スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Notes from a Small Island

Notes from a Small IslandNotes from a Small Island
(1996/08/01)
Bill Bryson

商品詳細を見る

(YL:7.0、104,828語)
今回もAudibleでの聞き読みです。
10万語越えの一般書、且つノンフィクションの為、かなり手強かったです。米国人の作者が奥様の地、英国へ移り住む事になり、今から40年ほど前にドーバーに降り立った所からお話が始まります。ドーバーから南はコーンウォール、北はスコットランドと各地を転々と旅をし、最終的にヨークシャーの自宅に戻るまで各地で様々な方と出会います。

Audibleの音源では、基本的に米国語で吹き込まれていますが、地方の方と話す場合は、その地の訛りを強調した英国語となっております。とは言え、あまり詳しくはないのですが、ウェリッシュやスコティッシュは分かりました(Glasgowは強敵過ぎて分からずw)。

以前に読んだColin Joyceさんの著書で英国人が外から見た英国(「イギリス社会」入門)と同じ感じかと思ったのですが少し違うようで、且つ出版されたのが今から20年前の為、私が英国内で訪れた事のある場所が多々出てきましたが、あまり情景を思い浮かべられませんでした。もちろんクスリと笑わせて頂ける部分もあったのですが、色んな部分でしっくりこない・・・私の理解力にも問題があるかと思います。もう少し読解能力が上がった時にでも再読してみると、もっと楽しめるのかもしれないと思った作品です。
関連記事

コメントの投稿

Private :

ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。