スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ:ブログ再開に関して

こんばんは。

先日より多読は、少しずつ再開しておりましたが、ブログの方も再開しようと思います。
まだまだ気持ちの整理が完全に付いていないのですが、何かやっていないと落ち着かないので、こちらも徐々に更新して行こうと思います。とりあえず、休止前に書き貯めていたものを掲載して行きます。

それから、参加しております『英語100時間チャレンジ』の時間カウントを当面自粛し、加えて各種試験の為の学習をすることを止めます。故に、受験も致しません。なので、多読、及び多聴が中心となり、加えて自分なりに模索した学習法や書籍のレポートは行うこととなる予定です。

本調子ではありませんが、多くの洋書を読み、以前と同様、感想等を記載して行ければと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

りとる

追伸:
お休み中にも関わらず、訪問して頂きました、皆様、ありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

Private :

りとるさん、こんばんは。
実は以前のコメントを今日読んで、辛かった日々を知りました。
ペットは飼っているとペットではなく、家族です。
辛い辛い気持ちよく分かります。
いい日々を過ごさせてもらって感謝していても、悲しさは癒える事は
ありませんよね。
私は今でも時々、以前に飼っていた愛犬を思い出して、涙してしまう事あります。
だって、家族だったんだもん。寂しいよ・・・。
でもいずれ私が死んだら、あの子が待っていてくれる!と思うと
今はその時が恐くないかも!って思っています。
その時はジャムも一緒に二匹で待っててくれるかな?!って。
(もちろん、まだまだ先の話ですが…)
なんの慰めにもなりませんね。ごめんなさい。
気が紛れる事を上手に取り入れながら、ゆっくりと過ごしてくださいね。

復活ですね!

前のコメントにRESしようと思いますたが、何を書いてよいのか分からず、何度も書きかけてはやめていますた。。。
少しでも、元気になられてほっとしています。
ムリにさみしいキモチを押さえこむことなく、思い出してあげることが供養にもつながるように思います。
つらいときは、つらいときなりに、また多読することでキモチがまぎれたりするかもしれませんね。
焦らず、マイペースで・・・ビバ!多読!

こんばんは。
私も10年ほど前ですが、モコという犬を飼っていたことがあり9歳で亡くしました。愛犬は彼1匹だけだと思い以後ペットは飼っていないです。今でも思い出すと胸が痛みますが、それでもやっぱり彼と過ごせて良かったなぁと思っております。
辛さ、お察しします。
ブログ再開されるとの事、無理しないようにマイペースで行きましょうね。

りとるさん、こんばんは。
ブログ再開、楽しみに待っておりました、が、無理なさらないでくださいね。
私は今飼ってるわんこが初めての子なのですが、やっぱりただのワンコというより、自分の娘のような気がします。
最後の時間を、りとるさんがずっと一緒にいてくれて、ネルちゃんは嬉しかったんじゃないかな、、、と思います。

こんばんは★

こんばんは、おかえりなさい!
動物は人間より寿命が短いのがやるせないですね。私は犬ではなく5歳の猫を飼っているのですが、あと5年とか、10年で寿命なのかな、と考えただけで辛いです。やはり家族同然なんですよね。
でも、以前テレビで見たのですが、一人暮らしのご主人に先立たれたペットの寂しそうな様子といったらありませんでした。行くあてもなく・・・。動物は泣くことがないので余計に・・・。そう考えると、心を砕いて自分を愛してくれる飼い主に看取られるのが一番幸せなのかな、と思って今から覚悟しているのですが。
そうはいっても辛いですよね。私としてはりとるさんのブログ再開、非常にうれしいのですが、無理せずゆっくり回復していってほしいと思います。

こんにちは~

りとるさん、お帰りなさいです!
私は動物を家族にむかえたことがないのですが、知人の中で俗に言う「みえる」ような方で飼ってらしたネコが数ヶ月前に旅立たれた方がいて、最近お話させてもらったときに「時々ね、遊びに来てるのよ♪」と穏やかに話されていました。
りとるさんがネルちゃんを見守ってらした愛情と同じくネルちゃんもきっとりとるさんのそばにいて見守ってくれるのだろうなと思います。
ブログ再開のお知らせとても嬉しく思いましたが、どうぞご無理なさらずにゆっくりとペースを戻してください。。。!

