スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Hot Fuzz

ホットファズ―俺たちスーパーポリスメン!― 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]ホットファズ―俺たちスーパーポリスメン!― 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
(2009/07/08)
レイフ・スポールジム・ブロードベント

商品詳細を見る

エリート刑事がド田舎に左遷!? 平穏そのもので退屈な町だが、どこか 陰気なムードが・・・。 そして、なんとも恐ろしい連続殺人事件 が発生した! ロンドンのエリート警官ニコラス(サイモン・ ペッグ)は仕事が出来過ぎるため、田舎町 に左遷される。事件など起こったことのない、住人の誰もがお互いを知っている、 愛らしく平和で退屈な町だ。新しい相棒の ダニー(ニック・フロスト)は、「バッドボーイズ」などのポリスアクション映画にあこがれ ているが、実際には銃を撃ったこともない。 が、謎の殺人事件が次々と起こり、事故だと主張する同僚たちをよそに、ニコラスと ダニーは犯人に立ち向かう。。。~Amazonより~


前回記事で取り上げ、その前日に前作『Shaun of the Dead』がCSで放映されていたのをちょこっと見たこともあり、無性に見たくなってしまい、本棚から取り出してサクっと見てしまいました。

今回は、字幕なしで果たしてどれくらい理解できるのか調べてみました。とは言え、昨年公開時、劇場で見ているので物語は把握しておりました。やはり早さでついて行けない箇所が多々あるのですが、やっぱり映像があるとそれほど苦ではありませんね。あとswearingは、耳に残りがちでした。単語1つ等で罵声するからかもしれませんが、そこで結構笑えたので楽しかったです(特に警察犬の世話をしている、じいちゃん)。

ちなみに、私は前作『Shaun~』の方が大好きなんですが、両作品とも英国の生活を(非現実的ですが・汗)垣間みれるので、気に入っております。

追記は続きで・・・
13/Jan/10
今回は、監督のエドガー・ライト&サイモン・ペッグのコメンタリー版で見て知ったのですが、主人公・ニコラス・エンジェルの元彼女役(検死官?)は、なんとあのケイト・ブランシェットだったそうです。カメオ出演とは言え、言われないと気付かなかった(マスクと帽子でほとんど顔が映ってないですし)。他、『ロード・オブ・ザ・リング』の監督・ピーター・ジャクソン(サンタ姿の犯人)、ホビット族・ビルボことイアン・ホルム(←この人には気付けず)が出ているそうです(wiki参照)。署長役・ジム・ブロードベントの奥さんの名前を当初アイリスにしていたが「映画『アイリス』でアイリスの夫役を演じてアカデミー賞を取ったのでマズイ」と言う申し出があり、急遽変更したとか。その『アイリス』も鑑賞済なので近日中に更新します。
関連記事

コメントの投稿

Private :

なるほど

「スーパーポリスメン」(笑)はそういうお話なんですねー。
これは前作から見た方がよさそうですね。
今度、レンタル屋さんで探してみます。
と、今日はグリムスもお誕生日仕様ですね~
おめでとうございますe-230
素敵な一年になりますよう、お祈りします♪

★しろぱんさん★

こんばんは☆
『Hot Fuzz』も少々ホラー描写があるのですが、『Shaun of the Dead』は完全にホラー・コメディです。なので、スプラッター系(ホラー全般もですが)が苦手な場合は、お薦めできないのですが、平気ならば是非。すごい日常的(ゾンビが出てくる時点で日常ではないんですけど・爆)で英国人らしい発想がちりばめられている気がするので、楽しめると思います。
ありがとうございます。
しろぱんさん家で見逃したので(こんな風になるとは知らなかったので)、どんなのだったのかなぁって思っておりました。来年の今日、何を考えているのだろうかと考えるとちょっと楽しみです。何が起こるのかしら(笑)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。