スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】A Single Man

シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/03/04)
コリン・ファース、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『シングルマン』:稀代のファッションデザイナー、トム・フォードが初監督を務めたドラマ。16年間共に暮らしたパートナーを交通事故で亡くしたジョージは、悲しみを終らせるために自殺を決意する。しかし、死を決意した瞬間から、世界の見え方が少しずつ変わり始め…。~Amazonより~


ずっと前にAsahi Weeklyで取り上げていたので、DVD化されたら見ようと思っていたにも関わらず、ずっと見ていなかった作品。冒頭からなかなか暗い感じで、舞台がキューバ危機の頃のLAと言うのに、何故か静かで少し物悲しい雰囲気でお話が進んで行きます。

主演は、Colin Firth。先日鑑賞した「裏切りのサーカス」でもそうでしたが、今回の役どころもゲイと言う。彼にそんなイメージがあんまりないのですが・・・あ、でもデビュー作が「アナザー・カントリー」なので、そのイメージもあるのかもしれません(個人的にはいつまで経ってもダーシー卿なんですが・笑)。

共演者は、Julianne MooreやNicholas Hoult。「アバウト・ア・ボーイ」でマーカスを演じた少年、Nicholas Houltが超美男子になってしまっております。個人的には、マーカス君が大人になった感じで大きくなって欲しかったのですが、なかなかの男前になってしまっております。いやぁ、ビックリ。時が経つのが早い。

英語の方ですが、Colin Firthは、英国人教授と言う事で終始イギリス英語なのですが、Nicholas Houltは、ちょっと違う感じでした。もしかしてLAだから米国語寄り変えていたように思います。時々、米国で成功する為に発音を矯正してしまう英国人俳優がいますが、個人的にはやっぱり英国語をずっと話して欲しいと思っています(同じ英語だし、元々英国から渡った言語ですし)。
スポンサーサイト

【ドラマ】DOCTOR WHO Series 5

Doctor Who: Complete Fifth Season [DVD] [Import]Doctor Who: Complete Fifth Season [DVD] [Import]
(2010/11/09)
Matt Smith、David Tennant 他

商品詳細を見る

DVD・英語字幕

DoctorがDavid Tennant(通称:テナントさん)でなくなって以来、全然観る気になれなかったのですが、英国友が「絶対にMatt Smith版の方が面白いからコレを見ろ」とYouTubeのリンクが送られて来た為、見る羽目に。しかし、なかなか面白いと思ったので、その時点で発売されているシーズン5と6のDVD BOXのみを入手いたしました。

お話は、勧められただけあってすごく面白いです。脚本には、Sherlockの総指揮・脚本を手掛けているMark GatissやSteven Moffatですし、映画『Love Actually』の監督、Richard Curtisが手掛けたお話もあり、ドキドキしたりホロリとさせられたりと十分に楽しめます。

しかし、どこかでテナントさんと比べてしまう自分がいた為、なっかなか続けて鑑賞できず(購入したのは、今年の6月)。楽しめるんですが・・・ビジュアルが好みでない(汗)・・・個人的にやっぱりテナントさんがすごく好み。そんな訳で、現在シーズン1でリジェネレイトするシーンから見直しております(Christopher Ecclestonも嫌いではないのですが・汗)。どんだけ好きやねんって感じです。すでに入手しているシーズン6を合間に見るようにして行こうと思います(シーズン7は、発売前で現在£31とかだったと思うので入手していません)。

第183回TOEIC

通常は、Abilities Measuredが届いてから投稿するようにしているのですが、本日結果を見てビックリしてしまい、且つ「こんなにうれしいことは無い・・・」とTOEICの結果で初めて思ったので、速報として投稿いたしました。

