スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またセミナーへ行ってみた。

毎週・・・行ってますよね(笑)。
今回は、学校の授業内容を如何に自分の力にするのかと言うセミナーでした。
先週と同様に、詳細を詳しく書けませんが、またまた大きな影響を与えて頂けました。

このセミナーを受講する前に他の先生から、セミナーを受けて教えてもらった通りに実行する人は、10人受けたとして1人か2人くらい・・・と言う、ものすごくハードルが高そうなイメージで受けたのですが、できなくはない・・・ただ、やるには相当の労力を要すると言う事がわかりました。そうなのです。語学習得には、労力を惜しんではいけないんですよね(汗)。

とりあえず、目の前のことを優先することで、学習することに慣れると思います。その後からでも一生懸命やろうかと。そうすれば、再来年度には進級できると思いますので。

あ、あと先生が言ってた面白いこと。
やる前から言い訳を考えている人は、やらないので、伸びる訳がない。
この話を『あるある』と思わせてくれる感じでお話を聞かせて頂き、その後の質問コーナーで早速、言い訳をしている人がいて、吹き出しそうになった(笑)。多分、言い訳をしている人は、言い訳をしているつもりがないんだろうなって思いました(笑)。
忙しいのは、当たり前。生活のうち100%英語に没頭しているのは、凡人ではなく、普通に生活することが難しい人かもしれない。生活の30%でも良いから、英語を学習する時間を作るという事。そして目標を達成しなかったとしても、目標に向かった労力は無駄ではなく、大きな利益だと言う事を教えてもらいました。やっぱり、ここでも小さな積み重ねなんだと思った次第です。精進します。
2回セミナーに出席しましたが、学習方法よりもモチベーションの維持の仕方を教わった気がします。
先生が言った訳ではありませんが、がむしゃらにやる必要もないと言う事なんだろうと思います。
ただ如何にモチベーションを維持しながら、続けるかという事かと。
これは、英語の学習だけでなく、いろんなことにも応用ができるかもしれませんね。
なので、逆にモチベーションが維持できないんなら、止めてしまっても良いのかもしれませんね(笑)。

そう言う風に構えられるようになったので、気持ちがちょっと楽になり、学習と多読の平行も可能になりました。
セミナーでも聞きましたが、語学力は言葉との出合いの回数で、大きく差が出るという事。実際に、最近感じていました。英語ではなく日本語で(汗)。ある程度の英語力までだと、そこそこの日本語力でも上がると思うんですが、それ以上になると、日本語力が低いと苦労するという事。まさに英検準1級クラスの単語になると、書かれている日本語の意味が分からないことがあります(爆)。今まで会った、英語の玄人さん(通訳さん含む)の中でも、本を読む(和書・洋書共に)人ほど、質の高い英語力を持たれていることに気付いていました。あわわ・・・なので洋書に拘らず、和書も読もうと思っている次第です。

語学力は、やっぱり触れる事で、触れないのとでは確実に差が出る・・・だったら、できるだけ触れれば良いと思います。セミナーでも聞きましたが、簡単な単語は、条件反射的に意味が分かる様になっているはずと言う事。これは、今までに何度も出合っているから、瞬時に意味が分る・・・常に英語に携わっている人は、この条件反射の確立が非常に高いと言う事・・・そうなのです、多読なんです。特に多読を進められた訳ではありませんが、やっぱり大量の英語を読む事は必須と言う事を聞きました。事実、2年前に受けた英検2級の時に使っていた単語本で、覚えられなかった単語が、全部ではありませんが、現在覚えているものが相当あります。その単語本を開いたのが2年ぶりと言う事もあり、この本以外のどっかで覚えたらしいのです(笑)。故に、他の本、児童書なのか絵本なのか新聞なのか分りませんが、読んで覚えてしまっていると言う事かと。

と、また多読に結び付けてしまいましたが(笑)。しかし、本当、理にかなっていると言う事が、自らの体験でも分ったこの週末なのでした(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

英語にかぎらず。。

こんにちは!

ほんと、りとるさんがおっしゃってるように、英語に限らず何かを学ぶというのは、1回だけで終わるようなものは少なくて、いかに長い期間続けていけるかってところが重要なんでしょうね。
そうすると、多読って勉強しようと構えなくても、楽しみながら続けていけるところがすばらしい。
他のことにも応用できたらなぁ。。。と思わずにはいられないんですよね~あうう。

★しろぱんさん★

こんにちは☆

そうなんですよね、1回で完結できるものが、ほとんど無いと言っても良いくらい、継続してこそなんぼのものが多いのかもしれませんよね。先日のオリンピックの真央ちゃんだって、素質があるとは言え、いきなりトリプル・アクセルが出来たとは思えませんし・・・彼女のような偉業は、成せませんが(爆)やっぱり継続して努力を惜しまないことが必要なんですよね(汗)。

