スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再読:Charlie and the Chocolate Factory(2回目)

Charlie and the Chocolate Factory (My Roald Dahl)Charlie and the Chocolate Factory (My Roald Dahl)
(2007/09/06)
Roald Dahl

商品詳細を見る

( YL : 4.5、29,743語)

邦題『チョコレート工場の秘密』:チャーリーが住んでいる町に、チョコレート工場がある。世界一広大で、世界一有名なワンカの工場。働く人たちの姿をだれも見たことがない、ナゾの工場!そこへ、五人の子供たちが招待されることになった。招待状の入ったチョコレートは、世界にたったの五枚。大騒ぎになったけれど、チャーリーには望みがない。貧しいチャーリーがチョコレートを口にするのは、一年に一度、誕生日に、一枚だけなのだから…。~Amazonより~


再読第3弾は『チョコレート工場』。続編の『ガラスのエレベータ』を読む為に読みました。ただやっぱりこのお話はすごい面白い。読むのが本当に楽しくなります。ボリュームがそこそこあるので、新たなる発見がありました。そして、飛ばし読みの箇所が減っていました。まだこの作品を読まれてない方は、1月下旬、又は末から読み出される事をお薦めします。若干、臨場感が溢れると思います。

りとる版読みれべる:とても読みやすい
かなり早い段階でペースに乗れる為、その勢いで読み薦められます。ただ中盤からはOompa-Loompaの歌が少々面倒くさい感じがします。これは nursery rhymeと思って読み流す方が楽です。あと、Charlie目線だけでなくGranpa Joe目線で読むとある意味このじいちゃんの為に書かれたお話っぽく感じます(じいちゃん楽しみ過ぎの為・笑)。


※うちのDahl作品は10冊のボックスセットな為、1冊約400円程度の計算になるのですが、現在、この形は廃盤なのか、見当たりません。代わりに6冊入りのを発見しましたが、あまりお得感がありませんでした。その他、『チョコレート工場』と『ガラスのエレベータ』が1冊になったものが存在します。

累計語数:1,196,114語
最近では、Johnny Depp版の『チョコレート工場』が有名ですが、私は約40年前に作成された『夢のチョコレート工場(日本でもDVDになっていた様子)』の方が好きです。70年代と言う時代だけにサイケ調ですが、原作に忠実で(途中で『えぇっ!』っつう展開はありましたが・汗)カラフルで楽しい映画です(CGもないです・爆)。ちなみに英国、及び米国の同年代(30代)に聞いた所、ほとんど私と同じ意見でDepp版の方は少々やり過ぎだ、と言う意見も聞こえてきました。

さて、そんなことも手伝ってか、読書中の心の中の声優さんたちは、以下のような配役で行われておりました。
Willy Wonka : Gene Wilder、Charlie : Freddie Highmore、Granpa Joe : David Kelly、その他:適当な英国人、ナレーション(?):うちの先生
男の人がナレーションの場合は、だいたいうちの先生です(笑)。Freddieは絶対に外せません!この配役のまま『ガラスのエレベータ』を読み切ろうと思います。

余談の余談:
今IMDBを調べた所、『夢のチョコレート工場』の脚本はDahl自身がやっているようです。それから来年公開かどうかわかりませんが『Fantastic Mr. FOX』が映画化されるようです。ちなみに父さんギツネの声優はGeorge Clooneyらしい・・・。
関連記事
TAG :
RoaldDahl.YL:4

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。