スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paddington

Paddington: My Book of MarmaladePaddington: My Book of Marmalade
(2008/06/02)
Michael Bond

商品詳細を見る

( YL : 4.5、3,746語)

パディントン50周年を記念して発行された、パディントン自身によるマーマレードのお話。お友達のグルーバーさんやバードさんに手伝ってもらいながら、マーマレードの歴史やレシピ、その他マーマレードにまつわるエピソードを掲載したりしております。彼がいかにマーマレードが好きなのかわかります。


第9巻には手を出さなかったものの、やっぱりまたパディントンです(笑)。
この本は、小さめのハードバックの絵本仕様になっているのですが、パディントンを良く知らない方には、全然面白くない本だと思います(汗)。パディントンが、いかにマーマレードを愛し、思い入れがあるのかと言う事を自身で綴っている為、理解しにくい場面が多々あると思うからです。アニメ版かお話をご存知で、彼の行動に寛大な方には、お薦めの作品です(笑)。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:2,404,318語
関連記事

コメントの投稿

Private :

国民の支持を得ています!

 パディントンは本当にマーマレードが好きなんですねぇ。ちなみにどういう食べ方をするのでしょうか?そのまま舐める?パンにつける?
 数年前に「マーマイト」という商品がコマーシャルにパディントンを起用して、国民からものすごいバッシングを受けました。
 りとるさん、このCM見ましたか?
 「パディントンが好きなのは、マーマレードなんだから!」という怒りの抗議が殺到したとか。パディントンのマーマレード好きは英国民の支持率高いですねー!!!

★hinajiroさん★

おはようございます☆
パディントンは、ジャムの瓶にガッツリ前足をつっこんで、それを舐める場合もありますが、大抵はマーマレード・サンドイッチを食べています(あの帽子の下には、いつもemergency用のものが1つ常備されています・笑)。
マーマイトのCMの話を聞いたことがあるのですが、見た事はないんです(汗)。マーマレードを舐めながら、暗黒ペルーからイギリスへ密航したのですから、彼からは切り離せないアイテムだと思うので、それをマーマイトにしてはいかんと思います(ちなみに私はHate Marmite派です・笑)。英国民から反感を買うとは、パディントンの認知度がすごく高いと言う事ですね!
実は、私、マーマレードがあまり好きじゃなかったんですが、初めて英国へ行った際、食べた朝食のマーマレードがあまりにも美味しかったので、以来、見直す様になり、すごく好きになってしまいました(今思えば、white breadが美味しかったのかもしれません・笑)。マーマレード好きになったので、パディントンの気持ちを理解しているのかもしれない・・・なぁんて、思ったりもしております(笑)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。