スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

James and the Giant Peach

James and the Giant PeachJames and the Giant Peach
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

( YL : 5.5、27,552語)

邦題『おばけ桃の冒険(おばけ桃が行く)』:事故で両親を亡くしたジェームズ・ヘンリー・トロッター少年は、2人の意地悪なおばさんと一緒に暮らさなくてはならなくなった。そんなある日、ジェームズは、深緑色のスーツを着た1人のおじいさんから、魔法の水晶玉の入った袋をもらう。ところが、ジェームズはあやまって水晶玉を庭の枯れた桃の木にこぼしてしまう。しかし、これがジェームズの冒険の始まりだった。 ~Amazonより~


10年程前、当時崇拝していたティム・バートンが映画化していたので、物語のほとんどを把握しています(劇場まで見に行きましたし)。彼はDAHL作品を2回も撮っていたと言う事に、最近気づいた所です(笑)。

ほのぼの(?)としたおとぎ話のようでした。なのでDahl特有のブラックな感じがあまりありませんでした。ただ子供達は、大好きなお話だと思います。それから気づいたのですが、単語が少し古めかしい気がするのですが・・・?現代(口)語ではあまり使用しないかもしれない単語が多く出て来たような・・・気のせいでしょうか?(汗)
関連記事
TAG :
RoaldDahl.YL:5

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。