スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:28 weeks later

28_weeks_later.jpg

DVD・日本語字幕
2003年、エゲレスのパブにて知り合う人々に『最近見た映画で一番良かったのは?』と聞くと『う~ん、やっぱり“28days later...”かな』と言う返答をかなり多く聞きました(皆、友達の友達だったからかもしれませんが・汗)。その前作は劇場まで足を運びましたが、今作は、DVD待ちになりました。何故ならばDanny Boyleが監督していないからです(指揮はとったらしい)。唯一の救いは、ここ10年程、『私の好きな俳優5人(爆)』に常に含まれるRobert Carlyleが出演していた事です。当初、英語字幕で頑張ろうと設定しましたが、アカン、彼の英語はいつになっても聴き取れません・・・と言う事で、すぐさま日本語字幕に切り替えました(泣)。今回もロンドンが舞台で、サントラがシューゲーザーっぽくて素敵でした。

追伸:Danny Boyleは続編『28months later...』を作ると言っているらしい。今度の舞台はロシア???

※英語と直接、特に関係ありませんが、これもUK- Japan 2008活動の一環です。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ごぶさたです

しばらくイギリスに行っておりました。
ほんとにしばらくぶりにロンドン市内を通りました。(コーチでだけど。)久々に新鮮で今度はロンドンに寄ってみたいななんて思ってます。
前作しか観てないけれど、前半のロンドンの風景は「美しい」でしたね。これはどんなんでしょうか?
カーライルは(役柄にもよるでしょうが)難しかった気がします。スコットランド弁なら(基本誰でも大好きですが特に)ジョン・ハナが好みです。v-238では、では。

zea/peasさん♪

こんばんは☆

おぉ、エゲレスに!うちの先生も今週半ばに帰国した所ですよ。おんなじ飛行機だったら、面白いですね(ちなみKLMです)。

前作の“空っぽのロンドン”はすばらしかったですよね!劇場で見て、しばらくの間、キリアン・マーフィが大好きでした(爆)。今回のは、少しロンドンの風景が映りますが、米軍に隔離して守られているロンドン市民・・・『これは、アメリカ映画?』と若干思わざる得ない感じでした(汗)。前作の様に『マンチェを目指そう!』と言うような夢もないので、本当『カーライル目当てで見ました』と言う感想を持ってしまいました・・・。

ジョン・ハナさんがどの俳優なのかピンとこなかったので、調べてみたら『Four Weddings and a Funeral』のあの人(ゲイ)だったのですね。DVD持っているのに、彼がスコティシュだと全然気づきませんでした。スコットランド弁なら『オペラ座の怪人』ではなく『Dearフランキー』のジェラルド・バトラーが好きです(そんなにスコットランド弁じゃなかったかもしれませんが・汗)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。