今回も高い電車賃を払って某大学へ。途中から乗って来て隣に座った方が、ガッツリ特急本を開いて勉強してはったので「これから受験ですか?」と妙な仲間意識に駆られて声を掛けそうになったが邪魔をしてはいけないと思い、引き続き寝る事にしました。到着後は、いつもの如く爆睡。ただ、今回より直前のトイレ休憩がなくなってしまった為、それほど眠る事はできませんでした。あと携帯の電源確認とかいろんな事が変更されていました。

受験した教室が巨大な講義室だった為、リスニングが気になりました。少々響く感じではありましたが、座席が前の方でしかも通路側だったので助かったと思いました。今回も前回同様時間が余りましたが、10分弱かと思いきや実際には5分強でした。時計をしっかり合わせたつもりが合わせられていなかったと言う(爆)。体感では、前回よりもリーディングが出来た気がしましたが、思い違いや塗り間違いやらがありそうな気がしたので、浮かれず結果を待つ事にいたしました。

【2013.10.28追記】
Abilities Measuredが届きましたので、パーセンテージと誤答数を追記いたしました。

» Continue Reading

関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語

関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語関谷英里子のビジネスに効く!ポジティブ英語
(2012/03/20)
関谷 英里子

商品詳細を見る

図書館で見つけたので、読んでみました。
昨年、NHKで放送された「ビジネスパーソンのための実践!英語でしゃべらナイト」で講師をされた回を元にビジネスで使用できる英語表現がたくさん掲載されていました。
先日読了した「その英語、こう言いかえればササるのに!」と少し似ているのですが、“その表現が間違っている訳ではないけれど、こう言った方が印象が良い”と言うような感じの為、今回もなかなか良いフレーズにたくさん出合えたので、早速メモ帳に記載した次第です。

すぐに使えそうな英語表現だけでなく、ラジオ講座「入門ビジネス英語」でも聞くことができる「Eriko's Memo」と同様の内容が掲載されており、「なるほどな」と思う事も多々ありました。それからメールでPleaseやI'd likeは1回だけにするために代替表現として使いまわしができる英文が掲載されていたり、ビジネスにおいて英語を使う場合に注意する点なども掲載されているので、これから英語を使う方には役に立つ書籍かと思いました。

【多聴用】“からくり人形”の不思議~元祖ロボットの知られざる歴史

先週土曜日にNHKの「地球ドラマチック」放送された内容ですが、再放送がある為、紹介いたします。

18世紀のヨーロッパで誕生したからくり人形なのですが、番組冒頭で犬の絵を描く少年のからくり人形が登場した瞬間、もう目が離せない状態になってしまいました。元々ムットーニの作品が大好きなので、からくり物にとても興味がある為、くぎ付けになりました。

今年放送されたイギリスの番組な為、副音声はイギリス英語です。しかも驚くほどゆっくり話されているので、聞き取りが難しくありません。もしかするとディクテーションも可能かもしれません。

辞書で“からくり人形”と引くと“wind-up doll”なんて表記されていたのですが、これはどちらかと言うとねじまき人形と言う感じかと。今回、この番組内で“からくり人形”として使われていた単語は“automata”。automaton(名:自動装置、ロボット)と言う単語の複数形でした。副音声で見ることで、こう言った発見ができるので、学べる事が多いと思います。主音声と併用すれば負荷も減りますので、ご興味のある方は是非。

再放送日:
10月20日(日)24:20~ Eテレにて
詳しくはこちらで。

その英語、こう言いかえればササるのに!

関谷さんの書籍はこれで3冊目ですが、新書版と言う事だったので、すぐに読むことができました。

その英語、こう言いかえればササるのに! (青春新書インテリジェンス)その英語、こう言いかえればササるのに! (青春新書インテリジェンス)
(2013/08/02)
関谷英里子

商品詳細を見る


主にビジネスにおいて、言いたいことをどの様に英語で表現するかと言う事に特化した内容となっております。なかなか言えそうで言えないよろしい表現が適度に詰まっており、日本語=英語と言う訳し方(直訳)でなく、発想の転換でこの様に伝えると理解して貰えると言うスタンスで構成されています。なので「あぁ、なるほどな」と言う表現や慣用句が多々あり、思わずフレーズ帳(良いと思った表現を書き記す自分用のノート)に書き記しました。

