スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】ブログの更新について。

先日の体調不良後、ぼちぼち復活します的なことを言っていた割には、一向に投稿されず仕舞いな状態で申し訳ありません。だからと言って、今日から頑張りますとは言えない事情もある為、また休止も考えましたが、休止ではなく、この際、ものすごくゆ~っくり更新して行こうかと思いました。時折、どぉでも良いことを更新して行けたらと思います。そんなスタンスで続けようと思いますので、コメントの返信もゆ~っくりだとご了承頂ければと思います。
こんなブログですが、よろしくお願いします。

りとる



※理由を知りたい方は、続きをどうぞ(但し、漫談っぽくて長いです)。
実は、また身体を壊してしまいまして・・・(沈)。
3日間、やむを得ず仕事を休み、寝込みました。
そんな訳なので、ここはひとつ、まず全快することを最優先としようと思ったのです。
この状態では、何を頑張ってもダメだと思いますので。取りあえず週末は、ひっそり過ごします。

↓ここから、寝込むに至までの話(長いのでスルーしてくださいね)。
月曜日の夜、スーパーにて10kgのお米なんかを購入して帰宅し、ご飯を食べてシャワーを浴びて、そろそろ寝ようかと考え始めた矢先、喉が何となく痛い。9時半には布団に入り、『極める! 杏の戦国武将学』を見ながら寝ようとしたらば、足首やら首周りが痛むので録画して眠りについた所、夜中に体中が痛くて目が覚め「ははぁん、発熱だわ」と、幼少の頃から高熱エキスパート(嫌な専門家)として“現在、何度くらい”と言うのが分る為、勝手に想像した所“ 38.5度前後”だったので、ここは汗をかけば朝には有る程度下がると踏んで布団を被り頑張りました。しかし、体感的にも上がっているのが分った為、「本当の体温を知ると余計に辛くなるのよね」と思いつつ計った所、“39.2度”。うむ~っ。しかし、「人間は、明け方に一番体温が下がるはずよね確か、だから大丈夫」と高をくくり、午前4時にもう一度計ってみたら“39.6度”(沈)。その時、頭をかすめたのは“インフルエンザ”。過去、数回掛かっているので、あの辛さを知っていますが、今回のは、ちょっと違う気がするけれど、突発的な発熱な為、可能性もあるとかと思い、仕事を休みとにかく、病院へ行こうと思いました。

案の定、疑われて検査するものの、やっぱり陰性。あと疑わしいのは肺炎と言う事なので、レントゲンとか採血とかして、強めの抗生物質を処方してもらい、帰路につく。喉は痛いけれど、何か食べないと薬が飲めないので、うどんを食し、食後の薬と熱からちょっとでも解放されたい気持ちで頓服も服用して布団へ。

熱い。とにかく熱い・・・敷き布団が。そしてアイスノンが数時間も持たずに生温い。もう一度、熱を計ってみた所、“39.8度”・・・「これは、風呂温度じゃん、あれれ、頓服飲んだよね、あ、そうか人間、午後からが一番体温高いんだっけ・・・ってなんで、こんなこと知っているんだっけ、あ、そうか英検の過去問か」なぁんて、余裕っぽいですが、半面「今すぐ救急車を呼ぼう」と何度も考えておりました。夕方の診療時間になった途端、ズルズルと体を引きずる様にまた病院に行き、状況を説明すると先生も午前中の採血の結果を見て、尋常でないことを悟り(白血球2万越えたもので)、即点滴&超強力抗生剤注入と言う展開となりました。そうしたら、嘘みたく元気になった気がして、軽快に帰宅して熱を計ったら“38.5度”で、「全然、下がっとらんけど、1度以上違うとこんなに体が動くのね」と感心したりしました。

で、原因なんですが、元々、扁桃腺肥大で、子供の頃に切除をしたのは、良いのですが、昔のやり方なので、根こそぎ(扁桃腺の裏らへん?)まで取れていない為、体調が弱ったりするとそこにウイルスなんかが入り込んで、悪さをすると言う事らしい。前回の腸炎から丁度10日目に発熱したんですが、やっぱり治り切っていなかったのかと思います。それに、喉の晴れが酷過ぎて、水分をあまり取らなかった為に、高熱が出てしまったと言う事。人間の体って、本当、水で出来ているんですね、とまた感心してみたり。

現在もまだ点滴を打っている状態で、とりあえず明日で終わりますが、まだまだ薬を服用しなければならない状態です。本当、病気をするとお金が掛かりますね。点滴貧乏になりそうですよ、私。健康っていいなぁ。元々、免疫力が低めなので仕方がないのですが、もうちょっと気を使う様にしようと思います(見かけだと、ものすごく強そうなんですけれど、私・爆)。

私事なので、特に記載する必要もなかったのですが、見直した時の為に。これもいつかネタになるかもしれないので、記載いたしました(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

わお~、尋常じゃない状況ですね。

とにかくよくなることを願っています。

りとるさんって一人暮らしですか?
まわりに頼れる人がいるといいですね。

自分は、風邪を引くと、ポカリ系のスポーツ飲料をがぶがぶ飲みます。水分をよく吸収する。そういう成分になっていると思います。

後、関係ないけど…
インドを旅行中、今回のりとるさんくらいの熱を出して入院したことがあるんです。
そしたら、シャワー室で、バケツで水を何度もぶっ掛けられました。

Your temperature is too high!!!

