スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】The League of Extraordinary Gentlemen

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い [DVD]リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い [DVD]
(2010/06/25)
ショーン・コネリー、スチュアート・タウンゼント 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』:トム・ソーヤー、ドリアン・グレイなど文学でおなじみの人物が活躍を繰り広げる、ショーン・コネリー主演のアクション大作。~Amazonより~


何回見ても楽しめる為、かなり好きな作品。Sean Conneryが相変わらず素敵なのに加えて、登場する俳優さんの役どころに萌えてしまいます。吸血鬼、透明人間などなど。原作のコミックでは、大英帝国が舞台だったりするので、トム・ソーヤー以外は、イギリス(オーストラリア)英語。いろんな意味でツボだったりします。

俳優さんに関しては、Dorian Gray役のStuart Townsendをどこかで見た気がして、チョロっと調べた所、「ひかりのまち」の弟役(Tim)だと言う事が分かり、スッキリしました。あとM役のRichard Roxburghなんですが、幾つかの作品で見ていると思うのですが、ガッテンが行く作品には辿りつけませんでした。あ、ちなみにこのMなんですが、007のMだとてっきり思い込んだまま見ていたのですが、実はロンドン在中の某探偵の宿敵だった事に今回気づき、興奮した次第です!
スポンサーサイト

【映画】Sherlock Holmes

シャーロック・ホームズ [DVD]シャーロック・ホームズ [DVD]
(2010/11/23)
ロバート・ダウニーJr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『シャーロック・ホームズ』:事件発生! 1891年、ロンドン。進歩する世界の中心地であり、あらゆる悪がはびこるこの街で、若い女性を狙う連続殺人が起きる。不気味な儀式を想わせる手口は謎に包まれ、警察は解決の糸口さえつかめない。最強の頭脳を持つ名探偵! この街には、彼がいる。シャーロック・ホームズ、独自の探偵術を極めた男。超人的な観察力、記憶力、推理力、そして時には拳の力で真相を突き止める。なんと彼は、熟練した武術家でもあった。犯罪との戦いでは、完璧な理論と科学的な根拠はもちろん、格闘能力も最高の武器になるのだ。~Amazonより~


エンターテイメント作品として、楽しめる作品だと思います。
Jude LawやKelly Reillyと好きな俳優陣も出演してしましたし・・・しかし、これは個人的にシャーロック・ホームズは、線が細く、過剰なほど神経質でゲイっぽいのが理想だったりする為、Robert Downey, Jr.だとちょっと骨太な気がしてしまいました(ケンカが強すぎますし、あと途中からRou Reedに見えてきましたし←お好きな方、スミマセン・汗)。監督がGuy Ritchieなので、暴力的な格闘の描写なんかが盛り込まれており、BBCドラマの「Sherlock」と必要がないと思いつつも比較してしまいました。ただ19世紀後半のロンドンで建設中のタワーブリッジや当時のピカデリー・サーカスが映し出されたりしていたので、その頃が舞台の作品を今後読む際にとても参考になると思いました。

あ、そうそう。ブラックウッド卿を演じていたMark Strongは、先日鑑賞した「裏切りのサーカス」で、モグラを探しにハンガリーを訪れて殺されたあの俳優さんでした。

Notes from a Small Island

Notes from a Small IslandNotes from a Small Island
(1996/08/01)
Bill Bryson

商品詳細を見る

(YL:7.0、104,828語)
今回もAudibleでの聞き読みです。
10万語越えの一般書、且つノンフィクションの為、かなり手強かったです。米国人の作者が奥様の地、英国へ移り住む事になり、今から40年ほど前にドーバーに降り立った所からお話が始まります。ドーバーから南はコーンウォール、北はスコットランドと各地を転々と旅をし、最終的にヨークシャーの自宅に戻るまで各地で様々な方と出会います。

Audibleの音源では、基本的に米国語で吹き込まれていますが、地方の方と話す場合は、その地の訛りを強調した英国語となっております。とは言え、あまり詳しくはないのですが、ウェリッシュやスコティッシュは分かりました(Glasgowは強敵過ぎて分からずw)。