殆どが簡単な英会話で表現されていますが、ちゃんと堅い言い回しも掲載してくれているので、使い分けも出来ると思いますし、仕事で使っている英語の言い回しがマンネリ化した時になんかに非常に役立つかと思います。

シャーロック・ホームズ特集に関して

holmes.jpg


ご存じの方も多いかと思いますが、今月より「秋の夜長はシャーロック・ホームズ三昧」と言う事で、Jeremy Brett版のシャーロック・ホームズがBSプレミアで放送されております。放送内容は以下の通りです(詳細はこちら)。

毎週土曜日24時30分より、NHK BSプレミアにて。
10月5日 ボヘミアの醜聞
10月12日 踊る人形
10月19日 海軍条約事件
10月26日 美しき自転車乗り

上記とは別に10月27日(日)15時より長編「バスカビル家の犬」の放送もあります。

11月2日には、地上波で「名探偵シャーロックは今も生きている!?」が地球ドラマチックで放送されます。こちらは、Benedict Cumberbatch版も登場する様です(詳細はこちら)。

それから11月4日に、BSプレミアで「“科学捜査官”シャーロック・ホームズ」が世界のドキュメンタリーで放送される予定のようです(前・後編あり)。詳しくはこちらで。

【映画】Underworld

アンダーワールド 期間限定スペシャルプライス [DVD]アンダーワールド 期間限定スペシャルプライス [DVD]
(2006/08/23)
ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン 他

商品詳細を見る

DVD・英語字幕

数百年にわたって戦い続けてきた吸血鬼族と狼男族。そんな中、吸血鬼の女戦士セリーンは、狼男族がマイケルという人間の青年を執拗に追いかけていることに疑問を抱く。陰謀の匂いを嗅ぎ取ったセリーンは、狼男族同様、マイケルを追うが、やがてこのマイケルになぜか心惹かれていく。しかしマイケルがなんと狼男族の君主に噛まれてしまい……。~Amazonより~


【2013.10.6記載】
また再鑑賞しました。こんなに何回も観るんなら、本当DVDを入手しても良い気がしてきた。
先日のヴァン・ヘルシングの世界も良いのですが、私個人としまして、吸血鬼の世界はこのお話のが一番好きかもしれないな。ちゃんと吸血鬼の世界の縦の関係とかあるし、何よりもゴシックな雰囲気が良い。そしてイギリス英語だし。

前回と同じような事を考えながらですが、今回の新たな発見は、吸血鬼側のリーダー(男)の手下の女、エリカ役のSophia Mylesは、何とDoctor WHOのシーズン2でポンパドール夫人を演じたあの女優さんだったのです。Doctor WHOで見た時、「この人どこかで見た記憶あるが・・・」だったのですが、ここで繋がったのでホっとしました。そしてBill Nighyは、相変わらず素敵過ぎた。


【2011.11.24記載】
先日鑑賞した“ビギンズ”のルシアンことMichael Sheenのことが気になったので、何年かぶりに鑑賞しました。やっぱりKate Beckinsaleにクラクラしながらも、「あぁ、なるほどな」と“ビギンズ”のことを思い出したりしながら楽しみました。やっぱり、このゴスっぽい感じがホント良いよなぁ(その雰囲気を強調する為に青みを帯びた映像&英国人俳優を起用しているらしいことがwikiに載っていました・・・うんうんうん、それ何か分かるなぁ)。

えぇ、確かにルシアンはMichael Sheenでしたわ(少々若く、且つ細っそりとしているような)。そしてやっぱり目が行くのは、Bill Nighy。ホント素敵。ただ、こちらもMichael Sheenと同様に少し若い。まぁ、カラッカラに乾燥していた状態に鮮血を注入されたので、生気が漲っているからと言う事で、良しとしよう(笑)。

