スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Shaun of the Dead

ショーン・オブ・ザ・デッド (ユニバーサル・セレクション2008年第12弾)【初回生産限定】 [DVD]ショーン・オブ・ザ・デッド (ユニバーサル・セレクション2008年第12弾)【初回生産限定】 [DVD]
(2008/12/04)
サイモン・ペッグケイト・アシュフィールド

商品詳細を見る

DVD・字幕なし

"『ホットファズ~』の監督・主演コンビによるホラーコメディ。恋人に愛想を尽かされた自堕落な男・ショーン。落ち込んで泥酔した彼が翌朝目覚めると、街はゾンビであふれ返っていた。~Amazonより~


レンタル屋、某Tタヤなどでは、この作品を“コメディ”の欄に配置されているようですが、紛れも無く“ホラー”です。結構残忍なシーンがありますが、かなり笑わせてくれる場面も多い為、コメディになっているようです。しかし、ホラーがダメな人は笑えないかもしれません(ご注意ください)。笑える方に重点を置くと、なかなか“英国的なツボ”を抑えた出来上がりな為、私個人としては、存分に楽しめます(そこにホラー的要素を折り込むことも、どことなく“英国的”だと思います)。なので何度見たかわかりません(コメンタリー版でも何度も見てます・爆)。

英語は、これまた日常的ちゃあ日常的(ゾンビが出て来ますが・・・)。そんなに難しいことを話していないと思います。案外ベタな台詞まわしな部分があると思うので、それはそれで笑えます。
■覚え書き(←ほぼ自分用です。geekな内容なのでスルーして頂いてOKです・笑)。
『Spaced』の監督・主演で製作されている為、笑いのツボも同様です。加えて英国コメディの出演者、Jessica Stevenson、Peter Serafinowicz、Nick Frost(Spaced!)、Lucy Davis、Martin Freeman(The Office)、Reece Shearsmith(The League of Gentlmen)、Matt Lucas(Little Britain)もカメオ的に出演しており、そう言った部分でも非常に楽しめるかと思います(個人的に・笑)。他、私が好きなBill NighyやPenelope Wilton(『Calender Girls』で夫が浮気して出て行った夫人、等)も出演。

関連記事

コメントの投稿

Private :

私もめちゃ大好きです、これ

 りとるさん、こんにちは。私もこの映画が大大大好きで、何回も観ています。
 私が好きなシーンはウィンチェスターを目指して避難経路を何パターンも考えるシーン。無事に着いた時のことを想像してサイモンがビールをかかげて、カメラに向かって微笑む姿にしびれています。ここは観るたび何度も巻き戻しをしています。

★hinajiroさん★

こんばんは☆
これは、本当に面白いですよね!
随所に笑い所満載で、思い出しただけで、吹き出しそうです(笑)。
そうそう、ウィンチェスターを目指す提案の所、オチが紅茶を飲むやビールを飲むと言うのが、何ともイギリスっぽい気がしてならないのですが(笑)。私、個人としては、前半だとレコード投げる所。厳選するレコードがなかなか良くて面白いです(この二人のやり取りが・笑)。
このDVDのコメンタリー版で観られたことがありますか?
もしまだご覧になられてなかったら、お薦めです♪サイモンとエドガー(監督)のやり取りが繰り広げられるんですが、かなり笑えますよ☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。