スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paddington Bear

PADDINGTON BEAR (Paddington Picture Book)PADDINGTON BEAR (Paddington Picture Book)
(1973/08/12)
Michael Bond

商品詳細を見る

( YL : 1.5、876語)

邦題『くまのパディントン』:駅のホームでブラウンさんにであったパディントンは、人間の家庭の中に夢中でとけこんでいきます。すこしとぼけていて、そそっかしやのパディントン。ゆかいな失敗をくりかえす、そのほほえましい姿に、おもわず笑いがこみあげます。~Amazonより~


絵本シリーズ第1巻。パディントンと言えば、大きな帽子にダッフルコートがトレードマークですが、実は、当初はコートを着ていなかったんです。ちなみに原書でも、あまりコートを来ておらず、帽子も被っていないことが多いので、本当に小さなクマが家にいる感じです。いろんなパディントンのイラストがありますが、この表紙のパディントンが私の一番のお気に入りかと。
原書第1章を簡略化した内容になっているので、パディントンがなぜパディントンと言う名前になったのか、何故ブラウンさんちで生活をしているのか知る事ができます。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:1,844,816語 と 129,120語くらい

※ね、コート来てるでしょ(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

これはかわいい♪

こんにちは♪
この本のイラストのパディントンは優しい感じでかわいいですね。
動画のぬいぐるみパディントンも、少ししか聴き取れませんでしたが(苦笑)りとるさんがパディントンを好きな理由がわかった気がします。
ほんと、いらんことしい、ですね(笑)
アニメのパディントンを見た時、どうしても小さいおじさんに見えてしかたなかったんですよ(これも声のせいかなー)
でも、今更ですが読んでみたくなりました!
まずはこの本ですね~。図書館にあったので、さっそく借りてみます!

★しろぱんさん★

こんばんは☆
このパディントン、ふわもさ(フワフワしていて、モサモサしている)で可愛いですよね♪
あの動画のやつは、ナレーションのおっちゃんの声がこもっているので、聴きづらいと思います(汗)。本当、いらんことしいなんですよ。突っ込みどころ、満載なくらい(笑)。でも純真無垢な為、いつも良い方向に転がるんですよね。天性なのかもしれません。
ちなみにこの動画シリーズでこの駅で会ったお話の続き(パディントン、お風呂に入る←勝手に邦題をつけてみました・汗)があるのですが、ダッフルコートを着たまま入っていたはずです(爆)。機会があれば是非☆
アニメ版は、小さなオッサンに見えますよね(爆)。グルーバーさんも『Mr. Brown』とかって呼んでいたり、ニセの株券を買わされたりと、“幼さ”がないんですよね(汗)。今月からまた再放送してるみたいなんですが、平日の夕方なので見れないんですよね、残念。
パディントンの原書は、ちょっと表現が古めかしいこともあり、読みにくい部分もあるのですが、絵本シリーズは、すごく読みやすかったです。読んだあかつきには、是非感想を聞かせて頂けたらと思います☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。