スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックカバー、作りました。

P1000781.jpg

鞄の中に放り投げてしまう為、ペーパーバックの表紙が折れたり、痛むことを回避する方法をここ最近考えていました(静かに入れれば良いんですけどね・汗)。紙製のカバーでも良かったのですが、ボロボロになるし、市販の物と思ったのですがピッタリしたものがなかなか無く、日本語とは逆開きなので、この際作る事にしました。フェルトを使用したので、作業時間は約30分。手縫いです。ハリネズミの模様は市販のアイロン・ワッペン(と言うのかどうか知りませんが・笑)。フェルトのサイズが特殊なので少々お値段が掛かりましたが、700円くらいで完成しました。
用意するもの:
45×21cmのフェルト
幅2cm×長さ25cmくらいのリボン(バイヤス・テープでも可)
フェルトと同色のボタン付糸等
※作成するサイズは、一般的なペーパーバック。UK版ダレン・シャンやダール作品(US版の大きい方も可)。ちなみに写真で使用しているのは、ダレンのトリロジーです。

基本的には本屋さんでやってもらえる紙カバーと同じ構造。本のサイズに合わせて(スチーム)アイロンし、表紙が挟まるポケットを左側に作り、裏表紙側は縫いません。裏表紙の内側にリボンを縫います(写真上の白い部分)。そのリボンの下を裏表紙が通るように入れ、フェルトのカバーは内側に折り込んで、同様にリボンの下に挟み込みます(挟み易くする為に、下側を三角形に切る事をお薦めします)。こうすることで、色んな厚さのペーバーバックに対応できると思います。

フェルトなので、糸の処理が必要なく、無地なのでいろんなデザインを自分で楽しめると思います。しおりを縫い付けるのも良いかも知れませんね。それから自分が所持する一番分厚い本で作成することをお薦めします。


・・・と英語と関係ない話、なんですけどね。また作る事があるかもしれないと思い、書き記しました(笑)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

素敵なブックカバーですね!
私も電車の中で読むのが中心なので、紙のブックカバーをカミサンに作ってもらっているのですが、2週間もすると汚れてしまって、新しいものに変えています。
フェルト地もいいですね。

ウェーバーさん♪

おはようございます☆

テキスト関係の冊子は、ボロボロになればなるほど“やった感”が強くて良いのですが、ペーパーバックは、何故か大切にしたと思いました。

多分、小学校の家庭科で作成するくらいのレベルのものなので、子供さんたちと良ければ、今度挑戦してみていただけたらと思います(って、男の子でしたっけ?・汗)。繰り返し使えるのでエコですし、良いと思っております☆

おおー☆

かわいいですね♪
私は、どこでもそのままで読んでいます。
くたっとしたのが読んだ証とばかりに。。(笑)鞄へもポイポイ放り込んでいます。
裁縫のセンスゼロの私にも出来ますかね(??)

えむえむさん♪

今回読んでいるJacqueline Wilsonの本が、届いた時には、ピカピカの新品だったのですが、表紙の角がはげて来たりするのを、日々観察するにあたって、何としてでも保護したい・・・と思ってしまいました(笑)。

このブックカバー・・・実は、縫わなくとも裁縫用ボンドを使用すれば楽勝かもしれません(笑)。縫うものより多少のりしろ部分が必要になるので、大きくし上がると思いますが45×22cmのフェルトでサクっと作成できると思います(昨日、100円均一で大きいフェルト見つけました(私が買ったのは、600円もしたのにぃ・・・恐るべし100均・笑)。

たぶん私は

縫えば、指を縫い、ボンドは自分の指を貼り付けるタイプと思われます。笑 100均ので、他のブロガーさんがマフラーを編みました、と書かれていたのを読んで、カワイイ!と速攻買いに走りましたが、二ヶ月経っても手を付けていません。。ouch.!!

えむえむさん♪

あらら、私も裁縫は得意じゃないですよ(うちの両親がプロ級の腕前なので、子供の頃からトラウマで・汗)。編み物の方が、どちらかと言うと得意ですが、二ヶ月とか・・・二年とかざらにありますよ(爆)。今度の冬こそ2年越しのマーガレット(肩掛け)を編みきろうかと(笑)。英語と一緒でやりたい時に楽しく作るのが一番良いと思いますよ♪
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。