★nappuさん★

ありがとうございます。
ねる子がお空の向こうに行ってしまった後、近所で散歩をするイヌを見ると辛いのかなぁ・・・って思っていたのですが、それが不思議と全然辛くないんです。うちの母親も同じことを言っており『あ、ねる子はイヌではなく、家族だったんだ』と改めて気付いた次第です。
悲しみや悔い、そして『あの子にちゃんとしてあげていたのだろうか』と言う疑問で、時々、押しつぶされそうになる事もありますが、この気持ちを持ち続けることは、ねる子にとって辛いことかもしれないと思い、出来るだけ“感謝”と言うものに考えを変える努力をしております。
縁があり、必然的に出会えたんだから、またどこかで会える様な気もしています。待っててとは言えませんが、私がお空の向こうへ行った時、出会えると思うと変な感じですが、ちょっと嬉しいですね。

★ペンギン村のペンちゃんさん★

ありがとうございます。
ねる子は、写真を撮られるのがあまり過ぎじゃなかった為、迷惑そうな表情で写っているものが多く、それに関してはかなり笑わせてもらっています。そんな微笑ましいエピソードを母親とも話せるようになって来たので、少しは落ち着いて来たんだと思います。
しかしふとした瞬間、弱くなってしまうことがありますが、何かやっていると少しまぎれるので、自宅にいる際は、もっぱら編み物三昧な日々で、多読が休みがちになってしまっております。面白いお話だと、ガーっと入っていけるのですが、違うと別のことを考え出して、全然読んでいない事態によく陥ります。
それと茅ヶ崎方式に行ってる時が、一番、考えなくて良いかもです(笑)。耳に全意識集中していたら90分(実際120分になっていますが)が、一瞬で過ぎますし(笑)。

★ナラさん★

ありがとうございます。
ナラさんもこの辛い経験をされているのですね。この苦しさ、私が今まで経験したことのない痛さだったので、完全には無理かもしれませんが、少し落ち着き始めております。
ねる子は、私が知っているワンコのイメージを覆してくれた衝撃的なワンコ(吠えない、走らない、飛びつかない、芸をしない等)な為、他のワンコは考えられないです。不運なワンコがたくさんいるので、里親になってみたいと思っていましたが、現状、ねる子は、ナラさんちのモコちゃんと同じく最初で最後のワンコになりそうです。
ゆっくり、生活を以前と同様にはならないと思いますが、戻して行こうと思います。

★リッカさん★

ありがとうございます。
やっぱりワンコとは言え、自分の子供同然ですよね。本当に子供だったら、私は親として失格かもです(汗)。少々甘やかし過ぎましたので。
この経験は、本当に、本当にかけがえのない素晴らしい経験だったと思います。ねる子と出会ったことや過ごした時間は、他のものとは比べ物にならないと思います。自己主張をしないワンコだった為、そこにいて当たり前だったんですが、当たり前を当たり前と思わずもっと接してもよかったかも・・・と思うのですが、ねる子自体、構われるのが面倒くさそうなことが多かった為、それで良かったのかもと、グルグル考えてしまいます。なので、最後も一緒で良かったんだと思う様にしています(これにグルグル考えてしまうのですが・汗)。
ゆっくりと多読のペースも上げて行こうと思います。

★あんずさん★

ありがとうございます。
ねる子が成犬になった頃は、若々しい(でもあまりワンコとしてやる気が感じられない・汗)気がしたのですが、数ヶ月前、ねる子の人間年齢を算出した所、何年も前に私の年齢を越えていることに気付きすごくショックを受けました。ねる子がお空の向こうに行った後、母親と話していたのですが、もしワンコの寿命が私たちと同じくらいだとすると、ねる子が残されることになる可能性もある、あんずさんがご覧になられた番組のようにと。ねる子は虚弱体質で皮膚疾患を煩っており、子供の頃から足が強くない為、ここ数年前から後ろ足を引きずるような歩き方をしておりました。五体満足健康体で産まれて来たワンコでさえ、飼い主が見つからない場合もある世の中で、なかなか難しい問題だと思います。残された側の者として、看取る事はものすごく大きな事で、痛すぎるほど苦しくて仕方がありませんでしたが、彼女が私を必要としてくれていた気がするので、これで良かったんだと思うようにしております。
私も数年前から遅かれ早かれこの時が来るので、覚悟をしておりました。しかし、その事を考えるよりもおもいっきり接したりしていた方が良かったかも、と思っている節もあります。なので可能ならば、あんずさんちのニャンコが、遊びをせがんだ際は、少しだけ延長時間を増やして頂けると嬉しく思います。ニャンコも嬉しいと思いますし(笑)。
まだまだ完全に受け入れるまでには、時間がかかると思いますが、のんびりやって行けたらと思っております。