先生が、もうひとつ言ってたことなんですが、例えば苦しい英語の学習は、最初はものすごくしんどいけれど、時間とともに慣れや要領を得て楽になり、そしてそれが娯楽になる。まさに多読そのものですよね!
多読以外でも、ちょっと工夫でなんとか・・・な感じで、楽しくなる術がありそうな予感がしますが、なかなか見つけるのが難しいですよね(汗)。ちなみに、長年、続いていなかった長距離ウォーキングがあるのですが、万歩計を付けた事によって、継続できるようになっております(何故か今まで一度も装着しなかったと言う・笑)。もしかすると、人間は、数字で結果を確認できるとモチベーションを維持出来るのかも・・・なぁんて、最近思っていた所であります(TOEICも数字なので、皆さん、維持し易いのかと・・・)。

頑張ってますね

遅ればせながらブログのお引越しお疲れ様でした。
セミナーに行かれたり色々頑張ってますね。りとるさんのブログを読むと私も頑張らなきゃ、と刺激を受けます。

「やる前から言い訳を考えている人は、やらないので、伸びる訳がない」
ってすごく共感できる言葉でした。
私は英語とは関係ない分野ですが、数年前に仕事に関係する某資格を取るために一年間みっちり勉強した経験があります。無事というか奇跡的に合格できたのですが、周りの人に「私でもできたんだから頑張れば!」と言うと「君とは違って家庭があるし…」とか言い訳をする人が多かったです。(当時も夫は一年の半分以上出張で不在だったもので)まあやる気というかどれだけ本気でやりたいか、ということでしょうね。

あの当時の勢いで勉強すれば英語も中国語(すっかり忘れてますが)ももっと伸びるのにな…と思いつつなかなかスイッチが入りません。これも言い訳ですねー(笑)しろぱんさんが書いているように、多読は頑張らなくても楽しんで英語に触れられるのが良いですね。

こんばんは

頑張ってますね!少しでもりとるさんの頑張りを分けてもらわなければ・・・!

モチベーションって、何をするにしても波があったりしますよね~~~。私は10年ぶり(?)くらいでモチベーションの波が来そうな感じです・・・。
そういうときって、そればっかりやってても苦しくないんですよね~~~。お互い頑張りましょう!

★いちごパンダさん★

こんばんは☆

先日は、いきなりお知らせメールをしてしまい、申し訳ありませんでした(汗)。
まだまだ整理をしないといけないのですが、ぼちぼちやって行こうと思います。
今後ともよろしくお願いします☆

現在、さざ波かもしれませんが、やる気の“波”がやって来ているようなのです(笑)。短期間で結果を出そうと言うのではないので、その辺は気楽な気もしています。

『あなたとは違うから』って言う言い訳は、ある意味、自分自身を否定してしまっている気がしちゃうんですよね・・・環境が違ったり、得手不得手があるとは言え、同じ人間なんですよね(汗)。前回のセミナーで先生にもらった励ましのメッセージの中に“最後まで諦めない意志の強さ”と言うのが書かれてあるんですが、結局、最後まで本気で挑めるかなんですよね。本当、私もそう思います。

某大手進学塾のCMのように、どこかに“やる気スイッチ”が必ずあると思います(このCM、ご存知ですか?)。ただ、今は、それがどこなのか分らないだけなんですよ、きっと。たぶん、多読も最初の頃は苦労した部分が多少なりともあったと思います。事実、挫折してしまう方もいらっしゃるので、娯楽に出来てしまったと言うのは、ものすごく努力をしていたのかもしれない・・・でも、苦労と思わず楽しいと思えたことが勝因なんだろうと思います♪

★ペンギン村のペンちゃんさん★

こんばんは☆

英語の学習って、ある意味、自分との戦い(笑)なので、ちょっと孤独を感じたりしませんか? そんな時に、こう言うセミナーに出席すると同じように頑張っている人がいると思うと励まされ、別に喋った事もない人とでも一緒に頑張っているんだって思ったり(笑)。特に、茅ヶ崎の場合、試験の点数を上げる為だけに頑張られていると言う人よりも、純粋に英語が好きで、頑張っている人が多いので余計にそう思ったのかもしれません。

おぉ!ペンちゃんさんにも波が来ているのですね!
こう言う時は、何が何でも立ち向かえますよね!素晴らしいです。
私は、お正月に漠然と決めた目標とペンちゃんさんが紹介してはった占いで書かれていたことが、シンクロしていたことに驚き、自分の向かう所は間違っていないのかもって思って今は、大きく羽ばたく為の翼を作っている最中なんですよ。もちろん、日々『面倒くさい』と言う物と戦っていることは事実ですが(笑)、モチベーションの維持が高いうちに、やれる事をやってしまおうと思っております。お互いに目指す所へ無事到着できますように☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。