以前に読んだColin Joyceさんの著書で英国人が外から見た英国(「イギリス社会」入門)と同じ感じかと思ったのですが少し違うようで、且つ出版されたのが今から20年前の為、私が英国内で訪れた事のある場所が多々出てきましたが、あまり情景を思い浮かべられませんでした。もちろんクスリと笑わせて頂ける部分もあったのですが、色んな部分でしっくりこない・・・私の理解力にも問題があるかと思います。もう少し読解能力が上がった時にでも再読してみると、もっと楽しめるのかもしれないと思った作品です。

【映画】Stormbreaker

アレックス・ライダー [DVD]アレックス・ライダー [DVD]
(2008/02/22)
ユアン・マクレガー、アレックス・ペティファー 他

商品詳細を見る

DVD・字幕なし

邦題『アレックス・ライダー』:アレックス・ライダーは、謎の死を遂げた叔父イアンが英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。幼い頃から語学や格闘技、射撃など、スパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに教えられていたアレックスは、その能力を買われて、史上最年少のMI6諜報員に。IT事業の成功者セイルのロンドン市民700万人抹殺計画を阻止するため、危険なミッションに挑む!!~Amazonより~


先日の「裏切りのサーカス」に引き続き、MI6が舞台の映画です(全然内容が違いますが・・・)。

先日の某オンラインショップの洋書が何故か無料、と言う出来事の際、無料ならこのシリーズに手を出してもイイかもなぁんて考えている内に、無料販売が終了してしまったのですが、そうだ、映画版があったはずだよなって事で見てみました。

少年が007みたいなスパイになるんでしょ、と思いつつ見始めて案の定だったのですが、出演者がなかなか素晴らしかったです・・・と、言ってもそんなに多く出ていないのですが、個人的に大好きなBill Nighyが出ていただけで、見方が変わっただけです。あとEwan McGregorやStephen Fryも出てはりました。あ、それから悪役の案内人みたいな女性、どこかで見たけど思い出せないと鑑賞中は思っていたのですが、「チャーリーとチョコレート工場」のガムをかみ続ける少女の母親役の役者さんと分かりスッキリしました。

主人公のアレックスを演じたAlex Pettyferの事はよく知らないのですが、ちょっとこの役柄には合っていなかった気がしないでもない。モデルでイケメンな感じで申し分無いのですが、ちょっと青年過ぎるような、あと2、3歳若い俳優さんでもよかったのではないかと思ってしまいました(英国青年の一番良い時期だとは思うのですが)。お子様向けの映画だと思いますので、余計に。

The Lottie Project

The Lottie ProjectThe Lottie Project
(2008/11/11)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

(YL:5.5、45,716語)
近年の作品ではないので、てっきり翻訳本があるかと思ったのですが、存在しない様です。
舞台は現在なのですが、学校の課題でヴィクトリア朝の事を調べないといけない事になった為、主人公のCharlieが各章毎に、自分自身で創作した少女Lottieの物語を自分の身の回りで起こる出来事とリンクさせて書いて行くと言う感じでお話が進みます。

1章に2つのお話が存在する為、斬新なんですが、読み進めるとLottieのお話がどうでも良くなってしまう事が多々あり、時々面倒に思えてしまいました。Charlieの行動にイラっとする節もありましたが、彼女の心境が良く表現されていたので、さすがJWと思い、サクっと読了いたしました。

読んでいて、ふと頭をよぎったのがHetty Featherシリーズ。「もしかしたらこの作品があったからこそ生まれたのかなぁって・・・いやいや、だったら主人公はHettyではなく、Lottieのはず・・・」などと思いましたが、同様にイギリスのその時代が良くわからないので、少々想像力に欠けた気がしたので、Lottieの物語を楽しめなかったのかもしれません。

» Continue Reading

TAG :
JacquelineWilson.YL:5

A Street Cat Named Bob: How One Man and His Cat Found Hope on the Streets

A Street Cat Named Bob: How One Man and His Cat Found Hope on the StreetsA Street Cat Named Bob: How One Man and His Cat Found Hope on the Streets
(2012/09/13)
James Bowen

商品詳細を見る

(YL:5.5、65,000語)
Kindleで初めて多読し、読了したいと思った作品です。当初はデバイスに慣れず、ページが進んでしまったり、どっかに行ったりと少々四苦八苦しましたが、この作品を読みことで大分慣れ増した。

ヘロイン中毒でホームレスのJamesが茶トラの迷い猫さん、後にBobと名付けられるニャンコとの運命的な出会いが描かれているノンフィクションです。現在もロンドンの街で彼らを見かけることができる為、お話自体は完結しておらず、実際に続編も出版されています。

