スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクスルーと言うもの

英語学習者のブログなんかでよく耳にするこの言葉、私は今ひとつ分っていない気がします。先日、先生と今後の予定を話していた際にも『ブレイクスルーを体験できれば・・・云々』と言う事をを言ってはりましたが、私も遂に体験できるのか、とワクワクしておりました。

しかし、本当に未体験なのかどうかと言う事を考えてみた所、一つ、最近のことで思い当たる節が・・・。先日も書きましたが、現在、読みレベル6の本を読んでおり、お話が面白いからと言う事が、絶対に存在するのは確かです。もちろん、知らない単語がゴマンと出て来ますが、そんなこと、おかまい無しに読み進められるのは、物語の良さもあるかもしれません。しかし、辛さがありません。

よくよく考えてみると、今年に入って以来、読了した児童書の個々の所要時間を考えると、断然昨年読んでいた感触とは違います。これぞ100万語越えの底力なのかもしれませんが、私は一つ、信じたいことがあります。

それは、今年、一番最初に行った“脱・Alex Shearer撃沈”が、私の多読において、現時点でのブレイクスルーだったのかもしれないと。これには、今まで彼の作品を幾度と読了できなかったことや読みレベル6の本を読了できたことに対する“自信”と言う物が存在する気がします。何事にもそうですが、“自信”と言うものを持てると言う事は、色んな意味で良い働きをすると思います。長い間、読みレベル5あたりに停滞していた気もするので、すごく大きな効果をもたらした気さえします。

多読は、習慣化することに意味があると思います。故に、成長が著しく感じられない場合もあるかと思います。でも、よぉ~く考えてみると、わずかながらでも成長しながら、多くのものを蓄積していることに気づけるかと思います。その蓄積したものが溢れ出した時に、ひょっとしたらブレイクスルーと言う物を感じるのかもしれない。

今回が、そのブレイクスルーと言うものだったとしたら、今、私は以前より大きめの容器を用意して、そこにまたどんどん色んなものを蓄積し始めているのかもしれません。今度いつ溢れ出すのか分りませんが、その時を楽しみに多読を続けてみようと思いました。

(また、長文になってしまった・・・しかも日曜日の朝7時なんですけど・爆)
関連記事

コメントの投稿

Private :

感動!

こんにちは、昨日100万語を達成したのですが、
この記事は、何だか私の事?!って思うくらいに
勝手に感動しています。
りとるさんとは悩んでるレベルが違いますが、100万語達成したからって
何も成長していない・・・って感じていたので・・・。
それどころか、この先のレベルにいけるの?!って思っていたので・・・。
ただ、通過本もその前の本も、私にはまだ早いと思っていたけれど
りとるさんと同じように、知らない単語がたくさんあっても、辛さがありませんでした。
そして、これらを読了した事によっての、自信(とっても小さいですが)は
確かにつきました。
今までGRにしがみついてましたが、脱GRもできるのでは?っていう感覚です。
(もちろん、これからもGR中心は変わりないですが)
あ~何だか嬉しいし、楽しくなってきました。
もっともっと読みたいです。(ただ今仕事中~)
これからも、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。

なるほど~

ウンウンとうなづきながら読ませて頂きました。
最近、これでいいのかな・・・と
ふと不安になる時があったんですが、
りとるさんの記事を読ませて頂いて
きっと今の私は蓄積の真っ只中なんだろうな~と
自分なりに納得、ほっとした気分です。
容器からあふれ出る日を楽しみにこれからも
頑張りま~す♪

