スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harry Potter and the Philosopher's Stone(2回目)

Harry Potter and the Philosopher's StoneHarry Potter and the Philosopher's Stone
(2000/02)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

( YL : 6、77,000語)

緑の眼に黒い髪、そして額に稲妻型の傷を持つ、魔法学校1年生のハリー・ポッターが、邪悪な力との運命の対決に打ち勝って行く、夢と冒険、友情の物語。スマーティーズ賞ほか受賞作。 ~Amazonより~


もはや何も言いますまい。この作者は、すごいですよね。子供を傍らにパブでこんな話を書いたというのが、本当素晴らしい(ですよね、確か?!)。今回、3回目、いや多読を始めてから2回目の読了ですが、前回と完全に違います(前回読了したのは2008年2月)。多読に慣れたのと語彙が増えたのとで、理解する度合いが増しました。且つ、読むスピードが恐ろしく速い気がしました。時々、音読をやっていたのですが、読む速度と変わらず読み上げられたので、自分でも驚きました。いやはや、多読を続けていて良かったです(笑)。

それから今回は、一緒に読んでくださった方がいたので、すごく心強かったです。学校へ行った時点で放棄すると予想していたのですが、読了してしまいました。なんともありがたい話です。この物語でもそうですが、本当、同じ方向へ向かえる仲間の存在って重要だと思います。お互いに実際、会ったことがないとは言え、この多読と言う共通のもので成し得た偉業は、素晴らしいものだと思います。本当、楽しかったです。ありがとうございました☆

お気に入り度:★★★★★

累計語数:1,811,331語 と 129,120語くらい
関連記事
TAG :
Series.HarryPotter

コメントの投稿

Private :

読了おめでとうございます♪

おはようございます!
読了、おめでとうございますっ。☆☆☆
というより、まずは本当に本当にありがとうございました!(ToT)
今回はご一緒できたことで私自身も挫折することなく、一番の目標だったハリーで100万語通過を今日この日に実現できました。
のんびりで進まなかったり、途中であたふたし始めたりとムラ気があったにもかかわらず、こちらのペースに合わせて足踏み揃えていただいて・・・。
もう感謝ばかりです。m(__)m
りとるさんにも楽しんでいただけたらと、つぶやきの方で色々と書いて(しかも英語で!)みたことも自身の楽しみになったり、本当に実りの多い100万語でした♪
こんな出会いがあるなんて、多読を始めたころは夢にも思っていなかったので、ホント、感激しています。(>_<)
この後も・・・ぜひ!ご一緒できたらと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします♪足手まといならないように(笑)、日々精進しなくては。。。(笑)(^^ゞ
最後にもう一度、ありがとうございました☆(^o^)

おめでとうございまーす!

おはようございます♪
読了おめでとうございます!
なぎさんと同じく、今日のこの日に読了なんて素敵~♪私も感動しました。
まつりだ~♪
私はおいつけなかったけど(あたりまえ(笑))、ハリポタにチャレンジするきっかけを頂きありがとうございました。
ほんと、同じペースで読んでらっしゃる方がいると、励まされますし、楽しいし、いいですよね。
遠く離れていても、お会いしたことはなくても、こんな風につながっていけるなんてほんと素敵です。

素敵~♪

会ったことなくても、離れていても、本で時間を共有できて
そして、共感できて読了できて…。なんて素敵なんでしょう^^
読んでいて私も嬉しくなりました!
ブログって、たかがブログと侮るなかれ!ですよね。
頑張ってる姿に、パワーや勇気もらったり
コメントで励まされたり…。
一人じゃ煮詰まっちゃう場合も、ブログで継続できてる部分が多いにあります。
これからも、ずっとずっとそんな関係を続けられたら嬉しいですね!

