スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒツジ読み候補本

先日より、ヒツジ読みにふさわしいかもしれない作品を掲載しておけば、読みたい方がいらっしゃった場合、名乗りを上げて頂けるかもしれない・・・と考え、有名どころの作品を候補本として上げてみました。

The Great Blue Yonder

Charlie and the Chocolate Factory
Dustbin Baby
The Illustrated Mum

上記4種は、すでに読了しているものですが、読んだ中でも(私個人の感想ですが)期待を裏切らない作品だと思っております。

Dewey: The Small-Town Library Cat Who Touched the World
The Witches

上記2種は、個人的に読みたい作品です(笑)。もし、これから読もうかなぁって思ってはる方がいらっしゃった場合、一緒に読み進められればと思った次第です。

全6種掲載しましたが、全て必ず実施する必要はありません。参加者が出た場合に、始められればなぁってくらいのスタンスで考えて頂ければ幸いです。

それと、シャーロットも近日開始されると思っておりますので、一番上に掲載されるようにする為に、日付を本日付に替えてみました。

ヒツジ読みブログがタドキストさんの交流の場として、積読本が減ったり(笑)、新たな作家との出合いの場にもなり、少しでも役に立てる事を常々願っております。
関連記事

コメントの投稿

Private :

The Great Blue Yonder

The Great Blue Yonderはいずれ読もうと思って、購入済みなんです。
が、本がたまっているのでまだ1,2ヶ月は無理かな~。
自分の目安ができた頃に、名前を入れようかなって思います。
The Illustrated Mumもめちゃめちゃ気になってるんですけどね。
実はMatilda投げてるので、ちょっとびびってるんです。><

ヒツジ読み♪

The Illustrated Mumは手元にあるので、いつでも読み始められます。
そして図書館猫Deweyは表紙の可愛さに惹かれてずっと前に買いました。私には難しそうなので躊躇してましたが、ヒツジ読みなら頑張れるかもしれません。

いっぱいだー!

こんにちは♪
今日見たらいっぱい募集中があがってたので、うひょひょ~と喜んでいたのですよ。
持ってて読んでないのはThe Illustrated Mumくらいかなぁ~。でも他のも楽しそう。
こういうのがないと、なかなか他の作者さんの本を読まなくなってきてるので、新しい世界に飛び込むのにもいい機会ですよね。
そうそう、もうちょっと先ですけど、300万語記念にハリポタ2をヒツジ読み募集かけようかなぁと思ってたんです。
また後で追加しときます。

★nappuさん★

おはようございます☆
『The Great Blue Yonder』は、個人的にですが、かなり苦戦した作品だったりします(汗)。何度も挫折しましたが、今年の正月にやっと読了できたお話。多分、この作者Alex Shearerの文体が苦手なんだと思います。YLが少し優しいものを何冊か挑戦しましたが、それらも未だに読了できず・・・(汗)。なので、一度、時間がある時にでもパラっと見て頂けると雰囲気が掴めると思います。ちなみに、私の場合ですが、これを読んだ後にMatilda読了できました。なので、Matildaへの架け橋として、是非挑戦して頂けたらと思います☆
『The Illustrated Mum』も手持ちの方が、いらっしゃるので是非々々☆

★いちごパンダさん★

おはようございます☆
『The Illustrated Mum』、すでに入手済ですか!
他のJW作品と比べるとちょっと視点が違うのと、厚さの割には語数が多い(文字が小さい)ので、お話に乗れなければ辛いかもしれないなぁって思ったので、ヒツジ読みの候補に上げてみました。“暗くて重い”お話も、皆で読めば読了できるかなぁって思いまして(笑)。
デューイ、私も表紙買いでした(笑)。
SSSに語数が載っていたので、ちょっと驚いたのですが、YL5クラスなので結構読み進められるかもですよ(ザックリですが、中身を見ても大丈夫そうな予感)。ネコ好きのタドキストさんたちと一緒に読み進めたいと思い、候補に入れて見ました。実は、upした中で一番読みたい作品だったりします。是非、ご一緒したいです☆

★しろぱんさん★

おはようございます☆
そうなんですよ、ヒツジ読みは、他の作家さんの世界を知る事ができるんですよね♪
あとは、やっぱり積読本を読了してみようって言うこともできますよね!
もし本棚にJW作品が眠っていたらば、この機会読了してみませんか、と言うことをお手伝いできるかもしれないと考え、比較的“重い”この2冊を候補に上げてみました。読み始めてみたものの、重くて・・・と言う方がいそうな気がしまして(笑)。もう一回『The Illustrated Mum』は、読み直したいので、ご一緒できることを楽しみにしております☆
おぉーーーーーーっ、HP2なんですね!
私も参加したいです! この間、とりあえず読了した分は、かなり力技だったので(笑)。映画も見たので、是非よろしくお願いします!
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。