★nappuさん★

こんばんは☆
100万語おめでとうございます☆ これからどんどん“気づき”と言う物に出合うかと思いますので、是非々々200万語目指してHappy Readingで♪
実は、100万語越えるまでは、色々苦しかったり、何処かで達成しないといけない、なぁんて脅迫観念に囚われて“単語を追っている”様な読み方をしたような記憶があります。70万語越えた辺りまで、習慣として続けてみたのですが、少し辛さを感じで、約2ヶ月間、ほとんど読まなかった時期がありました。読みたくなるまで読まなかったのですが、読むのを止めた時と比べると、勘が鈍っている感じはしたものの、多読を始めた頃と比べると、断然、本を読む事が苦じゃないことに気づきました。要は、気づかなかった多読ができると言うスキルが身についていたってことだと思います。多読って習慣化すればするほど、本当に自分のスキルが見えなくなると思います。逆に言うと習慣化できているから見えないとも言えると思います。もし、何かで読む時間がなかった場合、一度無理して読まずに過ごしてみるのも良いかもしれません。そうすると、再開した際に自分のスキルの高さに気づけるかと思います。
今回、Matildaを読み終えて、レベル6への恐さは克服できたと思いたいです。レベルを上げる時って、ちょっと躊躇しますよね。でも、今回のことで、機が熟せば無理に上げなくとも上がるのかもしれない、と思いました。分らない単語の件も、実際に日本語の本を読む時だって100%理解して読んでないですしね。『100%理解することよりも、原書で読む楽しさ』、これは尊敬するタドキストさんが教えてくれたことだったりします。
GRは、英語を多読で学ぶと言う意味では、優れた教材だと思います。ちなみに、今、お風呂で手持ちのGRを読んでおりますが、この作品の原書を以前に読んでいる為、『おぉ、なるほど、上手く纏めているなぁ』って感心しております。なので、児童書や絵本と合わせてGRを読む事は、すごく良いことだと思います☆ 私も取り入れようかと考え中です(予算的なこともあるので・汗)。
と、少々エラそうに&長々と書いてすみません(汗)。少しでもnappuさんの背中を押せたのなら、とても喜ばしいことだと思います。楽しく多読を続けてそして遂に100万語を通過、nappuさんは、十分に自信を持って良いと思いますよ☆
こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。nappuさんちで見つけた、読みたい絵本は、私の図書館借用本リストに随時追加しております♪
追伸:
私も、会社で100万語を通過した記事を読ませて頂き、こっそりコメント残しました(爆)。家に帰るまでガマンできなかったもんで(笑)。

★pokopuさん★

こんばんは☆
勝手な私の思い込みなんですが『多読は、自分が楽しければそれで良し』だと思っております(笑)。例えば、お気に入りのタドキストさんと同じ本を読んだ場合に、全く違った感想だったとします。これって、すごく面白いと思うのです。どっちが正しいと言う事が、まずありませんし、違う感想を持てたってことは、解釈の違いが生まれた=自分なりに理解することができた、と言う風に考える様にしています(些細なことにもポジティブに・笑)。これも一つの成長かと思います。
実は、事後報告にしようと思っている“ある年行事”のために、英語を(少々こども式から外れるのですが・・・)学んでおります。年行事な為、前回、同じ様なことをやったのが丁度1年ほど前なのですが、著しく変わっている部分があります。これは確実に多読の効能なのですよ。まだ立証ができていないので、とりあえず後ほど報告いたしますが、少々驚いております。これは容器が溢れる云々と言うより、多読様々と言う感じであります。来月中に報告出来る様に努力いたします。
尊敬するタドキストさんが多読は蓄積するものと言うお話を以前されていたのと、尊敬する英語学習者さんが、英語は蓄積と経験できるものよと仰られ、私は実感がなかったので、少々半信半疑でしたが、本当に蓄積されるんだなぁって、今頃になって思える様になりました。
なのでpokopuさんも、楽しく、面白いと思える多読のスタイルでゆっくりとどんどん蓄積して頂けたらと思います。焦らずとも、続けていれば溢れ出す時が絶対にきます。事実、MTHシリーズをちょろっと読んでみて、大丈夫だったことも、もしかすると無意識に溢れ出し、少し大きめの容器に実は替えたのかもしれませんよ。なので、そのシリーズを読み終えた時、何かが変わって見えるかもしれませんね、楽しみです☆
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。