ロンドンで当初は路上パフォーマンスで日銭を稼いではりましたが、Bobも同行するようになって、より人々にち注目されて行くようになって行きます・・・が、そう言った事を羨んだり妬んだりされるのが世の常で、いろんな事が起こります(Bobの逃走含む)。

舞台がロンドンなので、滞在された事がある方なら、色んな景色が目に浮かんで楽しめると思います。前回渡英時にロンドンの何処かに居てはったのを知っていれば、探せたのにと思うとちょっと残念です。

これまで読んだニャンコやワンコのノンフィクションとは違い、現存するので、読了後に嫌な感じにならなくて済みました。この続編も入手済ですでに読み始めています。

↓続編はこちら。
The World According to Bob: The Further Adventures of One Man and His Street-wise CatThe World According to Bob: The Further Adventures of One Man and His Street-wise Cat
(2014/03/13)
James Bowen

商品詳細を見る


ノンフィクションで一般書ですが、一部の医学的用語(薬物名とか)や地名、口語的表現を除けば、結構サクサク読み進められると思います。11歳以上向け(児童書版?)で出版された同作品もあるようなので、機会があればどれ位、描写が控えられているのか確認のために読んでみたいと思います(ドラッグの使用部分などが端折られている模様です)。

↓児童書版はこちら。
Bob: No Ordinary CatBob: No Ordinary Cat
(2013/02/14)
James Bowen

商品詳細を見る

【映画】The Best Exotic Marigold Hotel

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]
(2013/08/02)
ジュディ・デンチ、ビル・ナイ 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』:インドの高級リゾートホテルで魅惑の日々を─そんな謳い文句に惹かれて、イギリスからやって来たやっかいな事情を抱える男女7人。そんな彼らを待っていたのは、将来豪華になる“予定"のボロホテルと、異文化の洗礼だった。始めは戸惑うばかりの彼らだったが、新たな自分とささやかな幸福に出会い、この地を愛し始めていく。~Amazonより~


大々的に日本では劇場公開していなかったので、大阪で公開されたら見に行こうと思い、調べたら前の週で公開が終了していたと言う苦い経験をした作品。

いやぁ、本当、期待通りに素晴らしい。インドは未開の地ではあり、元々免疫力が低い為、インドへ度々訪れる友達には、絶対に滞在できないと言われてしまっている為、この先、訪れる事が無さそうではありますが、一度行くと虜にさせられると言う事がすごく分かりました。

出演者も好きな俳優さんたちだったこともとても楽しめた理由の一つかと思います。それぞれ、境遇は違いますが、普通のおじさま、おばさまを演じており、中高年・・・初老(失礼)なもので、イギリス滞在時に出会った人々とダブって見えてしまい、「あぁ、こんな考え方のおばさん、おったなぁ」と思い起こされる場面も多々ありました。思わずDVDを購入してしまおうかと思いましたが、なかなかの値段だった為、見送りました。じっくり何度も幾つになっても観たい作品だと思いました。

英語の方は、イギリス英語とインド英語。イギリス英語の方は、ベテランの俳優さんたちなので、変な癖や若者が喋る感じではない為、聞き取りやすいと思います。そしてインド英語も通常よりもかなり聞き取りやすくなっていると思います。私が滞在していたイングランド北部のLeedsやBradfordには、インド系の方がたくさん住まれていましたし、ロンドンなどのコーナーショップのおじさんもパキスタン系の方が多いかと思いますので、今後、滞在する時に役立つかと思ったりもしました。

The Worry Website

The Worry WebsiteThe Worry Website
(2008/04/15)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

( YL : 5.5、20,000語)
【再読】(2013.08.13)
こちらもかなり良いお話だった事を再確認いたしました。7人の生徒、個々のお話なのに別の生徒も絡んできたりするので、本当に1つのクラス内で起こっていると言う事が良くわかります。前回記載していなかったのですが、1話だけ一般募集で選出されたお話が掲載されており、その話を作者自身が受け止めるような形でもう一話追加されていたようです(すっかり忘れていました)。それから読みレベルですが、単語が難しめと言う事で、SSSでは6となっているようなのですが、挿絵も多く、スルスル読めるので、勝手に5と変更してみました。