【映画】Van Helsing

ヴァン・ヘルシング [DVD]ヴァン・ヘルシング [DVD]
(2012/04/13)
ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセイル 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『ヴァン・ヘルシング』:ドラキュラ、フランケンシュタイン、ウルフマン(狼男)、ジキル博士とハイド氏など、古典的な人気モンスターが一同に介したアクション超大作。ドラキュラ伯爵が人間を襲い続けるヨーロッパの町・トランシルバニアで、モンスター・ハンターとして知られるヴァン・ヘルシングがドラキュラ一味との激しい闘いを繰り広げる。~Amazonより~


先日鑑賞した「リーグ・オブ・レジェンド」と少々被るような部分もありますが、本筋はドラキュラ対ヘルシング。そしてWerewolvesも出てきてしまうので、なかなか見ごたえがある作品となっておりました。ただ、ヴァンパイア映画でも化け物に変化するタイプだった為、個人的にはその点ではあんまりでした。

出演者に関してですが、10年ほど前の作品と言う事なので、それぞれが若い。英語は、イギリス人やオーストラリア人の俳優を何人も多用している割には、殆どが東欧訛りで話すと言う(舞台がトランシルヴァニアなので仕方がない)。ドラキュラを演じたRichard Roxburghですが、最近見た記憶があり、思い出してみた所、「リーグ・オブ・レジェンド」のMでした。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中

結構前に読了していたにも関わらず、感想を記載していなかったので、慌てて投稿(関谷さんの他の書籍を読了したもので・汗)。

あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中あなたの英語勉強法がガラリと変わる 同時通訳者の頭の中
(2013/03/27)
関谷英里子

商品詳細を見る


個人的にですが、これまでに通訳の訓練に特化した方法で、いろいろ英語の学習方法を模索して来ましたが、それらをわかり易く掲載してくれたのが、こちらの書籍かと思います。シャドーイング、リテンション、パラフレーズと通常、英会話を学ぶ際にここまでやらなくてもそこそこ意思疎通ができるレベルになるかと思いますが、本当に英語力と言うものを武器にしていこうと思う場合は、これらの訓練は必須になってくるかと思います。

それから「必要なスコアを取ったらTOEIC卒業」と言う事にも、著者がそのツールで儲けようとしている訳ではないようなので、その点もすごく良かったです。実際に、知り合いの通訳さんや茅ヶ崎で英語を使用して仕事をしている方たちからもTOEICを受けたことがない発言を良く耳にします。なので私ももうそろそろ・・・と言いたい所なんですが、月謝割引を維持するためには、少なくとも2年に1度は受験せざるえない状況なので、卒業は残念ながらできません(他の生徒さんにも勧めましたが、受けてまで割引・・・と拒否されましたが・汗)。でも1級取ったら止めても良いかな(いつ取得できるかは未定・・・未知w)。

少々脱線しましたが、本気で英語力を上げたい、英語に特化した仕事をして行きたい、と言う方は読んでみるのも良いかと思います。

【映画】Cockneys vs Zombies

ロンドンゾンビ紀行 [DVD]ロンドンゾンビ紀行 [DVD]
(2013/06/05)
アラン・フォード、ハリー・トリーダウェイ 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『ロンドンゾンビ紀行』:都市開発が進むイースト・ロンドン地区の工事現場で、古代遺跡とともに、ゾンビを発見! その一方では、閉鎖の危機に追い込まれた老人ホームを救うため、地元のボンクラ兄弟が銀行強盗計画を進めていた・・・2つの事件が同時に起こった時、ロンドンは前代未聞のパニックに陥る! ?~Amazonより~


やばい。英国・ゾンビ・コメディ、3大要素が詰まっているこの映画が面白くない訳ない。『ショーン・オブ・ザ・デッド』にオマージュを捧げている為、楽しめる要素が満載なのですが、『ショーン~』と比べてしまうと、少々低予算な感じが否めないかと思いました。しかし、じいちゃん、ばあちゃんがマシンガンなどでゾンビに立ち向かう姿は、ちょっと可笑しいと思ってしまうのですが、とても勇敢で素敵です。

