スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【多聴用】「ドラゴンは生きていた!?」

dwff.jpg


National Geographic Channelの番組の様ですが、2012年イギリスとなっておりました。
ファンタジー系の物語やゲームに欠かせないドラゴンの存在。しかし実在したかどうかは不明だったりするので、これまでに残されていた資料などから追及して行きます。

西洋のドラゴンと言えば、イギリスかスカンジナビアかと言う風に、私の勝手なイメージですがそう思い込んでいたのですが、まさにその事に触れられていて、あながち間違えではなかった事が分かりました。バイキングの船がドラゴンを模しており、そのバイキングが上陸したイングランド北部にもドラゴンの伝説は残っており、ダラム聖堂には、なんとドラゴン退治で使用された剣が残っているそうな。あとイングランドの国旗でも有名なSt.ジョージもドラゴン退治に携わったとか、始終ワクワクさせられてしまいました。

英語の方は、ナレータはイギリス英語でない気がしたのですが、専門家はイギリスの方たちなので、ほぼイギリス英語で進行していった感じです。ゲームやファンタジー系のお話が好きな方は、結構楽しめる内容かと思います。

原題:Dragon Wars: Fire and Fury

再放送日:地球ドラマチック
2月9日(日)24:00~ Eテレにて
詳しくはこちらで。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。