スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検準1級:2009年第1回

2009年度第1回の英検準1級を受けたのですが、結果、不合格でした(汗)。
今回、試験勉強に費やした時間は、約3ヶ月、内1ヶ月ほどイギリスに行っていたので、実質2ヶ月ほどです。
対策として行ったのは、過去問とPASS単を使った語彙拡張。あとは先生に解答を解説してもらったり、長文の読み方を教わり、エッセイの添削をやってもらいました。

※16Aug09 : タイトルを替えました。
とりあえず結果は不合格Aだったのですが、対策を始めた頃の点数と比べるとかなり上がったので、その点に関しては先生も褒めてくださりました(始めた当初は恐ろしく出来なかったので・爆)。
配点は以下の通り。

語彙・熟語・文法:13/25
空欄補充:0/6
内容把握:8/20
会話文:7/12
一般文:20/22
作文:10/14
合計:58/99(合格点:66点)

で、言い訳なんですが、受験当時、未だかつて無いほど、何かプレッシャーと言うものに押しつぶされそうになって、手がガクガク震えたのを覚えています。今までいろんな試験を受けましたが、こんな体験は初めてでした。なので、英作文を記入する際には、鉛筆に力が入らず、『本当、ミミズみたいな字を人間は書けるんだなぁ』と思った次第です(苦笑)。それから時間配分を、何故かTOEICと間違えて、75分で解く練習をしていたのですが、実際には90分。15分も余分にあると余裕をぶっこいて、最後に残した空欄問題をかなり斜め読みで解く羽目に(故に正解数0です・泣)。

そんな状態だったので、反省点がいっぱいありますが、自分を褒めるべきこともありました。
それはリスニングです。会話分に関しては、少なく見積もってもあと2問ほど正解していると思ったのですが、一般文の方が、こんな点数になるとは。

ご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、この一般文は各1点合計12点のPart 2と各2点合計10点のPart 3で構成されています。Part 3に関しては、放送の前に、予め情報提供がされているので、ちゃんと聞いていれば確実に取れます(ちなみに今回は満点だったと思います)。そしてPart 2なんですが、これがリスニングの最大の山です。苦手な方がたくさんいると思います。問題用紙には、問題の選択肢しか掲載されておらず、150字程度の英文を一気に聞かされた後に、問題が2問読み上げられるので、その問題の解答を問題用紙から選び出すと言う、まさにリテンション能力を問われるパートです。TOEICと違ってメモ取りが可能なので助かりますが・・・。今回12問中10問正解したのは、対策勉強中には一度も10問正解したことがありませんでした(最高で8個、最低4個、平均6個)。元々、リスニングに対しては変な自信(爆)を持っているので、TOEICにしろ英検にしろほとんど対策をやりません。今回の準1級に関しては、このPart 2の難関を克服する為に2週間を用意しましたが、前日まで不安だったので、もっと早くから始めるべきだったと反省した次第です。しかし、結果が、思った以上によかったので、ちょっと胸を張ってリスニングには自信を持とうと思った次第です。

と、自画自賛な話は、おいて置いて(笑)対策ですが、やっぱり語彙力が大切だと痛感しました。それさえ何とかなれば、後は野となれ山となれかと。TOEICと違って、英検の問題は真っ直ぐです。ひねりとかほとんど無いと思います。それから2級と比べて、やはり斜め読みは通用しないと実感。やっぱり頭から読み解く読解力が必要かと。この読解にはサイトラが有効だと思います。あとは、パラグラフ毎にサマライズできればかなり良いかと。

これは先生に聞いた話ですが、英検ばビジネス英語云々よりもアカデミックな内容のものに特化すると良いとのこと。要は世界的に問題になっているようなこと、環境問題などに加え、絶滅品種の何とかな研究や宇宙開発など、同じ時事的なものの中でもこの手の文章に慣れると良いそうです。それと、現在準1級の問題で出てくる一部の語彙は、数年前まで1級でお目にかかったものだそうです。と言うことは、準1級のレベルが毎年上がって来ていると言う意味なので、1級の計り知れないレベルの高さは、いつまで経っても縮まらないのかもしれませんね(って、現在挑戦しようとは全く思っていませんが・・・無理・汗)。

あと、これは私のお勧めなのですが、もし、1年、又は2年後に英検を受験しようかなぁって思っている方は、試験の改定がある恐れがありますが、過去問題を今から収集し始めることをお勧めします。と言うのは、英検のサイトでは最新の受験を含む計3回分しか提供してくれないので、過去のものを入手することが不可能になるからです。まぁ、過去問題集が発売されているから良いのですが・・・。しかし、その過去問題集の場合、リスニングのセクションで一部説明が省略されている部分があったので、本番と同様のリズムで行うことができません。なので、問題はともかく、リスニングだけでもオリジナルのファイルを収集しておくと本番と同様に使用することが可能かと。余裕がある方は、Part毎に分けられたものも一緒に収集を(シャドーイングなどの際に使いやすいです)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。