スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読をしていて思う事・・・その後。

先週のSkypeでの会話時に『今日はすごく自然な英語だけど、どうしたの?何かやったの?』てな事を言われました。お互いの都合がつかず、3週間ぶりだった為「はて、久しぶりに私の英語を聞いたからそう思った、又は、励ますためかしらん」と思ったので『いや、何にもしてないよ』と答えました。その後、自分の英語表現に注意してみたら、ちょっと前より反応が速いことに気づきました。

その数日前、英会話の後、先生が駅まで車で送ってくれていた時に『TOEICを受験したことが無い生徒さんに教えて欲しいと言われたけど、マニュアル通りに教えても、その人のTOEICレベルが分らない(TOEIC高得点=英語力でないことを知っている)からちょっと難しいかも・・・云々』と言う話になり、それに答えようと、私が以前いた教室でTOEICクラスに参加した時のことを説明ようと思ったのですが、駅ロータリーの目の前であと30秒ほどしかないと分っていましたが、そのわずかな時間で『私、カナダ人の教室で、あなたと出会う前ね、TOEICのクラスに入ったことがあるのね。その時受けた結果が445点だったんだけど、最高得点の人で670点くらい。こんなに差があって公平に学べる訳ないと思った経験がある』と言うのを説明できて『うん、その通り』と言う答えも貰えました。

実は、これらには正直、自分でも驚きました・・・と、ここまで読むと『多読とどない、関係あるねん』と思う訳ですが、これは完全に多読効果だと思っております。
そのSkype未使用期間に、行ったことが昼休みにボーっとDUOを眺めることと通勤&自宅で読むペーパーバック。3週間の間に4冊、合計10万語以上読んでいたのですが、雑念が有り過ぎて集中できない時は、極力音読するようにしていました(バスの中は無理だけど・汗)。そのお蔭で自分の黙読速度とほぼ変わらない速さで音読できるようになりました(そんなに難しい単語が並んでいないからかもしれない・汗)。

ちょっと前に自分は、単語帳や問題集と睨めっこしながら辿々しく単語を覚え、実践で使用して使い方をちゃんと把握していないので撃沈したり、単語や表現を覚えたことに頭でっかちになって、結局自然に使えるものが『あれ、こんな時に使える表現があったのに、何だっけなぁ・・・』と今まで蓄積したものも見えにくくしてしまうと言う悪影響を与えている気さえしました。

現在読んでいるペーパーバックは、読みレベル4.5の児童書です。この本に出て来た単語“hyacinth”ですが、前後の文章を付けると“actually she was Nylon Nightie tonight, hyacinth blue, with pretty pink ribbons...”何かの色の事、青色に関して表現していることが分ります。私は当初黙読していましたが、即『ハイアシンス・ブルー?(爆)』と音読してしまい、『おぉ、ヒヤシンスの青色か!こんな綴りなんだ、スはthなのか。って言うかヒヤシンスの青色って結構濃いけどそんな寝間着なのか、しかもナイロン製て(笑)』想像力働き過ぎかもしれませんが、少しばかり感動した記憶があります。これが仮に単語帳に“hyacinth(名)ヒヤシンス”と記載されているのを見るだけだと『ヒヤシンスは和製英語じゃないんだ』ぐらいの淡白な記憶になってしまいそうです。

例えば、日本語で“青紫”と言うのを英語で表現したいと思った時“ blue purple”と言うのも一つの手かもしれませんが“hyacinth blue”と言えると、何か漠然とした“blue purple”よりしっかりした色を想像できませんか?

洋書の多読の効果で一番は、こう言うナチュラルな表現を手に入れられることだと思います。だから、私が経験した驚きの体験は、そこから来ているかもしれないと思えてしまいました。
関連記事

コメントの投稿

Private :

すばらしいですね!

