スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Bear Called Paddington

A Bear Called PaddingtonA Bear Called Paddington
(2003/11/03)
Michael Bond

商品詳細を見る

( YL :5.5、23,122語)

邦題『くまのパディントン』:南米のペルーからロンドンにやってきたくまのパディントンは、ひょんなことからブラウンさんの一家と暮らしはじめました。ママレードが大好きで、いつも困った事件にまきこまれるけれど、いつも運よく逃れてしまうパディントンは、たちまち街の人気者になります。人気シリーズの第一作。~Amazonより~


シリーズ第1巻。
現地(Paddington駅)で会った(?)からでしょうか、サクサク進みました。但し、文章が少々硬いのか古いのか分りませんが、わからない単語がちらほらだった為、読みレベル5.5にしては読みにくかった気もします。毎晩CSのパディントンを見ている事もあり、彼を中心に取り巻きの方達も容易に想像できた為、何故かやたらと音読しました。いかにパディントンっぽく台詞を読むか等、ちょっと違う楽しみまで生まれました。続きをいつか読みたいと思う作品です。

ついでにアニメ版のパディントンですが、これは本当に良い教材だと思います。と言うのも、英語版でいつも見ていますが、出演者に合わせた方言がしっかり表現されているからです。パディントンはじめ、ブラウン家の人たちはイギリス英語ですが、アメリカに言った時にカウボーイのレクチャーをしてくれた人たちは、完全にアメリカ英語でしたし、インド系の人が出てくればその訛りで話しています。通常のアニメの場合、そんなに多民族が入り交じることがないのですが、パディントンの場合は、その辺もちゃんと表現されています。

お気に入り度:★★★★☆

累計語数:1,582,452語 と 106,120語くらい
関連記事
TAG :
Series.PaddingtonBear

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。