スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Harry Potter and the Philosopher's Stone

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]
(2008/11/19)
ダニエル・ラドクリフルパート・グリント

商品詳細を見る

(字幕なし)

J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化した、数奇な運命を背負った魔法使いの少年の成長と冒険を壮大なスケールで描いた傑作ファンタジー。 ~Amazonより~


読了したので観てみました。Tタヤには、何本か残っていてラッキーでした。原書で読んだばっかりなので、字幕もなしで観ましたが、全然問題ありませんでした。しかし、原書と全然違う描写がけっこうあって、ビックリしました。あと勝手に頭の中で描いていたシーンは私の想像の産物だったことが・・・(爆)。
なので、今度からは原書を読む前に映画を先に見ようと思いました。これには、現在読書中の2巻が少々『ややこしや』な状態なのもあるので、先に見るほうが想像して読みやすくなるかと。とりあえず2巻は、DVDが借りれた時点で観ようと思います。
いやはや、Nevilleくん。彼は完璧Yorkshireな喋りです。それだけでNevilleくん贔屓になってしまいそう(笑)。そうそう、現地の人に聞いた所、このシリーズには多くの方言が使用さいれているとのこと。例えば、原書でもおなじみHagridの奇妙な言葉使い。これはSomersetアクセントで、ロード・オブ・ザ・リングのホビットもこれらしい。Seamusくんは、Irishでもう一人(誰か分からず)は、Scotishだそうです。

これは、どうでも良いことなんですが、Wandの発音について。このWaの音は、私が最も苦手とする音なんですが、このWaの音を私が目指す理想の発音をしてくれたのは、Harry君ことDaniel君だったのですよ(それだけです・汗)。

あとWoodさんが、米語の発音をしている気がしたのですが、役者さんのSean BiggerstaffはGlasgow出身。まだまだ聞き分ける修行が足りませんね(汗)。

ついでにQuirrellことIan Hartは、少し前にCSで放映されていた米国ドラマでは見事な米語を発音していましたが、個人的には英語の発音をする彼のほうが好きです。
関連記事

コメントの投稿

Private :

映画!

こんにちは。
確かに、原書と違う部分がたくさんありますね。
読みながら、ああこれは違ったなぁと思いつつ、その違いがわかるのがうれしかったりして(笑)
りとるさんがなまりまでわかるのがさすが~です。
役者さんも、ちゃんとなまりを意識して演じられてるんですね。
あ、Nevilleくん、大人になってちょっとかっこ良くなってるんですよね。
あんなにどんくさかったのに(笑)Nevilleくんのイメージじゃないわー。

★しろぱんさん★

こんばんは☆
やっとTタヤで見つけました(笑)。2巻も借りたかったのですが、全部(6本分)貸し出し中でした(汗)。ずっと前に見た事があったので、うろ覚えでダニエル君たちが『ワーっ』って話を進めていたんですが(あいまい過ぎ)、自分でも『あれ、あのシーンなかったの?』な所が山ほど(勝手に作り過ぎ・汗)。やっぱり2時間強の時間にこの物語を詰め込むのは無理な話なので、演出上仕方がないんでしょうね・・・。
多分、ネビル君に関してはビンっとアンテナが立ちましたね(笑)。他は、現地の人に教わって『おぉ』と感心した次第です。ネビル君のどこがどうって言う説明は難しいのですが、最後の方でハリー君たちに対して『I'll fight you』な台詞があると思うのですが、カタカナで書くと『アゥル・ファィ・ユ』と言う感じなんですが、この感じがYorkshireな感じかと。
そのネビル君、実はそうらしいですね。現地の人(ってどこの人やねんって感じですが、Yorkshireの隣のLancashireに住んでいる人です)が一度、見かけた事があるらしいのですが、結構カッコよかったらしいですよ。彼曰く、多分、耳や歯をわざとあぁ言う風にして、醜くしていたんだと思う・・・とのことです。大きくなったネビル君、気になります☆

ご覧になったのですね♪

こんばんは~
1巻DVDご覧になったのですね~。(^^)
そうなんですよね。原作とはだいぶメンバーが違ったり削られたりしているんですよね。^^;
なので、実は私も、もし内容をご存じないのであればDVDを先に見られた方が逆に詳しいエピソードを原書で楽しめるのではないかなーとオススメしようかと思っていたところでした。(^^ゞ
きっとドビー君が生き生きとしてくるのではないかと思います♪
12章あたりだと(既にもっと進まれているかもしれないですね。^^;)例の「ジュース」くらいでしょうか。。。
あぁ。。。私も早く読みたい。。。(笑)

★なぎさん★

こんにちは☆
原書のボリュームからすると、2時間くらいに詰め込むのが難しいとは言え、ちょっと好きなシーン等が『あれ?こんなもん?』な風になったり、全く無かったり・・・と。話の結末を先に知ってしまうとは言え、映画版はダイジェストに近いと言うことで、読むと決めたら先にDVDを見る方が良いかもですね☆
そそそ、そのジュース。現在12章を最後まで読んで止めたのですが・・・顔に毛が・・・な感じ?な所です(またギリギリなネタバレなのか?!)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。