スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン英会話のススメ

昨年10月から、月平均25回(1回25分)の英会話レッスンをオンラインで行っております。人間だれでもそうだと思いますが、やればやるほどこなれて行く・・・良く言えば流暢になると言う事を実感しております。

10年ほど前なら、街の英会話スクールに行かないと、なかなか英語を話す機会がありませんでしたが、今や1回数百円とかで英語を話す機会を自宅にいながら行えるのは、凄い事だと思います。なので、話したい、又は話す事に重きを置いている場合は、とにかく始める事が良いのではないかと思い、個人的に感じた利点を書き記しておこうと思います。
その1:講師を選べる。
街の英会話教室の場合、英語を母国語する講師がたくさん在籍しているとは限らない為、講師を選べない場合があります。それからこれまでの経験では、講師がレッスン中、話し続けて終わらそうとするような方も中にはいました。生徒側のレベルの問題があるかと思いますが、レッスンでは話して(話させて)なんぼと思います。一方、オンライン英会話では、多数の講師の中から選べるので、自分に合った方を探せると思います。もし話させてもらえない場合は、次から選ばなければ良い事なので。

その2:フィリピン人講師が素晴らしい。

「英会話をやるからには、ネイティヴじゃないと」と思っている方もいるかと思います。実際に私も「イギリス人じゃないと」と思っていました。しかし、実際、英語を使って仕事やらを行うと、英米人と携わる事はほとんどなく、タイや中国、韓国などアジア系の方たちと互いに第二言語として英語でコミュニケーションをとることが多いです。そんな中でも、とりわけフィリピンの方たちは、本当親切です。且つ、オンラインで講師をやるような方たちは、それなりに教養のある方なので、手厚く、正確に教えてくださるので、気の合う講師を見つけられれば、効果的にbrush upできると思います。

その3:発音はDVDとかで何とかなる。
上記の分と少しかぶりますが、ネイティヴが良いと言う方たちの中には、発音を気にされているかもしれません。確かにすごく訛っている方もいますが、発音は自分自身で何とかなると思っております。これは実体験でもあるのですが、このブログをご覧いただいている方だとお気づきかもしれませんが、私の場合、イギリスの映画やらドラマをかなりの頻度で見ております。できるだけ英語字幕で見るようにしている為、見ながら発音を真似たりしております。そんな事をほぼ毎日行っていると、次第に発音もイギリス英語になって行く・・・もちろん、自分でも意識して話しております。そんな甲斐あってか、オンラインの講師たちから「日本人の英語ではなく、イギリス英語ですね」と言って頂けるようになりました。なので、DVDとか音源付の書籍、ラジオなんかで発音は改善されるようです。

その4:語彙や文法の勉強は後でも良いと思います。
私の場合ですが、語彙とか文法の勉強よりとにかく話すようになりたいと言う理由で、街の英会話教室に飛び込んだので、ちゃんとした文法は、後から勉強しました。最初はブロークンで全然問題ないと思います。とにかく伝える事をした方が良いと思います。但し、語彙や文法の勉強は、必ずやった方が良いと思います。ブロークンでもある程度、意思疎通ができると「英語ができる人」と言う風潮がありますが、それは利き手が容赦してくれている可能性があります。これも実体験ですが、ちゃんとした英語を話せない人と話したくないと思う方もいらっしゃいます。なので、必ず文法や語彙の拡張を行って改善した方が良いと思います・・・要するに、低価格のオンライン英会話でとにかく始めて、後から勉強しても良いのではないかと言う事です。

その5:日本語のレベルを下げる。

これは昔、英会話を始めた頃にイタリアへ留学した友達に教えてもらった事ですが、日本語のレベルを下げる事で伝えられる事が増えると言う事。オンライン中は、英語頭で英語での回答が鉄則ですが、なかなか難しく、やはり日本語が先に出てくる場合があると思います。その場合は、小難しく考えずシンプルに考える事で、回避できる事があります。例えば「家族を養う為に働きます」の“養う”が分からなかった場合、「家族を食べさせるために働きます」と言えば、講師は適切な表現をチャットボックスを使って教えてくれます。

その6:言い換えて、それっぽい事を伝える。
上記と良く似た感じですが、出て来ない単語をネットの辞書などで調べながら話すと時間がもったいないので、発想の転換をして伝える事をお勧めします。例えば「この遺跡は、紀元前からあります」の“紀元前”が分からなかった場合、「この遺跡は、キリストが生まれる前からあります」と言えば、講師が適切な回答を教えてくれます。

あれ、他にもあった気がするのですが(汗)。
とにかく話すようになりたいと思う場合は、利用価値が高いと思います。なんせ低価格ですし、まず無料体験レッスンを受けて、良さそうなところを探すのが良いと思います。初心者~中級者向けのカリキュラムを用意してくれている所もあるようですので、自分に合った所を見つけて頂けたらと思います。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。