スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】A Single Man

シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/03/04)
コリン・ファース、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『シングルマン』:稀代のファッションデザイナー、トム・フォードが初監督を務めたドラマ。16年間共に暮らしたパートナーを交通事故で亡くしたジョージは、悲しみを終らせるために自殺を決意する。しかし、死を決意した瞬間から、世界の見え方が少しずつ変わり始め…。~Amazonより~


ずっと前にAsahi Weeklyで取り上げていたので、DVD化されたら見ようと思っていたにも関わらず、ずっと見ていなかった作品。冒頭からなかなか暗い感じで、舞台がキューバ危機の頃のLAと言うのに、何故か静かで少し物悲しい雰囲気でお話が進んで行きます。

主演は、Colin Firth。先日鑑賞した「裏切りのサーカス」でもそうでしたが、今回の役どころもゲイと言う。彼にそんなイメージがあんまりないのですが・・・あ、でもデビュー作が「アナザー・カントリー」なので、そのイメージもあるのかもしれません(個人的にはいつまで経ってもダーシー卿なんですが・笑)。

共演者は、Julianne MooreやNicholas Hoult。「アバウト・ア・ボーイ」でマーカスを演じた少年、Nicholas Houltが超美男子になってしまっております。個人的には、マーカス君が大人になった感じで大きくなって欲しかったのですが、なかなかの男前になってしまっております。いやぁ、ビックリ。時が経つのが早い。

英語の方ですが、Colin Firthは、英国人教授と言う事で終始イギリス英語なのですが、Nicholas Houltは、ちょっと違う感じでした。もしかしてLAだから米国語寄り変えていたように思います。時々、米国で成功する為に発音を矯正してしまう英国人俳優がいますが、個人的にはやっぱり英国語をずっと話して欲しいと思っています(同じ英語だし、元々英国から渡った言語ですし)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

No title

私も、以前にコレ見ました!!
終始 物悲しい感じがあったような・・・

だけど、ジュリアン・ムーア さすが と思ったのを覚えています。

マーカス君は、先生の所にチョイチョイ来てた青年ですかね?
いや~、全然気づかず・・・

トイレの中で本を読みながら外を眺めるシーンなんて ありましたかね?

・・・・


★giraffer SACHI さん★

こんにちは☆

まさに“どんより”と言う雰囲気が終始漂っている作品ですよね(汗)。

ジュリアン・ムーア、全然変わらないですよね。気になったので幾つなのか調べたくらいです(笑)。そうです、あの学生の男子がマーカス君です。イケメンになり過ぎて、時々、そうなのかと疑問に思ったくらいでした。マーカス君らしくもっさりした感じだったら絶対に気づいたと思います!

トイレから隣人宅を眺めていたら、気づかれてしまって慌てふためくみたいなシーンがありましたね。実在するお家だと言う事をどこかで読みました(wiki?)。あれだけガラス張りだとちょっと恥ずかしいですよね(汗)。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。