【初回読了】(2008.11.19)
7人(表紙参照)の生徒が個々に抱える問題を、担任の先生が作成した『Worry website』に投稿することで、悩みを軽減しようと試みます。お父さんの新しい彼女に困惑する生徒、家庭内暴力に苦しむ生徒、恋に悩む生徒、自分は価値がない人間じゃないかと悩む生徒、など。個々の物語を各章で取り上げられている為、一見、読みきりっぽいですが、どこかで話が繋がっていて楽しいです。

各章でとりあえず話が完結してしまう為、結構、淡々と読み進められましたが、最後の最後でこみ上げるものが・・・全体を通して、非常に良かったです。

りとる版読みレベル:読みやすい
実は、“魔の読みレベル:6”と言うジンクスが私にはありまして、過去、他の物語ですが、何度か挑戦したものの、あっけなく挫折した事が多々ありました。なので、この作品に取り掛かる際、緊張してしまいましたが、ビックリするほど入り込め、スルスル読み進めることが出来ました。但し、これまで読んだ彼女の作品の中では、一番、知らない単語がたくさんありました。しかし、それを感じさせないくらい、話が良かったので、YL:6とは言え、私にとっては読みやすい作品でした。


累計語数:1,089,508語
TAG :
JacquelineWilson.YL:5

Sleepovers

SleepoversSleepovers
(2008/04/15)
Jacqueline Wilson

商品詳細を見る

( YL : 3.4、14,000語)

邦題『アルファベットガールズ』:なかよしの友だち5人と、「アルファベットガールズ・クラブ」をつくっているデイジー。いまは誕生日におとまり会をすることが大流行。一日中すきなことができて、もうサイコー!に楽しい。だけどデイジーは、みんなを家に呼びたくない秘密があって…。~Amazonより~


【再読】(2013.8.19)
これもやっぱりエエ話でした。
5人の女の子グループの話ですが、大人になった今でも同じような状況を目にすることがあるので、年齢に関わらず人間関係の縮図なのかもしれないと、ふと思ったりして。それから主人公のお姉さんの事も、ノンフィクション以外ではあまり取り上げられないと気がしますが、とても大事な事だと思いました。本当、素晴らしい作品です。


【初回読了】(2008.4.29)
この連休中、ゆっくりまったり読む事をテーマに、多読を行っているので、分らない単語は、辞書を引きたければ引いています(覚える覚えないは別として)。文法は、淡々としていてYL:3と言うのが頷けますが、口語表現が多いため、単語は若干難しいかもしれません(分らなくても想像はつきますし、差し支えないと思いますが)。Wilson節(独特の面白さ)を望むと少し拍子抜けするかもしれませんが、物語としては素晴らしいお話です。

» Continue Reading

TAG :
JacquelineWilson.YL:3

【映画】Tinker Tailor Soldier Spy

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/11/02)
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る

DVD・日本語字幕

邦題『裏切りのサーカス』:英国諜報部<サーカス>上層部に潜む、ソ連の二重スパイ<モグラ>を探せ。白黒の区別もつかぬ灰色の世界に生きる男たちの孤独な魂が交錯する時、浮かび上がる真実とは――。~Amazonより~


以前、コメントでオススメ頂いたので鑑賞してみました。

いやぁ、素晴らしい。ちょっと混乱したので続けてもう一回見てしまったのですが、もう一度見させてしまうほど、話が面白い。

主演のGary Oldmanなんですが、あれ?この人、幾つだっけ?と思わせる程の変貌ぶり。どう見ても70歳は越えてるよね、と思わざる得ない風貌(実際には、50代半ば)。近年では、ハリーポッター・シリーズのシリウス・ブラック役でご存知の方が多いかと思いますが、私の中では「シド&ナンシー」や「レオン」のあの悪い刑事で、役柄によってこれほどなりきれる役者さんがなかなかいないと思うので、本当に素晴らしい俳優さんだと思います。

共演の俳優陣も素晴らしく、Colin Firth、Tom Hardy、John Hurt、そして今話題のBenedict Cumberbatch。彼の指が震える演技には、かなりドキドキさせられました。

暗く、静かにお話が進む為、少々眠くなってしまうかもしれませんが、集中してないと、ちょっと分からなくなる節があります。可能ならばもう一度見てみると色んな所に気づけて、面白くなると思います。

【進行中】HP5が思いのほか進んでいる件

ここ最近、多読熱が再発し、久しぶりに「タドキストです」と胸を張って言える(笑)状態な為、これまでに“手を出してはいけない”や“手を出すのならば覚悟が必要”と思っていたハリーポッター・シリーズの5巻に手を出してしまいました。

