スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Pure

ピュア [DVD]ピュア [DVD]
(2007/12/07)
キーラ・ナイトレイ、

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

ギリーズ・マッキノン監督によるヒューマンドラマ。ドラッグ中毒の母親に見捨てられ孤独に苛まれていた子供と、自らもドラッグから抜け出せないものの、優しく彼を見守るウェイトレスとの交流を描く。キーラ・ナイトレイがウェイトレス役を好演。~Amazonより~


映画の内容としては、JWの作品と通ずるものがあります。超有名な俳優がKeira Knightleyくらいなので、彼女が主要人物のようにあらすじでも扱われていますが、主役はジャンキーの母親に献身的に接する子供です。8年くらい前の作品な為、彼女もまだ大活躍していなかった頃の映画かと思います。英国映画と言えば、中世のお金持ちや現代の中流家庭が舞台のお話が多いかもしれませんが、労働階級でドラッグが問題となっていると言うお話も現実の英国を表している気がします(これはどの国の映画でも言えることだと思いますが)。なので結構生々しいです・・・重い。

■覚え書き(←ほぼ自分用です。geekな内容なのでスルーして頂いてOKです・笑)。
Keira Knightleyだけでなく、英国映画でちょくちょく見かける、Molly Parker(『Wonderland』かも)や『Billy Elliot』で父ちゃん役だったGary Lewisや『Spaced』でおなじみのJessica StevensonやJulia Deakinがチョロっと出てました。他、じいちゃん役で出てたKarl Johnsonは、『Hot Fuzz』でSwearing言いまくっていた老警部に違いない(要検証)。あと、ソーシャルワーカー役の女優さんは、『Shaun of the Dead』のKate Ashfield。


そうだ、英国で言うteaが必ずしも翻訳すると“お茶”と言うことではないと言う事。この作品でもこの翻訳が使われていました。最後の方で、少年のおばあちゃんが“I'll be back before tea time”と言うのですが、翻訳は“お茶の時間までには戻るわ”となっておりました。このシーンを日本語字幕無しで見た場合、多分、私は“ごはん(夕食)までには戻るわ”と考えると思います。この家庭では、一日の決まった時間にお茶を飲むと言う習慣があるかどうかは分りませんが、この場合“食事”のteaと考える方が妥当かと思います。
と、言うような発見に気付けるとワクワクしてしまいます。DVDだと巻き戻しで確認できるから良いですよね。これも多読やら多聴やら経験やらで蓄積したもののお蔭で、且つ、字幕だけを読んでいる訳ではないと言う証拠にもなったので、非常に嬉しくなりました☆
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。