スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【進行中】再読:Charlie and the Chocolate Factory(3回目)(~12章まで)

昨日、HP2巻が終わり、やっとこのお話をじっくり楽しめると思ったんですが、グッとこらえて12章までで止めました。

すでに読了されている方もいらっしゃり、このお話の続編に進まれる方も中にはいらっしゃいますので、『Charlie and the Great Glass Elevator』もヒツジ読みに登録いたしました。開始時期は特に決めておりませんで、読んでみたいなぁって考えられている方は、ご参加頂ければと思います。『チョコレート工場』は、3回目だと言うのに『ガラスのエレベータ』は1回しか読んでないので、この機会に私も続けて読みたいと思います(パディントンが先かもしれませんが)。

以下、ネタバレ含みます。
Charlie and the Chocolate Factory (My Roald Dahl)Charlie and the Chocolate Factory (My Roald Dahl)
(2007/09/06)
Roald Dahl

商品詳細を見る

“Golden Ticket”を入手するまでの展開が、このお話の中で一番好きだったりする箇所です。
チャーリーがこのチケットを入手しないことには、このお話が進まない・・・と言うことは、百も承知で(笑)、世の中が何千何万ものチョコレートを購入してそのチャンスを懇願しているにも関わらず、チャーリーに与えられたチャンスは、ごく僅か。そして、誕生日に貰ったチョコレートでもなく、じいちゃんのギャンブルでもなく、チャーリーは50pを拾って、チケットが欲しいと言う事以前に、そのお金でチョコレートを食べたいと言う意思でコーナーショップに行くんですよね。そしてチョコレートを買ったお釣りが、5p硬貨9枚(現在、チョコバーが30p~だったと思うので、チャーリーは、£3くらい=500円硬貨を拾った感じかと)。普段、キャベツの水煮等しか食べていない彼にしてみれば、大金なのでもう一枚、純粋にチョコレートを買って食べても良いと言う気持ちだったにも関わらず、チケットを入手するんですよ。ホント、選ばれた感じがしますよね。そりゃ、お店のおっちゃんもテンション上がる(笑)。

そして、自宅へ戻って、20年以上、寝たきりのジョーじいちゃんが、飛び起きて挙げ句の果てには、ダンスまで踊っていたので、このチョコレート工場の存在の大きさは老若男女問わず、凄いものなんだと思いました(ばあちゃん、スープ被って可哀想でしたが・汗)。

次からは、いよいよ待ちに待った工場へ。もちろん、明日から続きを読みます♪
関連記事

コメントの投稿

Private :

こんにちは。

私もチケットを入手するまでのお話は大好きです♪
もう、Joeじーちゃん、最高(笑)
そうそう、US版だと拾うのは1ドル札なんですよ。まあ、違うのは当然と言えば当然なんですが。
やはり、再読の方がこの辺りのお話もじっくり深く読めてる気がします。
あ、ガラスのエレベータのヒツジ読み登録もありがとうございます!こちらは初読みなので楽しみです♪

★しろぱんさん★

こんにちは☆
本当、チケットの入手までが何とも、ドキドキわくわくで楽しいですよね♪
映画新作版のデビッド・ケリー(現在80歳だそうです)、このじいちゃんにそっくりだと思いませんか? ひょうひょうとした感じが、このじいちゃんぽっくて好きなんですよ(笑)。
Dahl氏は、米国女優とアメリカで50年代に結婚していたこともあり、実際に、彼が用いたのは$1なのか50pなのかちょっと分らないことに気付きました。なので調べた所、なんと先に出版されたのは米国で、その3年後に英国で出版されたそうです!そう言うことなので$1がオリジナルの設定と言う事になるかと!(←こう言う発見がものすごく嬉しい、私・笑)
アメリカに行った時、小銭の意味が分からず(クオータとか・汗)、コインがいっぱいあった気がしましたが、紙幣は$1からなんですよね。イギリスは£5からなので、お金の価値的にはすごい差があるなぁって、別のことで感心してしまいました(笑)。こんな深読みすることはありませんが(笑)、やっぱりヒツジ読みでこそですよね♪
この本の読了の勢いで、続編に取りかかるとスムーズに進めるかと思います。私も読了後、パディントンと並走するかもですが、取りかかれればと思っております♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。