2週間前から読み始めたのですが、現在第12章。他にも読んでいる本がある為、大体1日1章を読むようにしているので、結構良いペースかと思っております。全38章みたいなので、11月くらいまでには読めるかと思っております(願)。

丁度読み始めた週に映画版が地上波で放映されていた為、録画しました。ある程度進んだら少しずつ映画で確認しているのですが、設定がそっくり変えられていたり、端折られたりしている為、原書で読むことでもっと濃厚に楽しめる事ができると思い始めている所です(もちろん、途中でダレることも多々ありますが・・・)。

ただ問題として、書籍が重過ぎると言う事。簡単に持ち歩けない為、自宅専用となっております。私が所持しているのは、輸出用(?)のUK版なので一般的に出回っているものより、一回り小さい。故にページ数が200頁ほど多いのです。本を分割したり、kindle版を購入することも考えましたが、勿体ないので、とりあえずこのまま読み進めてみようと思います。最初は仰向けになって読むのが難しかったのですが、段々慣れてきましたし(笑)、万が一落としても、異常な分厚さ故に本が立つと言う事もありちょっと可笑しいので、手は疲れますが案外楽しいものです。

現在1/4強ですが、半分くらい進んだら、途中経過報告するかもです。

※ちなみに・・・
なんだかんだあって、やっと学校に辿りついたハリー君が、ピンクのカーディガンのおばちゃんの授業を受ける所まで読みました。


Harry Potter and the Order of the PhoenixHarry Potter and the Order of the Phoenix
(2004/07/10)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

The Stolen

The StolenThe Stolen
(2003/04)
Alex Shearer

商品詳細を見る

(YL:5.0、55,000語)

邦題『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』:奇想天外なのに、意外とリアル。ハラハラするけど、楽しくてワクワクするけど、スリリング。読み始めたら夢中になって止まらない!おしゃべりで勇敢な12歳の少女、赤毛でそばかすだらけのカーリーが活躍する、ちょっぴり怖いけど、きっと、ハッピーエンドの物語…。~Amazonより~


やぁ、もう本当びっくりするくらいサクっと読んでしまった。
入手したのは5年以上前で、1、2度、読もうと試みましたが、Alex Shearerの独特な文面とこの主人公Carlyの話口調に乗っかれなくて挫折していたのですが、もう少し読み進めていればその当時でも一気に読めたと思います。

上記、Amazonの解説にもある通り、本当ハラハラします。早く読みたくて仕方がない状態になりました。最後の1/3は一気読みです。読み始めはこの本のタイトルの意味がわからなかったのですが、「そう言うことなのか!」と分かり、ゾクっとしました(恐ろしくて)。伏線も所々に忍ばされている為、「はっ!」と何度も思ってしまいました。

少々怖い&いたたまれない気持ちにもなりますが、久しぶりにドキドキさせられる児童書に出合えた感じです。ネタバレになるといけないので、あえて何も書かないでおこうと思います。でも、書かなさすぎると読んでもらえ無さそうなので(笑)、ひとつだけ・・・ダール作品にもよく似た感じのものがあります(ってどの話やねんって感じですが・汗)。ご興味のある方は、kindle版のサンプルで少し楽しんで頂けたらと思います。

まだまだAlex Shearer本を他にも所有しているので、この機会に読了して行こうかと思います。
TAG :
AlexShearer.YL:5
ヒツジ読み募集中!
詳しくはヒツジ読みブログで♪
作者別インデックス
カテゴリ
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 
検索フォーム
おおきくなっておくれよ
information
一部限定公開している内容は、各種試験勉強に加え、英語を学習した際の記録です。限定公開とは言え、パスワードを入力することで今の所、全ての方々に閲覧して頂ける仕様となっております。 password:kioku
つぶやき
最新記事
コメント
プロフィール

りとる

Author:りとる
2001~09年、英会話を中心に学ぶ。以後、自然に楽しく気楽に英語が学べる環境を模索中。英国好き(特に映画と音楽)。フラっと時々渡英します(笑)。

多読:現在の総語数


※聴き読み含む。
うち、多読のみは、4,490,287語(Sep.2013)

スパムと思われるコメントは削除致します。ご了承ください。

リンク
読了本棚
カウンタ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。