドキッ”とさせるそのシーンが盛り込まれており、あれは木村さんだから出来たのかもと思ったりもしました。美輪さんが『ワンちゃん』って言う度に吹き出しそうになりました(笑)。あれは、反則だと思います(爆)。
英語版は、冒頭くらいしかちゃんと見ていないので、私ももう一回英語版で見てみようかしら(←まだ手元にあると言う・笑)。

やはり難しいですか・・・

レベル8ですものねー。とにかく読了おめでとうござます!
アニメ版とは後半が特に違うというのは聞いた事があったんですけれども、ある意味別の話ときいて興味しんしんです。
こんど玉砕覚悟で挑んでみよう(笑)

★ナラさん★

おはようございます☆

私の場合、原書→アニメの順だったので「えっ、そうなの?」という具合だったんですが、原書は、正当派な感じがします(アニメ版は少々行き過ぎな気も・・・)。ただ、アニメでこの世界観を出したと言うのは、本当素晴らしいと思います。少々、玉砕しがちなお話ですが(笑)、是非挑戦して頂けたらと思います♪

ちなみに、来週の金曜ロードショーがまさに『ハウルの動く城』と言う、偶然にもぴったりな(笑)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。