スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラッドジャパンのこころ

トラッドジャパンのこころ―英語と日本語の世界を旅するトラッドジャパンのこころ―英語と日本語の世界を旅する
(2010/03)
江口 裕之長野 真一

商品詳細を見る

ETVの『トラッドジャパン』の進行役で(見ている方には)おなじみの江口先生の著書。もぉ、これ、本当に面白い。読みながら頭の中で「そうそう」や「へぇ」って言い過ぎました(笑)。同番組のもうひとりの進行役でもあるアットキンさんが英国人な為、英国寄りのお話が多いのですが、個々の文化の象徴として言語があり、その文化に基づいた言語の発達があると言うお話。例えば、料理をする場合、欧米では素材を焼く事が多い為、焼くと言う意味の単語が沢山あったり、逆に日本では煮ることが多い為、煮る炊くの表現が沢山あると言う。こう言った感じのお話を始め、風習や価値観の違いには、個々のお国の歴史やらも関わっているようなことを紹介されています。非常に興味深く面白いです。

日本と英語圏の国(主に英国)の文化や関わりに興味のある方は、是非。お薦めです。
関連記事

コメントの投稿

Private :

No title

こんばんは。
この本面白そうですね。
言語を比較したり、文化の違いなどにはとても興味あります。今まで何冊か読みました。
そうなんだ~!って驚きがありますよね。

★マーズさん★

こんにちは☆

この本、文庫よりちょっと大きいくらいのサイズで全文横書きなんですが、ぎっちり文字が埋まっている訳ではないので、サクっと読み終えられます。

今でこそ、文化の違い=言葉の違いと言う事を何となく意識できていますが、英語を学び始めた頃に、日本語を英語に直せなくて四苦八苦したのを覚えています。イタリア留学から戻って来た友達に「とりあえず日本語のレベルを落とす事」と言われたんですが、まさに目からウロコでなるほどと思いました。日本語が高等と言う訳ではなく、その国に順応した言葉だから仕方が無い、加えて文化の違いもあると言う事、これって本当面白いですよね♪
他の本を探して読んでみようかなぁ☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。