スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『Harry Potter』の出演者はすごい。

昨夜、不死鳥のやつ(スミマセン、正式タイトルが分からず・汗)が放送されていましたが、冒頭だけ見ようと思い、チャンネルを変えましたがチンプンカンプン(汗)。やっぱり、第1巻の映画と原書を読んだだけでは、話について行けない事を悟りました。

で、最初の15分程度だけ見たんですが、本当、ワクワクさせられますね。
(多分)テムズ川の上をビューンと行くシーンなんて、『お、ベルファスト号。お、ロンドン・ブリッジっつうことはコレ、国会議事堂じゃない?』と、興奮しました。しかし、もっとランドマークになるものがいっぱいあるはずなのに・・・使用許可が下りなかったのかしら or 架空の場所っぽくしたかったからかなぁ・・・。
と、思った以上に英国を満喫できる作品なので、このシリーズを映画で見たいと思った次第です。それからそれ以外の理由として、この作品には、多くの英国が誇る名優が出演していることに気づいたこと。やぁ、すごい。

※ここから先は、少々、ウンチクな展開をみせます(爆)。
McGonagall先生でおなじみのDame Maggie SmithやSnape先生でおなじみのAlan Rickman等、当初からいるメンバーはとりあえず置いておき、昨日見た15分くらいの間で発見した名優は・・・。

Gary Oldman(Sirius Black)
David Thewlis(Remus Lupin)

の2人ですが、Wikipediaによりますと・・・

Ralph Fiennes(Lord Voldemort)
Helena Bonham Carter(Bellatrix Lestrange)
Emma Thompson(Sybill Patricia Trelawney)

なども出演しているらしい・・・すごい。

その他『あぁ、この人、どこかで見たわよ、えぇっと・・・』な感じではあるのですが、すぐに分からない俳優陣。これはあまり体に良くないので追求したのが以下の方々・・・

Julie Walters(Molly Prewett Weasley)
※映画『リトル・ダンサー』でバレエを教えた先生。
Natalia Tena(Nymphadora Tonks)
※映画『アボウト・ア・ボーイ』で主人公マーカスが好きになったエリー。
Brendan Gleeson(Mad-Eye Moody)
※映画『28日後・・・』でマンチェスターを一緒に目指したハナのお父さん。

あぁ、楽しい(爆)。そしてスッキリしました。分からない事がすぐさまネットで見つけられる昨今。いい時代になりました(笑)。
他の作品にも多くの大物英国俳優が起用されているとのこと。早く、このシリーズを読み進めて、映画で確認したいと言う願望が生まれてしまいました(笑)。さささっと2巻を読んで3巻へ進めますように☆

補足ネタですが、先日の賢者の石の際に、ネビル君ことMatthew Lewisの英語を聞いた時に『この子は絶対にヨークシャー訛りだ』と思ったのですが、今回のこの調査(?)によって、彼がLeeds出身だったことが発覚。今後も彼には注目して行こうと思います(個人的に・笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

そんな楽しみ方もあるんですね!(^^ゞ

こんにちはー♪
なるほど、イギリス好きのりとるさんはそんな楽しみ方をされていたのですね。(^o^)
どんな形にしてもハリポタを楽しんでいただけて嬉しいです♪(笑)
うふふ。
ハリポタの映画は「登場人物をある程度おさえておけば、前の作品をそんなにしっかり把握してなくても適度に楽しめる」のはせいぜい4作目までがギリギリだと思います。^^;
私なんかが見ると、3作目でも原作を知らない人は内容分かるのかなーという感じなんですが(笑)、まだ4作目まではイベント的な要素があるので魔法界ならではの雰囲気が楽しめそうな気がします。
5作目以降は登場人物も増えて内容も複雑なので多少予習が必要かもしれません。。。
なので、、、という訳ではないですが(笑)、ぜひぜひ引き続きHappy Reading♪ハリポタ楽しんでいただけたら嬉しいです~♪(^^)
うちのハリーは授業を受け始めたところです。(^^)
まだ『禁じられた部屋』のワンコには出会っていません。(^^ゞ
追いつけるかなー。

★なぎさん★

こんにちは☆
うちにある映画のDVDは80%以上は、イギリス(合作含)映画だったりするので、この俳優を楽しむ・・・と言う、ある種マニアックな楽しみ方が出来てしまうんですよ(爆)。逆に、なぎさんがイギリス映画を見られた時に『あぁ、この人、ハリー・ポッターで見た!』と言う風に楽しんで頂けたらと思います☆
やっぱり、物語の後半へ行けば行く程、sagaな感じが出てくるのですね♪ よぉし、3巻に着手した時点で4~6巻(7巻も?)を入手しようかと思います。ただ、やっぱりうちの高さ17.8cmのハリー・ポッター・サイズがAmazonや紀伊国屋で見ても見つけられない(ほとんど19cmのやつです)。近所の書店に4巻だけこのサイズのがあったのですが、なぜかボロボロ・・・(汗)。残り4冊を1冊づつ買う事を思えば、予算的にボックスセットとかを買えそうな予感もするのですが・・・とりあえず3巻に着手するまで、悩んでみます。
うちの子は、これからスネイプ先生の授業・・・な所です。今日は、時間的に読めるかわからないので、後からなぎさんを追いかける形になると思います。それではのちほど、どこかの教室で☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。