スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】Cockneys vs Zombies

ロンドンゾンビ紀行 [DVD]ロンドンゾンビ紀行 [DVD]
(2013/06/05)
アラン・フォード、ハリー・トリーダウェイ 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『ロンドンゾンビ紀行』:都市開発が進むイースト・ロンドン地区の工事現場で、古代遺跡とともに、ゾンビを発見! その一方では、閉鎖の危機に追い込まれた老人ホームを救うため、地元のボンクラ兄弟が銀行強盗計画を進めていた・・・2つの事件が同時に起こった時、ロンドンは前代未聞のパニックに陥る! ?~Amazonより~


やばい。英国・ゾンビ・コメディ、3大要素が詰まっているこの映画が面白くない訳ない。『ショーン・オブ・ザ・デッド』にオマージュを捧げている為、楽しめる要素が満載なのですが、『ショーン~』と比べてしまうと、少々低予算な感じが否めないかと思いました。しかし、じいちゃん、ばあちゃんがマシンガンなどでゾンビに立ち向かう姿は、ちょっと可笑しいと思ってしまうのですが、とても勇敢で素敵です。

そのじいちゃん役のAlan Fordですが、どこかで見たと思い調べた所、「Lock, Stock~」などのGuy Ritchie作品でした。このじいちゃんが老人ホームが閉鎖された後、どうするかと問われた後、「サルどものいるBradfordに行く」的な字幕になっていましたが、サルはサルでもしっかり"Northern Monkey"って言ってはりました(汗)。主人公兄弟の従姉Locksmith、Katy役のMichelle Ryan。彼女もどこかで見たと思い、当初は「Life on Mars」のAnnie役のLiz Whiteと間違えたのですが、なんと「Doctor Who」のシーズン4の後のスペシャル版に出ていたMichelle Ryanだったのです。言われてみれば、確かにそうだわ。

一見、日本での劇場未公開っぽい作品ですが、小規模ながら公開されていたようです。Twitterを通じで、この作品を教えて頂き、DVD化されるのを待っていたのですが、実はAmazon UKのカートには「Cockneys vs Zombies」を追加されており、次回お買い上げと言う状態でした。原題と邦題がここまで違うとなかなかピンと来ないものです(汗)。因みにまだ購入に至っていないのですが、現在UK版だと£3で買えます(送料別)。

英語は原題に入っている通り、Cockneyだったりする為、最初はちょっと面食らいますが、段々慣れてくると思われます。日本劇場公開用のトレーラーを見つけましたので貼っておきます。コメディですが、ホラーで残虐なシーンも多々ありますので、苦手な方はご遠慮頂いた方が良いと思います。

続きまで読んで頂いた方、申し訳ありません。

主役兄弟の兄役のRasmus Hardikerなんですが、個人的にちょっと好きなタイプな為、他の作品も観てみたいと思った次第です。ただ、それほど有名な方ではない様ですので、出演本数がかなり少なく、日本国内で入手できそうなのは「ロード・オブ・クエスト ドラゴンとユニコーンの剣」くらいの様です。英国ドラマには何本か出ているみたいなのですが、どれが良いのかさっぱり分かりません。もしお勧めがありましたら教えて頂けると幸いです。とりあえずAma UKの書評なんかを読んでみようとは思います(DVD化されていなかったりしてw)。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。