スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【進行中】The Boy in the Dress

そろそろ多読も本格的に再開しようと思い、入手本を確認。渡英中に途中まで読んだ本が、何冊かありますが、それらよりも読みたいと思ったのがこの本。
購入の際、HarrogateのWHSmithで£12.99で売られていて、迷いましたが辞めて、2日後にYorkの格安本屋で£2.99で入手しました。店によるけどパブでしっかりとしたロースト・ビーフを食べても£10ならお釣りが出ると思います。今回の入手本でこれが一番、得をしたと思った代物です。

予備知識が無いので本の内容はまだまだ分かりませんが、おかあさんが出て行った家庭のお話で、そこの次男が主人公のようです。まだ第1章しか読んでないので、なんとも。読みレベルとしては4前後。挿絵はDahl氏の作品で有名なQuentin Blake。

作者のDavid Walliamsですが、一部、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、BBCコメディ、Little Britainの背の高い方です。彼が書いた児童書なので、とても興味が湧き購入しました。私のはハードバックですが6月の下旬にはペーパーバック版が発売されるようです。
The Boy in the DressThe Boy in the Dress
(2008/10/01)
David Walliams

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。