そのじいちゃん役のAlan Fordですが、どこかで見たと思い調べた所、「Lock, Stock~」などのGuy Ritchie作品でした。このじいちゃんが老人ホームが閉鎖された後、どうするかと問われた後、「サルどものいるBradfordに行く」的な字幕になっていましたが、サルはサルでもしっかり"Northern Monkey"って言ってはりました(汗)。主人公兄弟の従姉Locksmith、Katy役のMichelle Ryan。彼女もどこかで見たと思い、当初は「Life on Mars」のAnnie役のLiz Whiteと間違えたのですが、なんと「Doctor Who」のシーズン4の後のスペシャル版に出ていたMichelle Ryanだったのです。言われてみれば、確かにそうだわ。

一見、日本での劇場未公開っぽい作品ですが、小規模ながら公開されていたようです。Twitterを通じで、この作品を教えて頂き、DVD化されるのを待っていたのですが、実はAmazon UKのカートには「Cockneys vs Zombies」を追加されており、次回お買い上げと言う状態でした。原題と邦題がここまで違うとなかなかピンと来ないものです(汗)。因みにまだ購入に至っていないのですが、現在UK版だと£3で買えます(送料別)。

英語は原題に入っている通り、Cockneyだったりする為、最初はちょっと面食らいますが、段々慣れてくると思われます。日本劇場公開用のトレーラーを見つけましたので貼っておきます。コメディですが、ホラーで残虐なシーンも多々ありますので、苦手な方はご遠慮頂いた方が良いと思います。

» Continue Reading

【映画】The Hitchhiker's Guide to the Galaxy

銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]
(2007/09/19)
サム・ロックウェル.モス・デフ.ズーイー・デシャネル.マーティン・フリーマン.ビル・ナイ

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『銀河ヒッチハイク・ガイド』:ある日、突如として上空に現われた巨大宇宙船。ヴォゴン人建設船団と名乗る彼らの目的は、地球を爆破すること。一方的な予告の後、地球の歴史は一瞬にしてその幕を閉じた…。運命のイタズラで “最後の地球人”となった平凡な英国人アーサー・デント(マーティン・フリーマン)は、実は異星人であることが発覚した友人フォード(モス・デフ)と共に、宇宙で生き抜くサバイバル術とクールな風刺に満ちた、銀河系最大のベストセラー=《銀河ヒッチハイク・ガイド》を頼りに、前途多難な旅へと飛び出すことに!そこで待ち受ける不条理にして気が滅入るキャラクターや、常識ではあり得ない事件の数々。そして旅の行く末に明らかになる、地球誕生にまつわる驚愕の《真実》とは…!?~Amazonより~


元々1970年代にBBCのラジオドラマからスタートしたお話で、その後、小説やテレビ版まだ作られそして映画化された作品です。

ご覧になられた方ならわかると思いますが、この独特のテンションというのでしょうか、何とも言えない感じが個人的には、結構ツボでした。すんごい面白いのかと言われると、そうでもないですし、すごくお金がかかっていると言う感じでもない様に思います(センスはとても良いと思いますが)。本当、どう説明すれば良いのでしょうか・・・B級では決してないのですが・・・本当、何とも言えない感じです。

出演者では、主演のMartin Freemanが目を引きますが、大好きなBill Nighyも出ており、且つ声のみの出演ですが、Alan RickmanやHelen Mirren、ナレーションはStephen Fryとなかなかの顔ぶりだったりします。それからWikiで確認して知ったのですが、Edgar Wrightが出てるっぽいです。DVD返却してから知ったので、次回借りた時に確認しようと思います。あと「League of Gentlemen」のぽっちゃり(Steve Pemberton)も冒頭に出てました。
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。