スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読:100万語

忙しい・・・本当に時間を見つけるのが難しい・・・。現在、英語に費やせる時間は1日90分(バスでの通勤時間)。夜も見つけようと思うのですがなかなか・・・今まで週休二日&祝日が長い間当たり前だった為、急に日曜日だけとなると、やることが多すぎて(言い訳かもしれませんが)。加えて、職場にいた通訳さんが先月末をもって契約満了。今後は単発で勤務されるかもしれませんが、彼女にお願いしていた事務仕事と今後やれねばならぬ通訳やら翻訳の可能性を一気に受け取り、本当に疲れています。なので、多読は唯一、現実世界から少しの間、離れられるので本当に、現状私に合った学習(?)法です。

先日のことですが、ようやく多読で100万語を通過できました(詳しくはこちらで)。その裏話と言う訳でもないのですが、それに関して書き記そうと思います。
100万語を到達する為にだけ、多読を始めた訳ではなかったとは言え、この100万語と言うものを目の前にした時に、変なプレッシャーみたいなものを感じたのを覚えています。これは、達成してしまった時点で、何かが完了してしまうのではないかと言う不安と、せっかくの100万語だから記念に残る作品を読もうと言うもの。どちらかと言うと後者にプレッシャーを感じてしまい、途中で数冊挫折してしまいました(挫折した語数を合計すると、すでに越えていたかもしれません・汗)。

読みたい本には変わりがないとは言え、無理やり読んでは、100万語に到達するにあたり、あまり好ましくないと思いました。このままだと一向に100万語を越えることができないと思い、とりあえず100万語に到達しない語数の本を読んでみました。丁度その時に手に入れたのが、Jacqueline Wilsonの『Biscuit Barrel』。これは『Cliffhanger』と『Buried Alive!』が一冊になった作品で、とりあえず前者を読みきれば、少しだけ100万語に近づく。この作戦は、見事に成功、その勢いのまま、後者も読みきることができました。

そして100万語を通過してみても、特に読むことに対してなんら変わりなく、引き続き『次はこれを読もう』と積読本から選んでいます。「なぁんだ、100万語ってこんなもの?」という感じで書いていますが、私にとってはそんな感じがしていました。カッコ良く書くと「語数、云々よりも多読がすごく楽しいから、今後も語数は増え続けるのだろうなぁ」って感じです(笑)。

こんな風に記載すると、誤解を招きかねないと思い、現在実験的に1冊の児童書を再読しております。そして驚いております。丁度35万語を読み終えた頃に読んだものですが、読んでて何かが違います。ひとつ分かることとして、多読にすごく慣れたことによって飛ばし読みがまず得意になったことと、飛ばし読みが確実に減っていることだと思います。前回読んだ際に、どこを飛ばしたかなぁんて覚えていませんが、感覚的に「アレ?」と思えるほど飛ばして読まないで済んでいます。もちろん、和訳した意味は分かりません。体感としてスルスル(?)入ってくる感じです(説明が難しい)。

これが100万語通過した今と35万語通過した時との差なのかも・・・そう思うと、100万語、すごいなぁって思わざる得ません。これを機に手持ちの本を再読してみようと思います。45冊中44冊は自宅にありますから、もう一度読めば200万語を通過しますしね(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

おめでとう

中だるみもなくすんなり通過でしたね。
ほんとに自分に合った方法がみつかったようですね。
これからもがんばれ!

zeas/peasさん♪

ありがとうございます☆

zeaさんにジャッキー本を紹介して頂いていなかったら、まだまだ到達できなかったかもしれません。計45冊で通過したのですが、そのうち15冊、2/3は彼女の作品です。読みやすいから、全く苦にならず、どんどん読みたい衝動にかられてしまいます。代わりに、他の(元々読みにくい)作者の本を読むことが遠ざかりがちです(爆)。

引き続き、楽しく読書、蓄積を続けようと思います♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。