★なぎさん★

こんにちは☆
ありがとうございます、そしてこちらからも・・・
☆★☆ハリー君で100万語通過、おめでとうございます☆★☆
こちらこそ、1回読んでしまっているが故に、途中放棄と言う危険を常にはらんでいたので、併走して頂いたことに対して、非常に感謝しております。ありがとうございました☆
実は、なぎさんと歩調を合わせるの、結構、スリルがあって楽しかったんですよ♪ 覚えていらっしゃるかもしれませんが、一時、かなり進んでしまったことがありました。あやふやに現在どこにいるかとは言いませんでしたが、あの時点で実は、ホグワーツにすでに到着していました(黙っていて、申し訳ありません・泣)。この真実を、読了した際に伝えなければ、心苦しいと思っていたので、ここで告白してしまいました。その後は、つかづ離れず追い越し、追い越されと言う感じで読み進めることができ、これが本当に楽しくて楽しくて。一緒に、このボリュームの本を読み進めることって、すごく価値のあることだと思っていました。本当、多読様々です。この出会いに感謝しています☆
ね、またやりたいですね!足手まといだなんて、そんな(汗)。私は、なぎさんち(英文日記)で補足情報を丁寧に説明して頂いたからこそ、ハリー君の世界の深さが分かりましたし、面白いと思えるようになれました。なので、いつも読書の時間を割いてくださっていると思い、逆に申し訳なく思っておりました。本当に、本当にありがとうございました。そして、またよろしくお願いします☆

★しろぱんさん★

こんにちは☆
ありがとうございます♪
が、しかし。実は・・・ここでも告白しますが、一昨日読了していまして・・・もう、最後の章が止められずに・・・つい。多分、なぎさんは、本日ブログを更新されるだろうなと予想し、この記事は予約投稿にしておりました。そして今朝、なぎさんちが公開されているのを確認して、投稿予定時刻:7月31日0時(英国時間)に予定通り公開してみました。少々混乱を招く行動だったかと、申し訳ありません(汗)。
私の“浮気読み”が祟り、もしかしてもしかすると、2巻の“まつり”に参加できるかもしれません(汗)。又は、2巻を読了できてしまった場合には、3巻を皆で挑戦できればなぁって勝手に望んでおります。この併走して読むスタイルは、不思議な連帯感を生み、且つ、相乗効果となるので、すごく素敵な方法だと思いました。
そうなんですよね、We've never met each otherなんですよね、でもつながっているんですよね。多読とブログのおかげですよね。こんな時は、なぜか全てのことに感謝したいと思ってしまいます。本当、ありがたいです。

★nappuさん★

こんにちは☆
ありがとうございます♪
本当、一緒に読んで頂けたことに、すごく感謝しています。nappuさんちでも書きましたが、ファンタジー過ぎるお話(ハリー君の場合は、魔法)が、すごく得意と言うわけではないので、いつでも放置することが可能な状態だったのです。しかし、一緒に読んでくださっていると思うと、頑張れましたし、逆に『勇気を与えられてますように』って思うこともできました。この併走読みは、本当素晴らしい効果を生みえる方法だと思いました。なんかこう“併走”とかじゃなくて、“パンダ読み”や“キリン読み”のような素敵なネーミングが思い浮かべれば良いのですが・・・(汗)。
読了に至るまで、ブログを通じて情報交換ができたことが、すごく大きな要因になっていると思います。今の時代だからこそ成し得た業なのかもしれませんね。一緒に読んでいて、ライブ感を感じ、とても良い動機付けを生んだと思います。本当、仲間がいるのは素晴らしいことですよね。nappuさんも機会があれば是非☆ あ、nappuさんがHOLESを読む時に、私もこっそり読んじゃおうかなぁ(笑)。

ハリー君、読了おめでとうございます!
偶然私も1巻を読んでいたところでしたので、なんとなく連帯感が(^^)。(あちこちの本に寄り道していたから、読了はまだ先になりますが)
不思議とこの時期に同じ本を読んでいる人たちがいて、楽しい体験でした♪

★ナラさん★

おはようございます☆
ありがとうございます。ナラさんも読まれていたことを知っていたので、実は、“まつり”に参加されないかなぁってちょっと望んでいました。
会ったことがなければ、直接話したこともない・・・なのに、同じ本を読むと言うことで、不思議な連帯感が生まれたことを感じました。これもきっと多読が素晴らしいから故になんでしょうね♪
機会があれば是非、ナラさんと一緒の本を併走して読んでみたいです☆

