スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban  (UK) (Paper) (3)Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (UK) (Paper) (3)
(2000/04/01)
J.K. Rowling

商品詳細を見る

( YL : 7.5、107,253語)

夏休みのある日、ハリーは13歳の誕生日を迎える。あいかわらずハリーを無視するダーズリー一家。さらに悪いことに、おじさんの妹、恐怖のマージおばさんが泊まりに来た。耐えかねて家出するハリーに、恐ろしい事件がふりかかる。脱獄不可能のアズカバンから脱走した囚人がハリーの命を狙っているという。新任のルーピン先生を迎えたホグワーツ校でハリーは魔法使いとしても、人間としてもひとまわりたくましく成長する。さて、今回のヴォオルデモートとの対決は? ~Amazonより~


噂どおり、本当に最後の5章分は、一気に読んでしまいました(ボリューム的に一晩じゃ無理でしたが・汗)。最後の最後は、早く映画版で見てみたい一心で読み切った所もありますが、個人的には、今まで読んだ中では一番面白いと思います(実際、そう言う意見が多いそうですが)。ただ、やっぱり摘み取れていない箇所がいーっぱいあると思います。少しネタバレかもですが、Backbeak(?)と言う“何か”が出て来ますが、最後の最後で『あぁ“コレ”のことだったのね』って指さしましたよ(何を指したのかは、あえて書きません・笑)。

あと、休み休み読んでいたので10万語をスラっと読めるスタミナが欲しいと思いました。と言うのも、最初の伏線とか、忘れていることが多くて・・・『あぁ、あったね、そう言う事』的な状態でした。まぁ、1年間を1冊で綴っており、実際にも3学期になって1学期のことを鮮明に覚えているかと言うと、なかなか難しいので、それで良いしとします(ポジティヴ・笑)。それでは映画版を見ようと思います。

お気に入り度:★★★★★

累計語数:2,511,571語
関連記事
TAG :
Series.HarryPotter

コメントの投稿

Private :

10万語越え!

こんにちは~。
HP3、とうとう読み切られたのですね~おめでとうございます!
10万語・・・確かにスタミナが要りそう。最初の方なんて覚えてないですよね。
きっと再読するときや映画を見た時に、これが伏線だったのかー!みたいな発見があって楽しいかもしれませんね。
私も早く読みたいなー♪まずは年末のHP2ですね。。。

★しろぱんさん★

こんばんは☆
ありがとうございます☆
ダラっといろんな本と並行していたので、特に(汗)。この点は、反省して、次回は、ガッツリ集中して読めればと思っております♪
HPシリーズ、全巻の語数が気になったので、足し算してみたらなんと100万語弱なんですね!とりあえず、厚さからして5巻が25万語っつうのは置いておいて、他が19万語とか17万語弱とかなんですね(汗)。語数的には4巻読み切ってもまだ半分ではないと言う・・・先が長いです(汗)。何はともあれ、年末のヒツジ読みで2巻をより濃く把握できますように☆

おめでとうございます~♪

3巻、読了おめでとうございます!
最後、色々なものがぐるりと回ってカチッとハマったのではないかと思います~。^m^
あぁ、やっぱり早く読めるようになりたいなぁ。(笑)
そうそう、ハリポタ85万語超えてますよねー。しかもこの後の4巻は一気に倍くらいの語数に。。。邦訳版でも4巻からは上下巻の2冊セットになりボリュームがぐぐっと増えていました。
そういえば、ハリポタ3の前の日記のコメント後、宣言通り3作目のDVDを引っ張り出しまして、、、それが見終わったら4も5も気になってしまい。。。(^^ゞ
結局その日は旦那くんが夜遅かったのにかこつけて5作目まで一気に復習してしまいました。あはは。^^;
3巻からは私も映画ベースの記憶が強くなって原作の細かい設定を忘れているのでもう一度楽しめそうな予感がしますので、もし再読の機会がありましたらまたヒツジよろしくお願いいたします。(^^ゞ

★なぎさん★

こんばんは☆
ありがとうございます☆
いやぁ~長かったですよ、もうビックリでしたよ、なかなか終わらなくて(爆)。
なぎさんに前回、『最後は一気読みかも』と言うことを聞いていたにも関わらず、まだまだ余裕々々と読み進めていたら、何とあの方がいきなり現れて(驚)、そこからは、もう必死で(笑)。
あぁ、4巻も5巻も、そしてもうすぐ発売の6巻も映画で見てみたいです!
原書のあの感じを味わうと、映画自体は少々薄味な感じになってしまうのですが、でも、やっぱり原書を読んでからからにしようと思います。その方が原書を読む活力になると思うので(笑)。なるほど、4巻以降は上下巻・・・翻訳版でも読むのが辛そうな予感が(汗)。
是非、2巻の次には3巻のヒツジ読みを。また勝手に解釈している箇所が多々あると思うので、深く追求してみたいです。その時は、よろしくお願いします!
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。