スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読の世界の英国

あと3章以上残っているCandyflossをしばらく放置し、急に思い立ったが如く、今晩からHarry Potterの1巻の第6章(Hogwartsに到着する前)まで読む事にしました。理由は、来月の渡英の際、到着して即Kings Cross駅に移動し、電車に揺られて北を目指すからなのです(帰りも立ち寄るんですけど・・・)。折角、立ち寄る駅なので、少し予備知識を高めるためにももう一度読んでおこうと思ったからなのです。

他にも、Jacqueline Wilson本に比較的よく出て来るWaterloo駅やPaddington Bearが発見されたPaddington駅。他、ディケンズの家やブロンテゆかりの地に行く予定です(ディケンズもブロンテも読んだ事ありませんが・爆)。多読をやっててよく耳にするのはLondonの名所なのですが、半月も滞在する割には観光に使える時間は1日半なので、どこまで見れるか微妙です(汗)。あとは、有名所のスーパーマーケットとか回って、お菓子類を楽しんでみようと思います(これは、Jacqueline Wilson本に効果ありかと)。

前回の渡英が、多読を始めるずっと前なので、多読を始めてからの初めての渡英になります。今後の多読がもっと楽しくなる様に、色んな物を見て感じて体験して来ようと思います。でも、ペーパーバックは一冊も持って行きません。なぜなら、買って帰ってくると思うので(笑)。
Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)Harry Potter and the Philosopher's Stone (UK) (Paper) (1)
(2000/02)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

Private :

いいなぁ~♪

私までウキウキした気分になってきました♪
行く前に色々と読んでおくと
すご~く気分が盛り上がりそうですネ
観光に使えるのが1日半はかなりハードですが
体調管理に気をつけて、英国旅行を満喫してきて下さいネ(*^ω^*)

★pokopuさん★

こんにちは☆
英国作家の本を好んで読んでいるので、この機会に臨場感がもっと溢れる様に、予備知識を高めて来れたらなぁって思っております。私の体験したことを、読書感想と一緒に掲載することで、他のタドキストさんたちにも楽にイメージしながら読んで頂けるようになれればと思ってます。
ロンドン滞在は、移動日を入れて3日間で、そのうち1日半しか観光できなさそうなのですよ(物価が高いのであまり滞在したくなかったりします・・・)。その代わりに、北部・・・と言ってもYorkshire近郊は、バンバン観光しに行きまくります(笑)。あとケンブリッジ近くのNorfolkにも滞在するので、写真をいっぱい撮ってきますね♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。