スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学ぶ方法を見直してみた

教本を読んでみては『ほぉ、なるほど~・・・ほほぉ』等と言いつつ、ノートにポイントを書いてはいるのですが、果たしてこの方法をずっと行い、実際に頭に入っているかどうかと言う事を問うてみた所『自信無し、これは右から左に抜け落ちている気がしないでもないぞぉ』ってことに気がつきました。

で、何か良い方法が無いかと思いまして『学生さんには、予習をしておき、実際の授業で復習を行うことを薦めています』と言う事を昨日、目を通した英検の記事に記載されていた事を思い出し、やはり予習復習のプロセスはいつの時代になっても大事なんだという事を考えました。

そこで登場したのが『スワンとウォルターのオックスフォード実用英文法―パートA:動詞と時制 (Obunsha ELT Books)』と『スワンとウォルターのオックスフォード実用英文法―パートB:修飾と接続 (Obunsha ELT Books)』。いつかね・・・ちゃんと文法をね・・・やろうと思って買って、放置していたものです(爆)。この本の良い所は、必要な所以外は飛ばして使用できると言うことなんです。実際に、先日、関係代名詞に関して教本で学んだので、パートBの8章から私は、始めました。

効率が良いのかどうかは、微妙なんですが、右から左へ抜け落ちるのを、少しは防げる気がするので当分は、この方法で学んで行こうと思います。

あと、問題は、語彙力。単語がなかなか覚えられません。『英検プラス単熟語2級―文で覚える』を眺めているだけじゃ、覚えないですよね(汗)。ケチってCDを買っていないんですが、やっぱり買って音読した方が、良いのかな。自分流の単語帳も作ってますが、知らない単語が多過ぎて追いつきません(爆)。あぁ、ちょっと心配になってきた・・・と、心配している時間があるんなら単語1個だけでも覚えようっと。

追伸:今まで、このような状況に陥ると、強迫観念の方が勝ってしまい、結局、身が入らなかったのですが、若干、楽しんでやっているので、今回は、苦痛ではないです(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。