とか言われながら。

ひどいいじめを受けているようでした。

余談だけど。

ポカリ系は、点滴と成分が同じって聞いたことあります。試す価値はあるかも。

早く良くなることを願っています

お大事に

39度を超えるなんて、すごい発熱だったのですね。
まだまだ大変そうですが、ゆっくり休んで下さい。
私は一度インフルエンザに感染しましたが、薬を飲んだらあっという間に熱が下がりそんなに大変ではありませんでした。

ブログの更新もコメントの返信も気にならさず、ぼちぼち、ゆるゆるとやって下さい。

話は変わりますが、6月に大阪に酒井先生が来られて多読的おしゃべり会が開催されるようです。
身体が回復していたら参加されませんか?

尋常じゃない・・

39度超えてるなんてー!!!それはきつくて当然ですよ。
発熱のエキスパートでいらっしゃったんですね・・ってそこは感心するところじゃないか。

ともかく、ブログやお返事などは気になさらず、ほんとに体のことを第一にゆっくりお休み下さい。

水分って、ほんとに大事なんですね。
私はめったに発熱しませんが、きついときには水分を枕元に置いていつでも飲めるようにして寝ます。
それは正しい対処法だったんだな~。

ほんとに、お大事になさって下さいね。

それはそれは辛かったですね。
大人になっての39度越えは、もうもう辛いの一言ですもんね。
私は普段あまり熱を出さないので、体温計って“37”って数字を見ただけで寝込んじゃいます。
本当、目から入るものは恐い・・・。たとえ37度代でも・・・

普段の生活何もかもは、健康があっての事です。
くれぐれも無理をしないように、体を休めながら前に進んでください。
頑張り屋のりとるさん、(たとえブログ上だけでも頑張り屋さんってわかります^^)
無理をせず、自分にも優しくして下さいね!

お大事に

こんにちは・・・!
あの後、体調が戻られたかな~と思いきや!なんとほぼ40度の熱ではないですか!(@@;)
ゆっくり休んでください。。。入院しなくて大丈夫でしょうか?
私は平熱低いので、7度超えただけで大騒ぎです。。

日本人の感覚だと、熱出たらあったかくして休むっていうのが普通ですが、アメリカでは氷で全身冷やすとか聴いたことがあります。

きっと、何も喉をとおらないのですよね・・・水分だけはとってくださいね。熱があると汗かきますから・・・
あ~~~心配~~~(><)
とにかくお大事に!

なんと!40度近くの熱だったのですか。
腸炎の次にそんなお辛い状況になったなんて。(;;)

どうぞ、お身体が回復されるまで、少しでもカラダを横たえて
お休みになってくださいね。
良くなられるのを祈ってます。

大変!

まさかそんな事態になっているとは。
本当に体が第一ですから、じっくり体を休めてあげてください。お大事に…。

今は微熱程度で高い熱を出すことはほとんどないのですが、子供の時に一度だけ急性腸炎で41度越えを体験したことがあるので、高熱の辛さ、少しは解ります。熱のせいで目は開いてるけど半分以上意識がなくて、視界が霧の中にいるみたいに真っ白になりました。

★みなさま★

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません(汗)。
今回、完治することを目標にしている為、薬をまだ服用しているものの、徐々に回復しております。この金曜日にもう一度病院に行きますが、これで完了となるかと思います。
お騒がせして申し訳ありませんでした。

そして温かいコメントありがとうございます。
各々に返信するべきなのですが、少し割愛させて頂きたく願います。ご容赦ください。

★けん1973さん★
お友達で毎年インドに行く方がいるのですが、私の場合、免疫力が低いので、一緒に行けないと言われております(汗)。しかし、水をぶっかけるとはなんとも荒療治な(汗)。

★いちごパンダさん★
6月の後半ならば、参加出来るかもしれません。あとで日程を調べてみますね♪ 寝込む前に、いちごパンダさんにお会いできる日が来るのかも・・・なぁんて想像していたので、ちょっとビックリ。お会いできますように☆

★しろぱんさん★
本当、人間の体って、水で出来ているんだと実感しました。熱が出て汗をかいてしまうのは、仕方がないですが、布団がなんとなくしっとり(汗)してました。これだけ体から蒸発しているんだと思うと、水分補給は必須だと思ってしまいました。

★nappuさん★
子供頃から高熱をよく出していたのですが、つくづく体力の無さに気付かされました。本当、しんど過ぎて眠れないんです(汗)。なので目が覚めたみたいな時に、必ず体温を計っていたので、途中で体温計が壊れたのか心配しました(笑)。

★ペンギン村のペンちゃん★
私も今回に限っては、氷枕を用意しました。高熱すぎてこれ以上脳にダメージは・・・と言う事を心配したので。近所の病院だったので、通ってましたが、毎日点滴打つんなら、本当、入院ですよね、本来ならば(笑)。先生も「入院してもよかった」って言ってましたし(汗)。

★モコモコさん★
今回ばかりは、体が悲鳴を上げてしまったようです。もともと季節の変わり目は、要注意だったのですが、本当、なんでも完治させないといけませんね(汗)。今晩からまた冷え込む様なので、温かくして寝ようと思います。

★ナラさん★
そうなんですよ、起きているのか寝ているのか、わからないんですよね。デジタルの時計を見ていることが多かったのですが、本当、時間が進まなくて。本当、もう懲り懲りです。何か免疫力をつける方法を導入しようかと。サプリメントとか。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。