スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harry Potter and the Chamber of Secrets(2回目)

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)
(1999/05/28)
J.K. Rowling

商品詳細を見る

(YL :9.4、85,141語)

邦題『ハリー・ポッターと秘密の部屋』魔法学校で一年間を過ごし、夏休みでダーズリー家に戻ったハリーは意地悪なおじ、おばに監禁されて餓死寸前。やっと、親友のロンに助け出される。しかし、新学期が始まった途端、また事件に巻き込まれる。ホグワーツ校を襲う姿なき声。次々と犠牲者が出る。そしてハリーに疑いがかかる。果たしてハリーはスリザリン寮に入るべきだったのだろうか。ヴォルデモートとの対決がその答えを出してくれる。~Amazonより~


やっぱり過酷な読みレベル9・・・読了までに45日かかりました(汗)。
そして、思いっきりいろんなことを忘れていました。どうも、個人的にも3巻がお気に入りな為、いろんな事が上書きされたらしく、ほとんど覚えていない状態でした。なので、色んな伏線に、最後の最後まで楽しめた感じです。

もし、1巻がとーっても楽しかったのに2巻が全然進まなくて挫折していますと言う方がいらっしゃったら、3巻でものすごく楽しめると思うので、ここはひとつ、力技ででも読み切ることに挑戦して頂ければと思います(笑)。

一応、続きでネタバレを・・・。

お気に入り度:★★★☆☆

累計語数:2,797,681語
結構、最初の方で、永遠に進まないんじゃないかと思い、DVDを観ましたが、映画では多くを省かれていることと、内容が変わってしまっている&加わっている為、気付けばもうハリーが“あの声”を聞く様になっており、残念ながらあまり効果がありませんでした(映画版は、“空飛ぶフォード”と“蜘蛛”の所に力を入れている気がします)。

ただあの“ジュース”を飲んでからは、映画の力を借りてグングン進められました。最後の死闘は、少々異なる部分もありますが、Riddleさんの秘密は、映像で観た方が分り易いと思いました。なので、最後の3章は、一気読みでした。

実は、この巻が終わった後から第4巻に着手しております。ちまちまとしか読めないことを予想して、今年中に第5巻まで進めるには、今からちょっとづつ始めておかなければ間に合わなさそうなので、ぼちぼち読んでいます。第4巻は、始まりが第3巻までと違う為、当初は“?”な状態でしたが、第2巻を読了して間もなくだったので、そのタイトルのことに気付けました(実は、第3巻を読了した時点でも読み始めましたが、全く気付かなかったのです・汗)。ゆるゆると読み進めてみます(語数19万語は、私にとって未知数な為、読了できるのか心配・・・)。
関連記事
TAG :
Series.HarryPotter

コメントの投稿

Private :

読了おめでとうございまーす!

私はこの2巻までしか読んでいませんが(映画は5まで)、2巻はなんとなくこれから先のいろんなことを予感させるような、ハリポタシリーズ全体の序章という感じがあるので、すこーし盛り上がりに欠けるのかなぁと思います。映画はそこをうまく盛り上げるために、ポイントを絞ってあるのかもしれませんね。
といっても、これから先はページ数が半端じゃないので、映画にしても削らざるを得ないのでしょうが。。(笑)
もう4章を読まれてるんですね~。私も3章を早く読みたいなぁ。4章のタイトルの秘密。。気になります。

★しろぱんさん★

ありがとうございます☆
実は、第2巻、今後のことを緻密に伏線をはっているんじゃないかなぁって、勝手に思っていたのですよ(笑)。例えば、アズカバンにハグリッドが捕われるじゃないですか、そのアズカバンの警備の凄さは、第3巻で伺えますし、第4巻の第1章のRiddle Houseもあの方のお家ですし(現在第5章なので、これ以外気付かなかったので・汗)。そんなことを考えると、必須のお話なのかなぁって思っていたのですが、やはりそうですか!
映画は、観客(読んでいる人も読んでいない人も)を引きつける為には、あの演出が必要なのかもしれませんね(スペクタクルな感じの)。先日、第4巻の映画の冒頭をチョロっと観る機会があったので観ましたが、ものの5分も経たないうちに自分が読んでいる箇所を抜かされました
(笑)。とりあえずお話が少し変わっていることだけ分りました(笑)。仕方がないですよね、19万語を2時間半の映画にするのは(汗)。
第3巻は、かなりお薦めですので、是非々々。たぶん、第2巻よりサクサク進むこと間違いないです(YLも下がりますし♪)。

おめでとうございます!

コメありがとうございますた!
そして読了おめでとうございます!
たしかに、最初の方で挫折しかかりますたよ・・・。3巻がそんなに面白いなら、続きを読んでみようかなあ~~~。
ハーマイオニがたくさん出番があると読む気力が高まるのですが・・・>爆
(ハーマイオニファンです)

★ペンギン村のペンちゃんさん★

ありがとうございます☆
必死に読めば、もうちょっとサクリと行けたのかもしれませんが、児童書とは言えYL9の壁を感じました。現在読んでいる第4巻もYL9だと先日知り、そりゃ進まんわ、と自覚した次第です(汗)。
第3巻は、(当たり前ですが)ハリー君中心で展開することが多く、影が薄く感じる準レギュラーも多々いまいしたが、ハーマイオニちゃんは、第2巻ほど踏んだり蹴ったりなことはなく、最後まで活躍しておりましたよ!聞き読みででも、是非☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。