スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きおく:2009年3月

多読:
Leo Lionni / Frederick
Arnold Lobel / Mouse Soup
Gene Zion / Harry and the Lady Next Door
Chris Van Allsburg / The Polar Express
Robert Lopshire / I Want to Be Somebody New!
Leo Lionni / Alexander and the Wind-Up Mouse

Nick Hornby / About a Boy

絵本:6冊
GR:1冊
月間語数:26,683語

多聴:
なし

体調不良やらアノ試験やらで、多読に時間を多く作れなかった。4月も渡英で多読をする時間が、かなり減ると思います。折角、滞在するのだから多読ではなく多聴やら多話し(と言うのか知りませんが)を中心に揉まれて来ようと思います。とは言え、空き時間(移動等)が出来れば、きっと読むと思いますが(笑)。
試験:
TOEIC

試験対策:
TOEIC TEST 新公式問題集 Vol.2
TOEICテスト Part7を1問1分で解けるようになる本
PASS単熟語 準1級

取りあえずTOEICの感想ですが、Part 1で『あれ?この問題、前にも聞いたぞ』と言う事を感じ、Part 7でも『これ絶対やったことある』と確信する問題が出題されており、後にネットでも過去問の流用に関する情報が流れていたので、間違いなく流用されていることを確信しました。年1回くらいしか受けない私でも気づいたこの流用って。受験料6000円払っているのに、ねぇ。他、英国英語の男性ナレーター、訛り過ぎだと思いました(笑)。

TOEICの公式を何度も繰り返し行い、途中で若干飽きてしまった為(爆)、準1級の方に取りかかりました。とは言え、PASS単をずら~っと何となく覚えているだけです。本来ならば、この詰め込み的な方法をとりたくないのですが、受験を控えているので行っております・・・が、この方法もやっぱり多読と併用すると効果絶大だと思いました。

読みレベルを例に出して話しますと、現在好んで読んでいるのはYL:5~6なのですが、たまたまなのかわかりませんが、PASS単 準1級で覚えた単語をちらほら見かけます。ちなみに2級レベルの単語は、この読みレベルではたくさん見かける事ができます。英語→日本語と言う方法でだけ覚えると結局使えなかったりしますが、覚えたことを覚えながら多読をすると、文脈からイメージを掴めるので、かなり定着率が違います。ここでもまた多読の効果ありだと言う事が十分にわかりました。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。