全然問題ないですよ~

こんにちはー。(^^ゞ
>実は、ホグワーツにすでに到着していました
あ、なんとなくですが、もしかしたら結構進んでしまわれたかなーとは思っていました。ふふ。(笑)でも、あやふやにして下さっているようだったのと、魔法が苦手とのことだったので(笑)、その辺でペースダウンされることがあれば、ぜひ魔法の楽しさをお伝えしながらご一緒しよう~♪と勝手に想像していたので全然問題ないですよ!(^o^)丿次回に似たようなシチュエーションがあった時は、「あ、進んじゃったー。」でオッケーですので(笑)、気にしないでくださいね♪
その後のつかず離れずは本当に上手くいきましたよね。(^m^)
りとるさんが退屈されないように、かつ自分もペースアップを狙って頑張っていました。効果が上がって本当によかったです♪
次回も楽しみです。(^^)
それと・・・、やっぱりりとるさんは先に読了されてたのですね♪(^o^)
私と同じペースでは最後の追い込みでするっと先に行かれるだろうなと思っていました。さらにわざわざ私のアップまでチェックしていただいてたなんて・・・。もう、お気遣いにうるうるしてしまいます。(>_<)
英国時間の0時なんて!さすがりとるさん!!
実は私は・・・日本時間の7:31にセットしました。(←ちっちゃ。)
本当にもう思い残すことはありません。(笑)
でも、知らなかったとはいえ、りとるさんの英国時間0時投稿のお邪魔にならなくてホントよかったです。(汗)
こんなに面白かった並走読み。。。私も何かネーミングないかと考えてみたんですが、「2人3脚読み」が一番イメージに近かったかなーなんて思いました。
で、人数が増えたら人を増やしちゃうんです。(笑)
例えば、今ここでお話しが出ている本だったら、ハリポタ3巻はしろぱんさんも参加で(←勝手に(笑))「ハリポタ3巻・3人4脚読み」、Holesだったら例えばnappuさんもご一緒に「Holes・4人5脚読み」とか。(笑)
発想元は、たまにテレビでやっている小学生の「30人31脚」なんですが。(^^ゞ
中にはしんどい子がいても両サイドの子がちょっとフォローしてあげたりして、何とかみんなで走り抜けてゴールに倒れこむ!みたいな。。。(笑)
すいません、、、体育会系で。(汗)^^;
でも他にも何かいい案がでるといいなー。
もっと美しくて楽しい感じの。(笑)(←自分にできない発想(笑))
とにもかくにも楽しい多読目指して色々と試行錯誤するのって本当に楽しいですね♪(^o^)丿

★なぎさん★

おはようございます☆
思いっきり進んでしまった件ですが、某試験を終えた当日、暫く多読を控えていたこともあり、一気に2章分を読んでしまったのです。止められずに(汗)。そしてホグワーツに到着した途端、ハタと並走読みのことを思い出し、反省した次第です(汗)。今回のこの企画、私にとっては、何かの記念でもなく前に1度読了もしているので、ただ読了したいと言う気持ちだったんですが、偶然にもなぎさんの100万語への架け橋となっていたので、ちょっと便乗させて頂いた感じでいました。なので、私が読了することよりも、なぎさんが読了することに大きな意味があると思っていたので、少しでもサポート出来ればと常に願っておりました。何度も記載していますが、このペース配分、結構楽しかったんですよ。それになぎさんには、このお話の世界のことを沢山教えて頂けたので、本当、感謝しております。
私の予想だと、なぎさんは7月31日0時(日本時間)に投稿して来るかなぁって(笑)。で、朝一番(6時頃)見た際には、まだ上がっていなかったので、ドキドキしたのですが、会社で更新を確認してホっとした次第です(笑)。
おぉ、2人3脚!これだと“持ちつ持たれつ”な要素が表現されていて、素晴らしいです!
人数が増えても3人4脚、4人5脚と応用が利きますしね♪
3巻3人は、ほぼ確定しているとして(勝手に・笑)、HOLESを4人もありですよね。タイミングが合えば実行可能ですよね。偶然にも、本日、以前、洋書の古本を取り扱っていたBOOKOFFへ行ってみようと思っているので、HOLESも探してみます。手元にあれば、いつでも加勢できますものね☆ あぁ、また楽しくなって来てしまった(笑)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。