スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスと音楽。

先日、新規加入したばかりのツタヤで、100円引きクーポンを使用すべく物色していた際、ふと思ったこと。

『ビートルズってさぁ、リバプールと言うよりロンドンだよな』

ぶっちゃけ、裏付けとか一切無しです(爆)。もちろんリバプールは、ビートルズゆかりの街として有名なのですが(行った事ないけどw)、私の中にある彼等の音楽ってロンドンかインド(笑)。要はロンドンのスタジオの屋上で歌ったあの曲やらとシタールの音色が美しいあの曲やらのイメージかと(ちなみに一番好きなアルバムは『リボルバー』です)。

等と考えながら、CDを手に取っては棚に返すと言う作業を繰り返すだけ繰り返して、結局1枚も借りずに帰ってきたのですが、その帰路の際も『◯◯(バンド名)だったら△△(地名)かなぁ、でも△△と言えば・・・』と言う世界から抜け出せませんでした。

続きの方に、私が考え続けたものを記しておこうと思います、と言ってもそんなにガッツリ知っている訳ではないと思いますが、90年代(後半)以降に英国産を好んで聴かれた方だと楽しんで頂けるかもしれません・・・。
それでは・・・

イギリスの音楽発祥の地・・・と言えば、マンチェスター。
マンチェスターと言えば、ゴマンと言うバンドがいると思いますが、やっぱりOasisなんだろうなと思います。でも、私はあえてThe Charlatansかなって思いつつもStone Rosesも捨てられない。とは言え、どのバンドよりもマンチェスターと言えばDovesが好き。後は映画版『About a Boy』のサントラを手掛けたBadly Drawn Boyも良い。そう言えばThe Chemical Brothersってここ出身だっけ?

マンチェスターから東へ1時間の街、リーズ。
ここは、私がイギリスで最も愛する街なのですが、だからと言ってバンドとか・・・ちょっと前ならThe Musicやら最近ならSunshine Underground? いやいや大物を忘れていたよ、Kaiser Chiefs。この人たちのライブ、かなり面白いです。

そのリーズから1時間弱南下した街、シェフィールド。
この街は映画『The Full Monty』で有名かと。実は、エレクトロニカ(昔で言うテクノみたいなもの)で有名なレーベルWARPはこの街が発祥の地だったりします。ちなみに私はAutechreとBoads of Canadaが好きです。バンドならダントツでArctic Monkeys。

シェフィールドから更に南下した所にある、レスター。
Kasabianって、今、どうしているの?

ミッドランド西部と言えば、バーミンガム。
バーミンガムのバンドって・・・Editorsしか思いつかん・・・。

バーミンガムから南西部にある、ブリストル。
ここはトリップ・ホップの聖地。私が好んで聴くのはMassive AttackやPortishead。彼等の曲は90年代の映画でよく使用されていたと思います(特に英国産)。

東に戻って、オックスフォード。
ここはやっぱりRadioheadなんだと思います。彼等には本当驚かされましたから。あと忘れちゃいけないSupergrass。ライブ最高です。

まとめて、イギリス南部。
デボンは、Coldplay。コンウォールは、Haven(彼等はマンチェスター産とも言われていますが、オリジナルはこちらだったはず)。ブライトンは、Fat Boy Slim・・・って、ノーマンはHull(ヨークシャー)ってイメージなんですが(笑)。

その他。スコットランドは、Travis。ウェールズは、Stereophonics。

以上(力つきた・爆)。ロンドンは、バンドが多過ぎて良く分りません(笑)。あと、上記はあくまで私のイメージであって、情報が間違っている場合があります。ご了承ください。

で、何故、こんな事をあの試験の勉強もせずにやっていたかと言うと、来月、12時間くらい飛行機に乗る予定だからなのです。もうちょっとしたら、正式に記載すると思います。その頃には、詳細が明白になると思います。今、現地とやり取りしていますが、何故かなかなか進展しない・・・時差なのか!
関連記事

コメントの投稿

Private :

うお?

りとるさん
イギリス旅行ですか?!出張?でしょうか?
アップされるのを楽しみに^0^
バンドは名前しか良く知らないのですが、
地名で憧れを募らしています。
お世話になった講師たちの出身地があったりで、
にんまり^^したり。

★えむえむさん★

こんばんは☆
えぇーっと・・・修行です(笑)。いつもそうですが、今回も一人旅でして半月程過ごします。しかし、いつもと違ってロンドンから入国する為ドキドキで、且つ電車に乗って即移動するのでちょっと不安なのですが、まぁこれも旅の醍醐味で、行き当たりばったりでもどうにかなる気がします(爆)。
日本の地理はあんまり分らないのですが、英国は憧れが強かったせいか、ガッツリ頭の中に入っています(笑)。イギリスって音楽と密接だから、パブとかでも年齢関係なく皆、楽しんでいるからすごく素敵だと思います。シャンディをガブ飲みして来ようと思います。

いいなぁ~♪

イギリス♪私も今一番行って見たい国です。
以前はアメリカの陽気な所に惹かれてたのですが
最近、と言うか多読を始めて
イギリス英語もいいなぁ~と思い始めました。
私の分まで楽しんで来てください
旅行記事のUP楽しみにしていますヨ(@^∇^@)

★pokopuさん★

こんばんは☆
イギリスに行く予定があったので、あのヒルトンのセールで何も買わなかったのであります(笑)。
行ってからは、英国人のイメージがガラっと変わりました。底抜けに陽気と言う人はいないにしろ、皆、すごく面白い人たちばかりです(道ばたで会う人とかも・笑)。
渡英をした後に多読で英国作家の本を読み、地名やら食べ物やらを見つけたら、ワクワクできる頻度が増すと思います。是非、機会があれば訪れて頂けたらと思います♪ きっといろんなことが変わると思います☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。