スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Foxwood Treasure

The Foxwood Treasure (Foxwood tales)The Foxwood Treasure (Foxwood tales)
(2000/01/04)
Cynthia PatersonBrian Paterson

商品詳細を見る

(YL : 3、3,100語)

邦題『レモネードはいかが』:フォックスウッドの村には大きな会議場がありません。なかよし三人組、ルーとハーベイ、ウィリーは、村の有名人・ダンナギツネの屋敷あとをさがして、特製レモネードの製法とすてきな広間を見つけだしました。 ~出版社より~


以前から、図書館でよく見かけていたこのFoxwoodシリーズ。何と言っても絵が細かくとても可愛い。読む前は、シルバニア・ファミリー(動物たちも似ていますし・笑)のようにほのぼの系のお話かと思ったらば、少年(小動物?)探偵団の如く、行動し始めます。推理小説とまで行きませんが、なかなか楽しませてくれました。多分、英国の作家さんが手掛けていると思うのですが、パブのカウンターのような所が出て来て、パブごっこして遊ぶ感じが微笑ましかったです。ちなみにシリーズ第1巻です。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:2,699,137語
関連記事
TAG :
Series.FoxwoodTales

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。