お久しぶりです!りとるさんのお話には、いつも頷くことしきりです。

多読の効果は色んなところに表れるのですね。
そういえば、私も以前スクールの貸し出し文庫を(3くらい)読みあさっていた時に先生に褒められたのを思い出しました。自然だ、と。
DUOで一生懸命単語を詰め込んでいた時は、頭の中に蓄積されていたであろう語彙が『私!私を選んで!』と頭の中をぐるぐるぐるぐる、ヒラヒラヒラヒラ舞っているようで、話すのに時間が掛かったり、自信なさげに話していたことに気付きました。りとるさんと同じことでしょうか?(汗)

“hyacinth”、ほう、こう綴るのですね!私もりとるさんに近い読みをしてしまいました。『はやしんす(爆)』。。。文脈から学ぶ、とよく言われますが、はたして単語集の中でこの語が文章の中に取り込まれていても、本で出逢った時ほどの強い印象を残してはくれないでしょうね。

りとるさんのその想像力こそ、源なのではないでしょうか。
何の、と書こうとしましたが、りとるさんのはもうすでに『英語学習』ではない、と思ったので省きます。^-^ 

多読を勧めて下さったりとるさんの先生は、素晴らしいですね☆ネイティブの方なのにノンネイティブの本当のバックアップ法をご存知の先生に私の8年の学習歴の中であまり知りません。きっと他の生徒さんも慕われてらっしゃることでしょう。

長くなりました。また更新楽しみにしています!!^0^

効果抜群ですね。

こんにちは。
短期間にすごい成長ぶりですね。きっと多読って方法がぴったりあったんですね。
わたしも音読学習をやろうと目論んでます。勉強し始めの頃はよく意味もわからず音読をしていていました。音読しているとどこで息継ぎするべきかを考えたりできるのでいいですね。それに口もなめらかになるし。わたしもひとつこれからやるとします。

えむえむさん♪

こんばんは☆

実は今回、本当に多読様々、助けられた気分だったりしています(結構長い低迷期だったので・汗)。以前から多読を行っていたとは言え『100万語目指さなきゃ』とか『あぁ、もう60%位しか理解していない』とか『知らない単語多過ぎ』等、楽しむと言うよりも自分の英語力を計るものとして見ていた部分がありました。でも、もうそんなもの、いらないんです(笑)。もちろん、本によってはスラスラ読めないものも多々あります。けど、よく考えたら日本語の本だってそんなことが多々ありますしね(笑)。多読=本を楽しむと言うスタンスに変えてよかったと、本当に思っております。

そうそう単語帳で覚えた単語って、ヒラヒラ舞っていますよね(笑)。それを掴んでは『うむ~っ』とか、悩んでしまったり。常に宙ぶらりんな状況だったりするので、自信を持って使用で来ませんよね(汗)。

物(グラフィック)を作る人として、元々妄想癖が他の方より強いと思うので、何かを想像することに対して、若干行き過ぎる場合もありますが、それがこの多読には活かされている気がしないでもないです(爆)。

先生は“単語が云々とか文法が云々と言う英語を教えない”と言うのがモットーな為、これは想像ですが、私が試験を受けまくることにもあまり感心していない様子です。『自分が読んでみて少し楽と思えるくらいの本をたくさん読みなさい、あと経済とか社会に関するものとか』と薦められましたが、後者は今の所、楽しめないので聞かなかったことにしています(笑)。

人それぞれ、目指す物が違うし、合う学習法があると思うので、絶対に多読をした方が良いとは言えませんが、時間をかけてじっくりコトコト煮る感じで熟成(蓄積)されていくものだと思うので、即効性はないにしろ、十分な英語力を身に付けられること間違い無しだと思います。

zeas/peasさん♪

こんばんは☆

多分、低迷期脱出とこの効果が重なった事で、大きな成果を生み出した気もします。もともと本の虫ではなく、一般の方よりも書籍を読む性分じゃなかったので、これほど書籍を読み続けているのは、今までの人生で初めての事だったりします。なので自分に一番合った方法なんだと思います。

音読は、まだまだ手探りですが“ポーズをとるべき場所が分る”というより“ここで切ったらダメだ”と言う箇所が分る様になった気がします。何よりも口が滑らかになるのは、事実だと思います。毎日発しないより発する方が断然良いと思いますので、これからも引き続きやってみようかと思います。

お薦めの教材として、ご存知かと思いますが、BBC Learning EnglishのNews about Britainがお薦めです(タダですし・笑)。時々ですが、スクリプトを書き出し、MP3を聞きながらブレスやポーズをチェックしてから音読することを試みます。その後、シャドーイングにも使用できるので、私は一石二鳥の教材だと思っております。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。