スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paddington at the Seaside

Paddington at the SeasidePaddington at the Seaside
(1994/07/07)
Michael Bond

商品詳細を見る

(YL : 1.2、700語)

邦題『パディントンのかいすいよく』:ブラウンさん一家と海へ訪れたパディントン。実は、パディントンは海へ来た事がありませんでした。『はて、どうやって泳ぐのかな』と洋服を着たまま海の中へ・・・今回も、ハチャメチャな大騒動間違いなし。


絵本シリーズ第5巻。暗黒ペルーから船で密航したクマの割には、海での作法が分らない様子(笑)。確かに、相変わらずな彼ですが、誰か海に入る前に教えてあげてー(笑)。ダッフル・コートのままで入っちゃダメだって(爆)。

img086.jpg
今回も“ふわモサ”パディントンで読みました。いい感じの後ろ姿です(笑)。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:2,654,985語
関連記事

コメントの投稿

Private :

No title

りとるさん、こんばんは♪
わたし、この本読んだとこがあります!
なのに、どうしても、内容が思い出せない・・・。
もう一度借りてみようと思います。
りとるさんお気に入りのパディントン、いつかチャレンジしてみたいなー、なんて思ってます^^
(なかなか手強そうですがw)
今年一年、お世話になりました!
来年もよろしくお願いします♪♪

No title

あぁ、書き忘れてしまいました!
(ごめんなさい~)
来年はヒツジ読みに参加させていただけたら・・・♪なんて思っております。
そのときが来ましたらよろしくお願いします^^

★リッカさん★

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします☆
ネタばらしをすると、パディントンが海に行く→海に入る→パペット・ショーを見つける→大騒動、と言う感じですが、思い出されましたか?
パディントンのお話って、見方によれば、騒々しくて少々面倒くさいタイプの人(クマですが・汗)が主人公なので、苦手な方もいるかもなぁって最近思います。シリーズの文体も少し硬い気がするので、最初は読みづらいかもしれませんが、絵本で先にパディントンの性質を知ってると、結構楽しいかもしれません。
おぉ、是非ヒツジ読みでご一緒できればと思います!
リッカさんがヒツジ読みとして読みたいものがあれば、教えてくださいね♪
あ、この際、パディントンの1巻を候補に上げるのも良いかもですね!
持っている方、結構いるかもしれませんし、考慮してみます☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。