★なぎさん★

ありがとうございます。
ニャンコを亡くされた方のこと、すごく分ります。実は、私もその6番目のアレを持っている体質なんですが、自分のことに関してめっきりダメなタイプでして(汗)。ただ(信じる信じないは別として)、私を守る側にいることだけは、分っております。これはもしかするとずーっと前からいたのかもしれないのですが、当たり前になっていたので、気付かずにいたのかもしれない・・・けれども今は、そこにいることを感じる事ができます。なのでなぎさんのコメントを読んで『やっぱり、これはねる子なんだなぁ』って確信した次第です。気付きをありがとうございます。
まだまだ頭で考え過ぎてしまう事が多いため、感じることに重きを置けていませんが、時間が経つと出来ると思います。多読をはじめ、いろんなこと、ゆっくり徐々にペースを取り戻せたらと思っております。

遅くなりましたが。。

お帰りなさい。
ねる子ちゃんは、りとるさんを選んでりとるさんの元へやってきたんですよね。きっと。
素敵なご縁ですよね。
最期までいっしょにいられたことを、ねる子ちゃんも喜んでるんじゃないでしょうか。
これからまた少しずつ、無理せずに好きなことを続けていって下さいね。
多読レビューも楽しみにしています。

こんばんは!

りとるさん、お待ちしてました。
辛い日々を過ごしていらっしゃるんですね。
うちにも9歳になるミニチュアダックスがいます。
子供がいないので本当に子供同然です。
最近は歳をとってきたせいか、しょっちゅう具合が悪くなり、
心配なことが多くなってきました。
少しずつ気持ちの整理ができるといいですね。

★しろぱんさん★

ありがとうございます。
今は、ねる子のワンコらしからぬ行動を思い出しては、笑えることも増えてきました。時間という物が解決してくれているのを感じております。
ねる子との出会い、もしペット屋で売れ残っていなければ、うちには来なかっただろうし、普段通り仕事をしていたら、最後を見取れなかっただろうし、と考えるとやっぱり全てが必然だったんだと思います(ここでは記載しませんが、最後の最後までいろんな些細な必然が続きました)。
これを全面に素晴らしいこととして、両手を広げて受け止めるには、まだ少し時間が掛かりますが、やっぱり“感謝”と言う一言なんだろうなって気持ちになって来ております。
多読のペースが、前のようにまだ戻りませんが、その代わりに多聴(映画鑑賞)を行っているので、良しとしています。ぼちぼち、いろんな本を紹介していけたらと思っております。

★Lillyさん★

ありがとうございます。
やっぱり子供、同然ですよね。
うちのねる子は、小さなときからヘルニアや皮膚疾患等を煩い、病院に行く事が多かったので虚弱体質で、外で走ったりすることがあまりなく、家でゴロゴロしているワンコでした。
ワンコも年齢を重ねると、体調が悪かったり寝ている事が多くなるかと思います。そう言う時は、そっとしておき、代わりに元気な時は思いっきり一緒に遊んであげて頂けると私は嬉しく思います。自己主張しないねる子でしたが、構って欲しい時は、時々主張したので、背中をさすってあげていました。そう言う時、あと5分でも多く接していればよかったなぁって、今では後悔しているので、できるだけ一緒に楽しく過ごせる時間をたくさん持って頂けたらと思います。Lillyさんちのワンコも絶対に嬉しいと思います。
ずっと同じ所に立ち止まっていると、ねる子が悲しむかもしれないので、ぼちぼち歩き始めています。まだ時間がかかるかもしれませんが、ゆっくり進んで行こうと思います。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。